いながきの駄菓子屋探訪(8)新潟県新潟市秋葉区「にいつ駄菓子の駅」

元気な菓子問屋がある地域は駄菓子屋が多い

駄菓子屋探訪を重ねていくと、そもそもの人口が多い地域以外にも「元気な菓子問屋がある地域は、街の規模に関係なく駄菓子屋が多く残っている」ということがわかってきました。新潟市は人口の多い街ですが、インターネットで調べた限り、「青山トーイ」という問屋さんが駄菓子屋を下支えしてくれているとのこと。電話で連絡して訪ねてみると小売りをしていない完全な問屋さんだったのですが、こちらの活動の旨を理解してくださり、卸先のお店を数店舗教えてくれました。

「にいつ0番線商店街」にある「にいつ駄菓子の駅」

新潟県新潟市秋葉区・にいつ駄菓子の駅2

その中のひとつが、今回訪ねた新潟市秋葉区にある「にいつ駄菓子の駅」。元々この地域は新津市という自治体で、新津駅がターミナル駅として周辺の発展を支えた歴史から、「鉄道の街」としてさまざまな地域活性活動を行っています。お店のある商店街の名前も「にいつ0番線商店街」という鉄道関連で、お店の名前も鉄道関連だったので、店内も駅をモチーフにした感じの造りなのかな?と想像しつつ向かいました。
新潟県新潟市秋葉区・にいつ駄菓子の駅3
細い路地状になった通路から建物に入ると、奥行きのある広いお店がありました。店内は観光地などで見かける昭和レトロモチーフの内装。それも、展示だけでなく実際にそのスペースを利用して飲食等ができたりと、実用性を兼ね備えた工夫がされていました。学校の教室を模したスペースは、そのまま授業ができそうなほどです。
新潟県新潟市秋葉区・にいつ駄菓子の駅4

新潟県新潟市秋葉区・にいつ駄菓子の駅5

懐かしさをコンセプトに作られた店

にいつ駄菓子の駅は正式には「にいつ駄菓子の駅+昭和のなつかし屋」という、懐かしさをコンセプトに作られた比較的新しい駄菓子屋さんです。元々昭和レトロモチーフの駄菓子屋で働いていた店主が、一念発起して独立したとのこと。柏崎市在住の看板屋さん、コレクターさんと組んで内装を作り込み、細部に至るまで素晴らしい仕上がりにすることができたそうです。
新潟県新潟市秋葉区・にいつ駄菓子の駅6

「ここは町工場が入っていた場所なので、すごく広いんです。なので家賃もそれなりにしちゃうんだけど、この大きさがあれば自分の理想の駄菓子屋が作れると思って、思い切って開業しました。駄菓子を売るだけだと難しいので、鉄板焼や飲み物を置く、地産地消のために野菜販売をする、イベントで店内のスペースを貸すなど、いろいろ組み合わせています。私はこの街で生まれ育ったので、地域社会に貢献しながら永く続けていきたいです」

新潟県新潟市秋葉区・にいつ駄菓子の駅8

レトロな空間の中で消費を楽しむ構成

チョークを売っていて子どもが自由に落書きできたり、一部のレトロインテリアは販売されているので、雑貨屋さんに来た気分で買い物したり、座敷でのんびり鉄板焼を食べたり。駄菓子や飲食物だけを買うのではなく、空間ごと提供され、その中で消費を楽しむ構成に、居心地が良すぎて思いっきり長居をしてしまいました。
新潟県新潟市秋葉区・にいつ駄菓子の駅7
薄利多売が前提の駄菓子業界。それをこの時代に、個人で大きなテナントを借りて運営するのはなかなか勇気のいる選択だと思います。それを決断できるキップの良さや地元愛のある店主に尊敬の念を抱いた駄菓子屋さんでした。

新潟県新潟市秋葉区・にいつ駄菓子の駅9

にいつ駄菓子の駅+昭和のなつかし屋
住所:新潟県新潟市秋葉区新津本町3-7-38
電話:0250-27-3151
営業時間:10:00~19:00
定休日:毎月7の付く日(土曜・日曜日の場合は営業)

[All photos by Atsushi Miyanaga]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

芋プリンと芋モンブランソフトがドッキングした、川越のご当地スイーツ登場!



埼玉・川越で行列ができるプリン専門店「川越プリン」から、地元の特産“川越芋”のペーストを使用した「川越プリン(川越いも)」と「川越芋のモンブランソフトクリーム」が合体した、夢のコラボスイーツ「どんだけ~芋プリン」が登場!新たな食べ歩きスイーツの誕生です!

お芋の町“川越”の食べ歩きスイーツ

江戸時代にさつま芋の生産が始まった川越は、江戸で“焼き芋”が人気を集めた際に、立地的に搬送するのに有利であったことから産地として栄え、川越=さつま芋というイメージが定着しました。

そんなお芋の町“川越”で生まれた「川越プリン」の“さつま芋商品”は、食べ歩きスイーツとしておすすめです!

2つの人気商品が楽しめる夢のコラボ

プリン専門店「川越プリン」の大人気商品、地元川越の特産“川越芋”のペーストを使用した「川越プリン(川越いも)」と「川越芋のモンブランソフトクリーム」。インスタグラムなどのSNSの投稿数も多い2つの人気商品をドッキング!生まれた夢のコラボスイーツが、“芋×芋×芋×芋”の「どんだけ~芋プリン」です。

DSC_0353

“芋”その1=『川越プリン(川越いも)』のプリンに練り込まれた“芋”
“芋”その2=『川越プリン(川越いも)』のプリンの底にゴロゴロ入った“芋”
“芋”その3=『川越芋のモンブランソフトクリーム』のモンブランに使われた“芋”
“芋”その4=トッピングされた芋チップの“芋”

「川越プリン(川越いも)」

川越特産“川越芋”のペーストをなめらかなプリンの生地に練り込み、ダイスカットした芋も入れました。しっとり濃厚な芋の風味と、芋本来のザクザクした食感が一度に楽しめます。



「川越プリン(川越いも)」420円(税込)

「川越芋のモンブランソフトクリーム」

「川越プリン」が独自に開発した「プリンソフトクリーム」に自家製の“川越芋のモンブラン”をトッピングした、人気No.1の絶品“芋スイーツ”です。



「川越芋のモンブランソフトクリーム」400円(税込)

新登場!「どんだけ~芋プリン」

「川越プリン(川越いも)」の瓶の上に「川越芋のモンブランソフトクリーム」を載せ、さらに「芋チップ」をトッピングした、まさに“芋×芋×芋×芋”が贅沢に堪能できる、芋づくしスイーツの決定版が誕生しました!



「どんだけ~芋プリン」500円(税込)

プリン専門店「川越プリン」

2018年7月11日にオープンしたプリン専門店「川越プリン」は、川越の“蔵造りの町並み”の雰囲気に合うように、レトロながらモダンでポップな外観デザインとなっています。プリンは店内で一つ一つ丁寧に手作りされ、化学調味料は使わず、地元のこだわりの素材を引き立てた商品作りを大切しているお店です。

川越プリン
住  所:埼玉県川越市幸町1-13
営業時間:10:30~17:00(季節や地元行事によって変動あり)
URL   :https://kawagoe-purin.com/
Facebook:https://www.facebook.com/kawagoepudding/
Instagram:https://www.instagram.com/kawagoepudding/
Twitter :https://twitter.com/kawagoepudding/

[@Press]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

冷凍餃子は手抜きじゃない!なめられないための3つの簡単テク

 手抜きなんて、言わせない。  先日ツイッターで話題となった「冷凍餃子手抜き発言事件」をご存知でしょうか?  ある女性が、夕食に冷凍餃子を食卓に出した時に、長男が「ママ餃子美味しい!」と喜んでいたの見た投稿主の夫がすかさ […]