290円で馬刺しも食べられちゃう! 神田カレーGP優勝店が手がける異色の新店がオープン

【カレーおじさん \(^o^)/の今週のカレー#126】「ばち 赤坂

ダイエットのためには筋肉をつけた方が効果的で、その際にはしっかりと肉を食べた方がより良いということが、ようやく認知されつつあるような気がします。筋肉をつければ基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効率が高まって体脂肪率が落ちやすくなるのです。つまり、筋肉をつけると太りにくく痩せやすい体質になるということ。筋トレ歴35年になる僕ですが、確かにそれを体感しています。

そして、筋肉をつけるためには肉などのたんぱく質を摂るべきといわれています。ダイエットに向いている肉というと鶏のささみが有名ですが、それ以上に僕がおすすめするのは馬肉と羊肉。前置きが長くなりましたが、そんな馬肉と羊肉の料理をメインした居酒屋が2020年8月3日、赤坂にオープンしました。

馬偏に羊と書いて「ばち」と読むそうです。「ちょっと待て、これ、カレーの連載だよね?」と思った方、ご安心ください。何しろここ、カレーもあるのですから\(^o^)/

「馬刺し」(一人前)

まずはカレーの前に馬刺しから。この馬刺し、何と290円(一人前)です。290円で馬刺しを食べられるお店、僕はほかに知りません。しかも290円とは思えないクオリティなのです。トロっとした舌ざわりの新鮮な馬肉。都内のほかのお店で食べるなら、600円や700円はするだろうと思えるもの。それが290円です。

写真左から「羊肉串」と「羊レバ串」

羊は串でいただきました。「羊肉串」180円(一串)は絶妙な火入れ加減のラム肉をスパイスで食べる逸品。スパイス感がラム肉とあいまって実においしいです。「羊レバ串」200円(一串)は、ラムのレバーを低温調理したものなので生のような感覚を味わえます。これもお酒のつまみに最高ですね。

その安さの秘密を社長に聞いてみると、「一頭丸々仕入れて、自ら切り分けているからこそ可能な安さです。それでも安さの限界ギリギリを攻めているので、多くの方に食べてもらえないと高くせざるを得ないんですよ。でも、馬肉とか羊肉とかってなかなか気軽に食べられないじゃないですか。それを気軽な金額で食べられるお店を作りたくて」とのこと。素晴らしい!

「ばちカレー」

そしてカレーです。店名を冠した「ばちカレー」800円は、馬肉のスジ肉をしっかりと煮込んだものがベースとなっており、これにラムのレバーも時折入っています。ドライタイプでスパイスもエッジを利かせてあり、肉がゴロゴロと入った中にあえて半生程度の火入れでシャキっとした玉葱の食感がたまりません。これはここでしか食べられないオンリーワンのカレーですよ。

何故こんなにおいしいカレーが作れるのか。実はこちらのお店、「神田カレーグランプリ2019」で見事グランプリを受賞した秋葉原の名店「カリガリ」が手掛けたお店だからなのです。社長曰く「カレーでやっとグランプリ受賞させてもらって、カレーじゃないお店を始めようとこちらを開いたんですが、ふと思いついてカレーにしてみたら、これがおいしくて。ならもうこれも出してしまえということで」とのこと。出してくれて本当にうれしいです。

カリガリ本店のカレーともまるで違うアプローチであり、馬肉羊肉の料理店でありながらカレー専門店も手掛けている方だからこそ作れる奇跡的なカレーなのですから。カレーも羊串も、卓上にある七味、クミンシード、特製カリガリマサラで味変可能。そのままでも十分おいしいのですが、より辛くしたり、香り高くしたりしながら、自分好みに変えていけるのもうれしいです。

ちなみにこちら、カレーのみテイクアウトも可能とのこと。トレイニーにもダイエッターにもカレーマニアにもうれしいばちカレー。是非食べてみてほしい逸品です。

※価格はすべて税抜

<店舗情報>
◆ばち 赤坂
住所 : 東京都港区赤坂3-6-18 ニューロイヤルビル B1F
TEL : 03-6277-8115
営業時間 : 17:00~22:00(フードL.O.21:30 ドリンクL.O.21:45)
定休日 : 日曜日

※時節柄、営業時間やメニュー等の内容に変更が生じる可能性があるため、お店のSNSやホームページ等で事前にご確認をお願いします。

※外出される際は、感染症対策の実施と人混みの多い場所は避けるなど、十分にご留意ください。

※本記事は取材日(2020年8月16日)時点の情報をもとに作成しています。

文・写真:カレーおじさん\(^o^)/

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

居酒屋チェーン「鳥良商店」の限定ランチ『パワフルチキ・チキ丼』が凶悪すぎて心を折られた! 唐揚げ8個&チキンカツ1枚による揚げ物の暴力

デカ盛りや大食い系のネタを取り上げることが多い当サイト。当然、私(あひるねこ)もそういった店に出向くことは多々あるのだが、今回ばかりはマジでキツかった。というか、チェーン店だからってナメてたわ。予想以上だったぞ。

鶏料理を中心に扱う人気居酒屋チェーン「鳥良商店」が先日から、期間限定でとんでもないランチメニューを始めている。『パワフルチキ・チキ丼』というコミカルな名前ながら、その内容は凶悪そのものだ。軽い気持ちで注文した結果、私は完全に心を折られちまった。

・デカ盛りランチ

全国の「鳥良商店」にて、11時から15時のランチタイム限定で提供されている『パワフルチキ・チキ丼』。総重量1キロを超える特大ボリュームであるにもかかわらず、税抜980円と妙に手頃なのが気になる一品である。どれ、入ったろ。

『Wカツ定食』や『チキン・チキン定食』など、ボリューミーなランチメニューにも定評のある「鳥良商店」だが、運ばれてきた『パワフルチキ・チキ丼』はそれらをも上回るスーパーマッシブな重火器だったのだ!

\ はいドン!! /

・見た目からヤバイ

な、何だこりゃあ……。鶏の唐揚げが1、2、3、4……なんと8個! その頂上には ゆで卵がドラゴンの卵の如く鎮座しており、そこからさらに大量のタルタルソースが滝のように流れ出しているではないか。もはや観光名所の佇まい! 掲載しよう、地球の歩き方!!

・食べ方でも一苦労

さっそく食べようとするも、この『パワフルチキ・チキ丼』……上から見るとリアルジェンガである。不用意に唐揚げを取るとタワーが崩壊し、下手したら卵がコロコロ隣の席まで転がっていきそうだ。ここは慎重な箸使いが要求されるだろう。

そろりそろりと唐揚げを取り出し、タルタルをつけてガブリといただく。うむ! サクサクザクザクとした香ばしい味わい、これぞ唐揚げだ!! ご飯が欲しいモードに火を付けられるではないか。

と思ったら、全然ご飯見えねェェェェエエエエ! なるほど、お前にはご飯はまだ早いというワケか。よかろう。こうなったら、唐揚げ全部食い尽くすッ!

・鶏まみれ

だがしかし、さすがにキツくなってきたので残りを小皿に緊急避難されることに。さあ、あとは落ち着いて食事を……って、何ィィィィイイイ!? 唐揚げの下から特大チキンカツが出てきたァァァァアアアア!

なにやら2枚あるように見えるけど……そうか、デカすぎて1枚を半分に切っているんだ。なんちゅうサイズや! 唐揚げばかりに目が行ってしまっていたが、本作がダブル主演だったことをすっかり忘れていた。その証拠に、ソースをたっぷりつけたチキンカツは唐揚げに負けず劣らずのウマさである。

・近付く限界

とは言え、こうも揚げ物に周囲を囲まれてしまうと、なんというか逃げ場がないな。おまけにご飯もとんでもない量だし、とても980円とは思えない物量だ。こちとら高校生じゃねーんだぞ! アカン……腹というか胸がいっぱいになってきた。ギギギギ……。

最後の唐揚げをなんとか気合いで口に放り込んだはいいが、私の心はすでにヘシ折られたような状態に。34歳……もう若くない自身の年齢を実感せざるを得ない。これは一旦帰宅して、胃薬を飲む必要があるのではないか。

・急げ

今は居酒屋ランチと油断していた過去の自分を、ただただ殴りつけてやりたい気持ちだ。それくらい『パワフルチキ・チキ丼』の破壊力はすさまじかった。我こそは揚げ物に自信あり! という揚げ物大臣たちはぜひ挑戦してみてくれッ。売り切れ次第終了なのでお早めにな!!

参考リンク:鳥良商店
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

赤坂の居酒屋「トロントロン」が移転 宮崎の食材を使った家庭料理など提供

居酒屋「話食酒歌 トロントロン」(港区赤坂3、TEL 03-6886-8168)が赤坂4丁目から移転して2カ月がたった。

みんなの経済新聞ネットワーク