290円で馬刺しも食べられちゃう! 神田カレーGP優勝店が手がける異色の新店がオープン

【カレーおじさん \(^o^)/の今週のカレー#126】「ばち 赤坂

ダイエットのためには筋肉をつけた方が効果的で、その際にはしっかりと肉を食べた方がより良いということが、ようやく認知されつつあるような気がします。筋肉をつければ基礎代謝が上がり、脂肪燃焼効率が高まって体脂肪率が落ちやすくなるのです。つまり、筋肉をつけると太りにくく痩せやすい体質になるということ。筋トレ歴35年になる僕ですが、確かにそれを体感しています。

そして、筋肉をつけるためには肉などのたんぱく質を摂るべきといわれています。ダイエットに向いている肉というと鶏のささみが有名ですが、それ以上に僕がおすすめするのは馬肉と羊肉。前置きが長くなりましたが、そんな馬肉と羊肉の料理をメインした居酒屋が2020年8月3日、赤坂にオープンしました。

馬偏に羊と書いて「ばち」と読むそうです。「ちょっと待て、これ、カレーの連載だよね?」と思った方、ご安心ください。何しろここ、カレーもあるのですから\(^o^)/

「馬刺し」(一人前)

まずはカレーの前に馬刺しから。この馬刺し、何と290円(一人前)です。290円で馬刺しを食べられるお店、僕はほかに知りません。しかも290円とは思えないクオリティなのです。トロっとした舌ざわりの新鮮な馬肉。都内のほかのお店で食べるなら、600円や700円はするだろうと思えるもの。それが290円です。

写真左から「羊肉串」と「羊レバ串」

羊は串でいただきました。「羊肉串」180円(一串)は絶妙な火入れ加減のラム肉をスパイスで食べる逸品。スパイス感がラム肉とあいまって実においしいです。「羊レバ串」200円(一串)は、ラムのレバーを低温調理したものなので生のような感覚を味わえます。これもお酒のつまみに最高ですね。

その安さの秘密を社長に聞いてみると、「一頭丸々仕入れて、自ら切り分けているからこそ可能な安さです。それでも安さの限界ギリギリを攻めているので、多くの方に食べてもらえないと高くせざるを得ないんですよ。でも、馬肉とか羊肉とかってなかなか気軽に食べられないじゃないですか。それを気軽な金額で食べられるお店を作りたくて」とのこと。素晴らしい!

「ばちカレー」

そしてカレーです。店名を冠した「ばちカレー」800円は、馬肉のスジ肉をしっかりと煮込んだものがベースとなっており、これにラムのレバーも時折入っています。ドライタイプでスパイスもエッジを利かせてあり、肉がゴロゴロと入った中にあえて半生程度の火入れでシャキっとした玉葱の食感がたまりません。これはここでしか食べられないオンリーワンのカレーですよ。

何故こんなにおいしいカレーが作れるのか。実はこちらのお店、「神田カレーグランプリ2019」で見事グランプリを受賞した秋葉原の名店「カリガリ」が手掛けたお店だからなのです。社長曰く「カレーでやっとグランプリ受賞させてもらって、カレーじゃないお店を始めようとこちらを開いたんですが、ふと思いついてカレーにしてみたら、これがおいしくて。ならもうこれも出してしまえということで」とのこと。出してくれて本当にうれしいです。

カリガリ本店のカレーともまるで違うアプローチであり、馬肉羊肉の料理店でありながらカレー専門店も手掛けている方だからこそ作れる奇跡的なカレーなのですから。カレーも羊串も、卓上にある七味、クミンシード、特製カリガリマサラで味変可能。そのままでも十分おいしいのですが、より辛くしたり、香り高くしたりしながら、自分好みに変えていけるのもうれしいです。

ちなみにこちら、カレーのみテイクアウトも可能とのこと。トレイニーにもダイエッターにもカレーマニアにもうれしいばちカレー。是非食べてみてほしい逸品です。

※価格はすべて税抜

<店舗情報>
◆ばち 赤坂
住所 : 東京都港区赤坂3-6-18 ニューロイヤルビル B1F
TEL : 03-6277-8115
営業時間 : 17:00~22:00(フードL.O.21:30 ドリンクL.O.21:45)
定休日 : 日曜日

※時節柄、営業時間やメニュー等の内容に変更が生じる可能性があるため、お店のSNSやホームページ等で事前にご確認をお願いします。

※外出される際は、感染症対策の実施と人混みの多い場所は避けるなど、十分にご留意ください。

※本記事は取材日(2020年8月16日)時点の情報をもとに作成しています。

文・写真:カレーおじさん\(^o^)/

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

鳥貴族で女性が1人飲みをしたら、ボリュームが大誤算だった…!

大阪、東京、名古屋など都心部を中心に店舗を構える、焼鳥居酒屋「鳥貴族」。全品298円均一という圧倒的な安さと、その価格に見合わない美味しいメニューが特徴の居酒屋だ。これを武器に多くの庶民達の心を掴み、私も心を掴まれた庶民の中の1人である。

これまで「鳥貴族」に行くたびに、その安さと美味しさに満足させられてきた。けれども私は、「鳥貴族」に行くときは決まって複数人で行く。1人飲みでの「鳥貴族」がどうなのかは分からないので、実際に確かめてみることにした。

・カウンター席は最強

どこの居酒屋でも、少人数での利用はカウンター席に案内されることが多い。鳥貴族の場合、2人掛けのカウンター席もあるが、今回私は1人専用のカウンター席に案内された。席の後ろ側と通路の間は木で仕切られている。そのため、席は1つの空間のようになっており、人目を気にすることは全くなかった。

そういえば、以前「日高屋」で1人飲みをした際にもカウンター席だった。テーブル席と違い、カウンター席は向かい合うことができない。他の人と目線が合うことはないので、居心地よく過ごせるのだ。

・タッチパネル注文

さて、私が行った店舗では、注文は全てタッチパネル。店員さんを呼ばなくても注文ができ、合計金額も確認することができるのは非常に便利。

そしてまずはお酒を注文。鳥貴族は「メガジョッキ」があり、ハイボールと金麦の2種類は「メガジョッキ」で頼めるのだ。「メガジョッキ」であっても298円なのは変わらない。コスパを考えて、お酒はこれのハイボールを注文した。

他にもおつまみ系で「ホルモンネギ塩ポン酢」、ごはん系に「とり釜飯」、焼鳥を塩で「もも」と「かわ」を注文した。お酒と合わせて、これで計5品となる。

・1人飲み「鳥貴族」開始

早々に「ホルモンネギ塩ポン酢」が到着した。お酒よりも早い到着。

まもなくして「とり釜飯」を炊く準備も整い、「メガジョッキ」も到着した。「とり釜飯」は炊き上がるまで20分ほど時間がかかる。なのでその間はお酒と他のメニューで楽しみつつ、炊き上がるのを待っていく。「メガジョッキ」は大きいが、よく冷えていて美味しかった。

その後、数分遅れて焼鳥が到着。焼鳥は1品2本ずつなので、計4本となる。1人飲みなら焼鳥は、これだけで充分な量に感じた。

・298円以上の美味しさ

注文したものが全て揃ったので、あとは自分の好きなペースで楽しんでいく。どのメニューも美味しいが、特に「ホルモンネギ塩ポン酢」はさっぱりとしいて美味しかった。暑くなってきた今の時期によく合う。

また「とり釜飯」は炊き出しが早かったので、注文が揃う頃には大よそ炊き上がっていた。「とり釜飯」は優しい味付けなので、塩味がしっかりしている焼鳥達と相性が良い。どのメニューも値段以上の味だ。

・5品で「超満腹」になった

実際に利用してみて、1人飲み「鳥貴族」はアリだった。しかし大誤算もあった。ごはん系、おつまみ系、焼鳥、お酒と頼めばバランスが良いと思っていたが、想像よりも個々の量がしっかりしており、ボリューミーだったのだ。そのため、後半はとても満腹で苦しくなった。

ただ、味は美味しく、5品1490円で「超満腹」になるのはかなりお得に違いない。人にもよると思うが、しっかりとお腹を満たしたいという場合は、今回のメニューでいいと思う。個人的にも、ちょい飲みくらいの利用ならもっと安く飲めそうなので、再度チャレンジしてみたい。1人飲み「鳥貴族」は、まだまだ組み合わせ次第で探求ができそうだ。

参考リンク:鳥貴族
Report:mai
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

赤坂の居酒屋「トロントロン」が移転 宮崎の食材を使った家庭料理など提供

居酒屋「話食酒歌 トロントロン」(港区赤坂3、TEL 03-6886-8168)が赤坂4丁目から移転して2カ月がたった。

みんなの経済新聞ネットワーク