【全国のお取り寄せまとめ】中国・四国編〜銘菓に絶品スイーツ〜

鳥取県


鳥取の名産品である二十世紀梨を丸ごと閉じ込めた「鳥取二十世紀梨ゼリー感動です。」。ユニークな名前が印象的ですね。鳥取産大豆100%の木綿豆腐で作った「とうふちくわ」や名産のカニを活かした「かにみそバーニャカウダ」もご紹介。

>>>詳しくはこちら

島根県


島生まれ島育ち隠岐牛の極上お肉をはじめ、晩酌のお供にぴったりな「ふぐ味醂干」、老舗旅館皆美館に代々伝承されている「鯛めし」セットなどをピックアップしています。

>>>詳しくはこちら

岡山県


岡山といえばおなじみの「元祖きびだんご」。キュートな見た目が人気を呼びます。そのほか、おめでたい日に食べたい「ばら寿司の押し寿司」、ほっこりする甘さと食感がたまらない「大手まんぢゅう」などをご紹介。

>>>詳しくはこちら

広島県


この夏にぴったり「瀬戸田レモンケーキ島ごころ」、爽やかな酸味が心地よい味わいです。誕生以来変わらないおいしさの「バターケーキ」や広島名物「お好み焼き」もセレクトしています。

>>>詳しくはこちら

山口県


山口銘菓の一つ、「月でひろった卵」。地元の素材にこだわって作られた極上の一品です。山口県のご当地グルメ「瓦そば」に、酒米の王様といわれる「山田錦」もご紹介。

>>>詳しくはこちら

徳島県


徳島県産最高級鶏「阿波尾鶏」を筆頭に、阿波牛の「とろける焼肉セット」、四国の特産品和三盆を十分に活かした「和三盆ロール」など絶品商品が並びます。

>>>詳しくはこちら

香川県


きな粉がたっぷりかかった「わらび餅」、醤油ともろみが入った「生チョコレート」など絶品スイーツがずらり。白ごはんと一緒に食べたい「雲丹のり」もご紹介。

>>>詳しくはこちら

愛媛県


伝統のお菓子「一六タルト」は、夏にぴったりな柚子とこしあんの相性がバッチリな一品。小魚のうま味がギュッと詰まった「宇和島じゃこ天」や色合い美しい「手延五色そうめん」などもそろっています。

>>>詳しくはこちら

高知県


“まじめなおかし”として有名な「ミレービスケット」、暑い季節にぴったりの「夏ぶんたん」、そして人気のご当地ラーメンを店の味そのままパックした「鍋焼きラーメン」セットなど、幅広いジャンルをそろえています。

>>>詳しくはこちら

※新型コロナウイルスの影響で臨時休業の場合もあります。公式サイトなどで最新情報をご確認ください。

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

静岡茶を使ったかき氷「茶氷」を30店舗が提案!【vol.8:氷カフェchuan(チュアン)】

かき氷をメインに取り扱う静岡市のカフェ、「氷カフェchuan(チュアン)」は、茶氷プロジェクトで「静岡抹茶氷練乳ホイップ」を提供しています。静岡産の抹茶を惜しげもなく使い濃厚に仕上げた抹茶の茶氷を、練乳入りのホイップで挟み、白玉、塩の効いた自家製小豆を添えた小粋な茶氷です。

お茶の生産量が国内で4割を占め、日本一のお茶処である静岡。そんな静岡茶の美味しさをかき氷を通して伝えていく「茶氷プロジェクト」が昨年始動し、12店舗で3か月の間に30,000杯以上が販売される盛況ぶりでした。2年目の今年は、静岡県下の5市2町+東京都内の30店舗がオリジナルの茶氷メニューを提供します。2019年9月30日まで実施中。

氷カフェchuan(チュアン)の「静岡抹茶氷練乳ホイップ」

氷カフェchuan 茶氷

今回ご紹介する「氷カフェchuan(チュアン)」は、静岡市にある、かき氷がメインメニューのカフェです。

氷カフェchuan 茶氷

氷カフェchuan 茶氷

静岡産の抹茶や旬のフレッシュフルーツを使ったふわふわのかき氷で、熱心なファンに愛されるかき氷の専門店です。エスプーマレアチーズや、焼きいもミルク、酒かすミルクなど、いったいどんな味なんだろうとワクワクするフレーバーの開発もしている、チャレンジングなお店です。

茶氷プロジェクトのために氷カフェchuan(チュアン)が用意したのは、「静岡抹茶氷練乳ホイップ」。静岡産の抹茶を贅沢に使い、濃厚に仕上げた抹茶シロップがたっぷりかかっています。練乳を加えたクリーミーなホイップ、モチモチの白玉、塩を効かせた自家製小豆が添えられ、味わいも食感も計算しつくされた、氷のプロフェッショナルによる茶氷です。帽子をかぶったようなデザインもキュート!

美味しさの秘密をお店にインタビュー

Q. コラボしたお茶の銘柄と、選んだ理由を教えてください。
A. 静岡の製茶問屋から仕入れている静岡産の抹茶を以前から気に入って使っています。

Q. 他と違うと自負するこだわりなど、商品の特徴を教えてください。
A. 静岡産の抹茶をふんだんに使った濃厚な抹茶蜜に、練乳入りのホイップと塩の効いた自家製小豆。

Q. 出来上がるまでのエピソードを教えてください。
A. これまでに何種類かのお茶のかき氷を扱ってきましたが、今回のが一番出来がよかったです。

Q. どんな人に食べて欲しいですか?
A. 抹茶蜜を甘さ控えめに作っているので、甘いかき氷が得意でない方におすすめです。

Q. 実際の客層を教えてください。
A. 20~50代くらい。

Q. 並ばずに入れますか?
A. 土日、平日問わず、並んでいただくことが多いです。天気の悪いときや平日、正午位に空いていることがあります。

Q. 来年も参加しますか?
A. いいメニューが出来れば参加したいです。

茶氷プロジェクトは9月末までですが、「静岡抹茶氷練乳ホイップ」は8月末までの提供ですのでお早めに!

氷カフェchuan 茶氷

■商品詳細
メニューの正式名称:静岡抹茶氷練乳ホイップ
税抜価格:694円(750円・税込)
展開時期:~8月末

■展開するお店の詳細
店舗名:氷カフェchuan(チュアン)
住所:静岡市葵区七間町14-7 馬場ビル1F
TEL:054-255-6099
営業時間:11:00-20:00(氷がなくなり次第終了) ※水曜定休
フェイスブック:https://www.facebook.com/Chuan-1448340632073234
ツイッター:https://twitter.com/kohori_chuan
アクセス方法(最寄り駅など):静岡駅から徒歩15分

[All photos by kohori_chuan ]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

憧れの「志摩観光ホテル ザ クラシック」で夏限定スイーツを【三重・志摩】


(C)志摩観光ホテル

「志摩観光ホテル ザ クラシック」とは

ザ クラブ
カフェ&ワインバー「リアン」のある「ザ クラブ」(C)志摩観光ホテル

真珠の養殖で知られる英虞湾を望む賢島に立つこちらは、伊勢志摩における迎賓館のような役割を持つ歴史あるホテルです。1969年に開業し、昭和を代表する建築家・村野藤吾による設計とデザインがさすがの風格を感じさせます。

オーシャンビューの客室とともに、レストランでいただける看板メニューの「鮑ステーキ」と「伊勢海老クリームスープ」は、一度は堪能してみたいものです。2008年にオープンした「ザ ベイスイート」は、全室オーシャンビューのスイートルームという豪華さです。

サミット

最近では2016年に行われたG7伊勢志摩サミットの舞台となり、各国首脳が訪れたことでも知られています。ホテル内の一部施設は自由に見学することができます。

開業当時の面影が残るカフェ&ワインバー


(C)志摩観光ホテル

創業時からの面影を色濃く残す「ザ クラブ」にある、カフェ&ワインバー「リアン」。吹き抜けで天井が高く、窓の向こうには庭園を望め、開放感あふれる気持ちの良い空間です。天井には大きな梁、窓には障子があしらわれ、和洋折衷のクラシカルさが品を添えています。サービスもエレガントで、高級レストランにいるかのような気分を味わえますよ。

内観2

1日10食限定の「フルーツパフェ」

パフェ1

毎年人気という7月11日~8月31日まで味わえる「フルーツパフェ」(2,178円・税・サービス料込)。1日10個限定の希少さに心惹かれます。志摩産の苺“レッドパール”を生かしたシャーベット、バニラビーンズたっぷりの濃厚なバニラアイス、懐かしい味わいのプリン、季節のフルーツ、スポンジ・・・。オーソドックスで子どもの頃に食べたパフェを思い出します。そこにフルーツのジュレ、サクサクとしたクランチチョコレートが盛り込まれ、一つひとつが上質で誰もがおいしく堪能できます。

パフェ2

見た目も爽やかな「ハーブティソーダ」

ハーブティソーダ1

とっても涼しげな「ハーブティソーダ」(1,815円・税・サービス料込)。ホテルの温室で育った、レモングラスやアップルミントなど7種のハーブを使ったハーブティを、ジュレに仕立てています。シュワシュワのソーダに、ツルンとした透明のジュレが爽やかなのど越しです。透明感の中に志摩産の“南張メロン”とハーブの淡いグリーンが美しく映えます。メロンのソルベがトッピングされ、夏にうれしい一品です。こちらも8月末までの限定です。

ハーブティソーダ2

晴れた日にはテラス席が気持ちいい!

テラス
(C)志摩観光ホテル

晴れた日には海からの風を感じられるテラス席もおすすめです。目の前には緑あふれる庭園が広がり、自然の中でゆったりとくつろげます。お茶の後にはお庭を散策することもできます。英虞湾を望める開放感が、心身ともに癒やしてくれることでしょう。

英虞湾2

夏限定メニューはほかにも、トロピカルアフタヌーンティ(要予約)、アイスクリーム(あおさ・ほうじ茶)があります。シーフードパスタや松坂牛のハンバーガーなどのランチも豊富にそろいます。

伊勢神宮への参拝や海水浴がてら、憧れのクラシカルホテルで、ほんの少し贅沢なひとときを過ごしてみてはいかがですか。

志摩観光ホテル ザ クラシック
カフェ&ワインバー「リアン」
住所:三重県志摩市阿児町神明731
TEL:0599-43-1211(代)(受付時間9:00~20:00)
営業時間:11:30~21:00(L.O.20:30)
※上記メニューの提供は11:30~17:30
URL:https://www.miyakohotels.ne.jp/shima-club/restaurant/cafewinebarlien/
※新型コロナウイルスの影響で営業時間の変更や臨時休業の場合もあります。最新情報はお店までご確認下さい。

[(C)以外photos by ロザンベール葉]
Do not use images without permission

~人生に旅心を~