【全国のお取り寄せまとめ】中国・四国編〜銘菓に絶品スイーツ〜

鳥取県


鳥取の名産品である二十世紀梨を丸ごと閉じ込めた「鳥取二十世紀梨ゼリー感動です。」。ユニークな名前が印象的ですね。鳥取産大豆100%の木綿豆腐で作った「とうふちくわ」や名産のカニを活かした「かにみそバーニャカウダ」もご紹介。

>>>詳しくはこちら

島根県


島生まれ島育ち隠岐牛の極上お肉をはじめ、晩酌のお供にぴったりな「ふぐ味醂干」、老舗旅館皆美館に代々伝承されている「鯛めし」セットなどをピックアップしています。

>>>詳しくはこちら

岡山県


岡山といえばおなじみの「元祖きびだんご」。キュートな見た目が人気を呼びます。そのほか、おめでたい日に食べたい「ばら寿司の押し寿司」、ほっこりする甘さと食感がたまらない「大手まんぢゅう」などをご紹介。

>>>詳しくはこちら

広島県


この夏にぴったり「瀬戸田レモンケーキ島ごころ」、爽やかな酸味が心地よい味わいです。誕生以来変わらないおいしさの「バターケーキ」や広島名物「お好み焼き」もセレクトしています。

>>>詳しくはこちら

山口県


山口銘菓の一つ、「月でひろった卵」。地元の素材にこだわって作られた極上の一品です。山口県のご当地グルメ「瓦そば」に、酒米の王様といわれる「山田錦」もご紹介。

>>>詳しくはこちら

徳島県


徳島県産最高級鶏「阿波尾鶏」を筆頭に、阿波牛の「とろける焼肉セット」、四国の特産品和三盆を十分に活かした「和三盆ロール」など絶品商品が並びます。

>>>詳しくはこちら

香川県


きな粉がたっぷりかかった「わらび餅」、醤油ともろみが入った「生チョコレート」など絶品スイーツがずらり。白ごはんと一緒に食べたい「雲丹のり」もご紹介。

>>>詳しくはこちら

愛媛県


伝統のお菓子「一六タルト」は、夏にぴったりな柚子とこしあんの相性がバッチリな一品。小魚のうま味がギュッと詰まった「宇和島じゃこ天」や色合い美しい「手延五色そうめん」などもそろっています。

>>>詳しくはこちら

高知県


“まじめなおかし”として有名な「ミレービスケット」、暑い季節にぴったりの「夏ぶんたん」、そして人気のご当地ラーメンを店の味そのままパックした「鍋焼きラーメン」セットなど、幅広いジャンルをそろえています。

>>>詳しくはこちら

※新型コロナウイルスの影響で臨時休業の場合もあります。公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

1人前で1059円と高いけど、高級冷食ピカールの「ポルチーニ茸のリゾット」がリピ買いありなワケ

イタリアといえば、サッカーや世界遺産にファッション、さらに男が秒速でナンパする文化などといったイメージがあるが、忘れちゃいけないのが「グルメ」だ。何しろ、イタリアには美味しいものが盛りだくさん。ピザにパスタ、ティラミスなど、もはや日本でもおなじみのものだって少なくない。

米料理だと「リゾット」があるが、今の時代はわざわざイタリア料理店に行かなくても本格的なものを食べられる。しかも、冷凍食品でありながら質の高い商品だってあるのだ。そう、例えば今回ご紹介する「ポルチーニ茸のリゾット」のように。

・ピカールのリゾット

購入したのは、フランスの冷凍食品専門スーパーマーケット「Picard(ピカール)」のもの。一般的な商品より価格の高い商品が多いが、同店のものはその分ウマくて都心を中心に店舗増加中。これまでいくつか商品を試してきたが、高いだけに実力も兼ね備えたものがほとんどだった。

そして今回の「ポルチーニ茸のリゾット」も例外でなく、1059円となかなかの値段だ。心なしか袋もオシャレで、すでにウマいオーラが出ているのは気のせいじゃない。なんとなくだが、食べなくてもウマいのは分かるっ……!

・高いだけにモノがいい

といいつつ、しっかり食べて味を確かめるのだが、結論からお伝えするとベリグ(ベリーグッド)である。まず内容量が500gと申し分ないこと。それに加えて、調理方法もフライパン、レンジ、鍋と3つ選べた。より美味しく作るチョイスができるだけでなく、ササッと食べたい人のニーズにも応えている。

ちなみに、料理が苦手で手っ取り早く食べたい記者はレンチンを選択。袋から中身を取り出すと、ゴロンゴロンと灰色の物体がいくつも出てきた。ポルチーニ茸かなとも思ったが、加熱したら溶けてルーシー(汁)になっていた。なるほど、これらを混ぜたらリゾットの完成というわけか!

ルーシーが固形だから量も調節できそうだし、これまでありそうでなかった感じが海外の商品らしくてまたグッド。実際に混ぜるとポルチーニの匂いがしっかり漂ってきたし、あとは味がよければ……てことで一口食べてみたら……

濃いめの味つけがドンピシャで美味しいのなんの。香りよければ味もよし。とてもレンチンだけで作っているとは思えず、イタリアのシェフと称して店を出してもイケるんじゃないかとさえ錯覚するようだった。これはお金があればリピ買いあり!

・贅沢したいときに

他にもポルチーニ茸がしっかり入っているし、きちんとイタリア米を使用しているあたりも抜かりなかった。正直、冷凍食品に1000円以上なんて……と思っていたが、値段の分は価値あるなという印象だった。贅沢なイタリアンを自宅で食べたい人にオススメだ。

参考リンク:ピカール「ポルチーニ茸のリゾット」
Report:冷凍食品研究家・レンチン原田
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「冷凍食品検証」

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

憧れの「志摩観光ホテル ザ クラシック」で夏限定スイーツを【三重・志摩】


(C)志摩観光ホテル

「志摩観光ホテル ザ クラシック」とは

ザ クラブ
カフェ&ワインバー「リアン」のある「ザ クラブ」(C)志摩観光ホテル

真珠の養殖で知られる英虞湾を望む賢島に立つこちらは、伊勢志摩における迎賓館のような役割を持つ歴史あるホテルです。1969年に開業し、昭和を代表する建築家・村野藤吾による設計とデザインがさすがの風格を感じさせます。

オーシャンビューの客室とともに、レストランでいただける看板メニューの「鮑ステーキ」と「伊勢海老クリームスープ」は、一度は堪能してみたいものです。2008年にオープンした「ザ ベイスイート」は、全室オーシャンビューのスイートルームという豪華さです。

サミット

最近では2016年に行われたG7伊勢志摩サミットの舞台となり、各国首脳が訪れたことでも知られています。ホテル内の一部施設は自由に見学することができます。

開業当時の面影が残るカフェ&ワインバー


(C)志摩観光ホテル

創業時からの面影を色濃く残す「ザ クラブ」にある、カフェ&ワインバー「リアン」。吹き抜けで天井が高く、窓の向こうには庭園を望め、開放感あふれる気持ちの良い空間です。天井には大きな梁、窓には障子があしらわれ、和洋折衷のクラシカルさが品を添えています。サービスもエレガントで、高級レストランにいるかのような気分を味わえますよ。

内観2

1日10食限定の「フルーツパフェ」

パフェ1

毎年人気という7月11日~8月31日まで味わえる「フルーツパフェ」(2,178円・税・サービス料込)。1日10個限定の希少さに心惹かれます。志摩産の苺“レッドパール”を生かしたシャーベット、バニラビーンズたっぷりの濃厚なバニラアイス、懐かしい味わいのプリン、季節のフルーツ、スポンジ・・・。オーソドックスで子どもの頃に食べたパフェを思い出します。そこにフルーツのジュレ、サクサクとしたクランチチョコレートが盛り込まれ、一つひとつが上質で誰もがおいしく堪能できます。

パフェ2

見た目も爽やかな「ハーブティソーダ」

ハーブティソーダ1

とっても涼しげな「ハーブティソーダ」(1,815円・税・サービス料込)。ホテルの温室で育った、レモングラスやアップルミントなど7種のハーブを使ったハーブティを、ジュレに仕立てています。シュワシュワのソーダに、ツルンとした透明のジュレが爽やかなのど越しです。透明感の中に志摩産の“南張メロン”とハーブの淡いグリーンが美しく映えます。メロンのソルベがトッピングされ、夏にうれしい一品です。こちらも8月末までの限定です。

ハーブティソーダ2

晴れた日にはテラス席が気持ちいい!

テラス
(C)志摩観光ホテル

晴れた日には海からの風を感じられるテラス席もおすすめです。目の前には緑あふれる庭園が広がり、自然の中でゆったりとくつろげます。お茶の後にはお庭を散策することもできます。英虞湾を望める開放感が、心身ともに癒やしてくれることでしょう。

英虞湾2

夏限定メニューはほかにも、トロピカルアフタヌーンティ(要予約)、アイスクリーム(あおさ・ほうじ茶)があります。シーフードパスタや松坂牛のハンバーガーなどのランチも豊富にそろいます。

伊勢神宮への参拝や海水浴がてら、憧れのクラシカルホテルで、ほんの少し贅沢なひとときを過ごしてみてはいかがですか。

志摩観光ホテル ザ クラシック
カフェ&ワインバー「リアン」
住所:三重県志摩市阿児町神明731
TEL:0599-43-1211(代)(受付時間9:00~20:00)
営業時間:11:30~21:00(L.O.20:30)
※上記メニューの提供は11:30~17:30
URL:https://www.miyakohotels.ne.jp/shima-club/restaurant/cafewinebarlien/
※新型コロナウイルスの影響で営業時間の変更や臨時休業の場合もあります。最新情報はお店までご確認下さい。

[(C)以外photos by ロザンベール葉]
Do not use images without permission

~人生に旅心を~