8月末まで送料半額!ご当地食パン専門店「岡山はハレの日」ネット販売をスタート

「岡山はハレの日」ってどんなお店?

岡山はハレの日 看板
食パン専門店「岡山はハレの日」は、岡山県初の素材・コンセプト共に“晴れの国・岡山”の魅力をたっぷりと詰め込んだご当地食パン専門店。岡山県産の食材にこだわり、津山産小麦「もんげー粉」や、岡山県産の牛乳「蒜山ジャージー牛乳」、岡山県産の特産である「黒豆」と、晴れの国岡山をイメージした「ひまわりの種」を使用した食パンなどが登場しています。ちなみにこの“もんげー”とは、「ものすごい」を意味する岡山弁とのこと。今回のオンライン販売を通じて、岡山の“もんげー”味わいを、どこにいても楽しめるようになりました。

「岡山はハレの日」の食パンは3種類!

ハレの日のパン

◇ハレの日のパン
生産量の少ない貴重な岡山県津山産の小麦「もんげー粉」を100%使用。きび糖、無添加マーガリンを使用し、体にもやさしく、岡山の魅力たっぷりです。ふわもち食感を楽しめるイチオシの食パン!

ジャージーみるく

◇ジャージーみるく
岡山県産「蒜山ジャージー牛乳」をたっぷりと使用した、しっとり甘いスイーツのような「生食パン」です。トーストせずにそのまま「生」で食べるのがオススメ。おやつにもピッタリです。

岡山向日葵

◇岡山向日葵
丹波産黒豆と、晴れの国岡山をイメージしたひまわりの種を贅沢に使用した、ほくほく甘いスイーツ食パンです。生地のしっとりとした食感に、やわらかく甘く煮た黒豆のほくほく感、生地や塩味をきかせ炒ったひまわりの種の食感・・・と、絶妙な食感が楽しめます。食べやすくするため、アクセントにクリームチーズを使用。ひまわりの種と黒豆がぎっしりと詰まったリッチな風味をお楽しみください

通販ラインナップはこちら!

◇もんげーセット-1 
価格:2,268円(税込・送料別)
1番人気の商品の「ハレの日のパン」と、ホクホク感がたまらない黒豆と向日葵の種の入った「岡山向日葵」とラスクのセット。毎日食べたくなるような、素朴なパンのセットとなっています。
【セット内容】
・ハレの日のパン:1本
・岡山向日葵:1本
・ラスク:2袋

◇もんげーセット-2
価格:2,484円(税込・送料別)
蒜山ジャージー牛乳の甘みが楽しめる「ジャージーみるく」と、ホクホク感がたまらない黒豆と向日葵の種の入った「岡山向日葵」とラスクのセット。岡山の牛乳と黒豆が入った食パンが楽しめます。
【セット内容】
・ジャージーみるく:1本
・岡山向日葵:1本
・ラスク:2袋

◇岡山ハレの国セット-1 
価格:2,700円(税込・送料別)
1番人気の商品の「ハレの日のパン」と、蒜山ジャージー牛乳の甘みが楽しめる「ジャージーみるく」とラスクのセットです。ジャージーみるくのやさしい甘みを楽しみたい方にオススメ!
【セット内容】
・ハレの日のパン:1本
・ジャージーみるく:2本
・ラスク:2袋

◇岡山ハレの国セット-2 
価格:2,484円(税込・送料別)
1番人気の商品の「ハレの日のパン」と、蒜山ジャージー牛乳の甘みが楽しめる「ジャージーみるく」とラスクのセットです。小麦の旨味を楽しみたい方にオススメです。
【セット内容】
・ハレの日のパン:2本
・ジャージーみるく:1本
・ラスク:2袋

■食パン専門店 岡山はハレの日
住所:岡山県岡山市北区弓之町17-5 リオン後楽園101C号
営業時間 : 10:00~18:00 ※完売次第終了
定休日  : 火曜日
電話番号 : 086-230-1134
店舗サイト: https://okayama-hare.com/#shop
通販サイト: https://okayamahare.thebase.in/

[@Press]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【令和おじさん】3000円のパンケーキを食べに行ったら、セキュリティチェックを受けることになりました

こんにちは! 令和おじさんです。平成になったばかりの時は、まだ中学生だった私(佐藤)も、新元号を迎える今となっては、45歳。30年も経てばおじさんになって当然。これからは「令和おじさん」を強く自負して行きたいと思います。

さて最近、3000円のパンケーキが話題になっているとのこと。大の甘党の私は迷うことなく、それを食いに行くことにした。実際に行ってみると、なんとセキュリティチェックを受ける羽目になった。ただでさえ、不審者に見られることの多いこの私。スイーツ食いに行って、ゲート型の金属探知機を通ることになるとはね! セキュリティチェックを受けたのには訳がある。その理由は……

・セキュリティチェックの訳

3000円のパンケーキを提供しているのが、ホテルニューオータニのレストランだったからだ。ご存じの通り、2019年10月22日に天皇陛下「即位の礼」が執り行われた。ニューオータニにも国賓が宿泊していたに違いない。そのために、ホテル周辺には多くの警察官が配備され、ホテルに入る際に、セキュリティチェックを受ける必要があったのである。

なんだ、私の見た目が不審者っぽいからじゃなかったのか。ホッとひと安心! でもちょっと残念。だって、「素性不明のあやしい男」と思われたかった……。

・3000円で驚かない

それはさておき、高級パンケーキを食べられるのは、レストラン「SATSUKI」である。私が過去に、3500円(取材当時)のカツカレーを食べ、同じく3500円(取材当時)の焼きそばを食べたお店だ。最近では、当編集部の江川が3300円(税別)のモンブランを食べている。

今さらビックリしないだろ~。だって、焼きそば3500円だよ! 3000円のパンケーキ、ここじゃそれくらい普通だよ。国賓が泊まるホテルなんだから、ふつうふつう。甘党の令和おじさんの私も、3000円のパンケーキ、食べちゃうよ~!!

・メイプルシロップに思いを馳せる

ということでメニューを見ると、現在マロンスイーツフェアを開催しており、「ホテルニューオータニ特製マロンパンケーキ」は2800円(サービス料・税別)。同じくホテルニューオータニ特製のブリオッシュフレンチトーストも同一の価格だった。

パンケーキを注文すると、焼き上がりまで約20分かかるとのこと。先に出てきたのはメイプルシロップだ。濃さの違う3種類のボトルが運ばれてきた。味は濃いほどウマいと思っている私にとって、3種類もいらない。濃いの1本だけで良かろうもん!

メイプルシロップのボトルを無言で眺める。このシロップはどこから来たのだろうか? 「デカセール」という名前のこのボトルは、カナダ原産。海を渡ってはるばる日本までやって来たんだな~。まさか、こんなおじさんの前にたどり着くとは思ってもいなかっただろう。ごめんな、メイプルシロップよ、きっと可愛らしい女子のテーブルにたどり着きたかっただろうに。甘党の令和おじさんと対面することになって、本当に申し訳ない! 諦めてくれ……。

このメイプルシロップを不憫に思っていたら、パンケーキが出てきた! これが令和おじさんを魅了する、パンケーキですッ!!

ビューティフル! きれいな色目でふっくらと焼き上がっている。一瞬大判焼き(回転焼き(ところによっては御座候(ござそうろう)))かな? と思うほど形が整っている。

さっそく食べてみよう。ナイフをとり大判焼き、じゃなかったパンケーキに刺すと、その感触の柔らかさにビックリ! 刃がスッと入っていく。断面を見ると、気泡のきめが細かいことが良くわかる。

適量に切り分け、マロンクリームをしっかりと塗りたくって、口のなかに放り込む。きっと口のなかに、栗の美味しさを感じることだろう。そう思った私の脳裏に浮かんだ言葉は、自分の想像を超えるものだった。頭に浮かんだ言葉は……。

!!!!!! 玉子焼き !!!!!!

パンケーキの生地が舌の上に触れた瞬間に、玉子焼きが頭をよぎった。このふんわりとした生地の感触は、あの玉子焼きを口に入れた感触と良く似ている。芳醇なマロンクリームと良く合っている。唸るほどウマい。そして、海を渡ってきたメイプルシロップをたっぷりかけると、生地の中までシロップが浸透し、さらに罪深い食べ物へと変貌を遂げた。

・ご褒美のパンケーキ

こんな官能的な食べ物がこの世にあるなんて……。繰り返すが、私はおじさんだ。令和を生きるおじさんである。そんな私でさえも、心の底から癒される食べ物。それが、ニューオータニの特製パンケーキである。単品のアイスコーヒーとセットで注文して、サービス料・税込みで4537円。

決して安い金額ではない。だが、たまには癒しを求めて、この味に触れたい。おじさんの私でさえも、自分へのご褒美として食べたい逸品である。

・今回訪問した店舗の情報
店名 ホテルニューオータニ「レストラン SATSUKI」
住所 東京都千代田区紀尾井町4−1
営業時間 11:00~21:00
定休日 なし

参照元:出没! アド街ック天国
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

冷凍餃子は手抜きじゃない!なめられないための3つの簡単テク

 手抜きなんて、言わせない。  先日ツイッターで話題となった「冷凍餃子手抜き発言事件」をご存知でしょうか?  ある女性が、夕食に冷凍餃子を食卓に出した時に、長男が「ママ餃子美味しい!」と喜んでいたの見た投稿主の夫がすかさ […]