松屋『海老のチリソース定食』を食べてみた / ガチめな辛さとプリップリの海老でクオリティ高い!!

松屋がこんどはエビチリをテスト販売しているらしい。公式Twitterによると、2020年8月18日からやっていたようだ。実施中の店舗を見てみると、北海道から福岡まで、テスト店舗はわりと全国に分布している。

松屋はTwitterにて「控え目に言ってサイコー」と、自信に満ちた様子。さっそく食べてみたところ……ガチめな辛さ! 海老がプリップリで、いっぱい入ってる!! ご飯が止まらねぇ!!!

・海老のチリソース定食

『海老のチリソース定食』はノーマルが730円(税込)からで、W定食は1130円(税込)から。ライスは大盛り無料サービス中。60円増しでポテサラをつけるオプションもあるようだ。

券売機には「こちらの商品は辛いメニューです」との注意書きも。どれにするか少し迷ったが、やはり最初から全力で迎え撃つべきだろうと思い、W定食を選択。

待つこと5分ほどで到着。

割と気前の良いボリューム。匂いの時点でそれなりに辛そうなのがわかる。卵でとじられており、上からだとエビがどれほど入っているのかよくわからない。

・プリプリがゴロゴロ

しかし、エビチリにおいて最も重要なのはエビだ。特にエビの量は、何よりも優先して明らかにせねばならない。スプーンで混ぜてみたところ……

出てくる出てくる。卵の下にはエビがゴロゴロと入っている。それこそ、ごろチキにおけるチキン並の割合でエビが入っている。真っ赤なエビの泉。ノーマルだと恐らくエビも半分くらいになると思われるので、この感動はW定食の特権だろう。

しかもこのエビ。食べてみると、とてもプリップリしているのだ。エビの質と量、ともにハイクオリティなエビチリである。

・辛くて美味い

そしてこの真っ赤なソース。注意書きの通りに辛い! 辛いのが苦手な人には安易に勧めがたいが、この辛さがたまらない。ほのかにケチャップ的な酸っぱさが最初にやってきた後、バチバチと容赦ない辛さが舌と喉を襲う。

チリソースの荒々しい辛さと、ほのかに甘みのある弾力に満ちたエビによる波状攻撃。ご飯の量は大盛り一択だろう。エビチリ一口に対して米3口くらいのペース配分となり、ご飯がどんどんなくなる。

欠点をあげるとすれば、W定食の場合はご飯大盛りでも若干足りなかったことだろうか。米の消費量が超絶に加速してしまう。ノーマルならご飯は十分だろうが、しかしノーマルよりW定食の方がエビ的な満足感は高いだろうし、悩ましい問題だ。

連日の暑さで低下気味だった食欲が、一気に最高潮にまで復活した美味さ。これは、好評でそのうち実施店舗が拡大されるパターンな気がする。

松屋の店舗限定メニューは、場合によっては本当に限定すぎたり、実施店舗が不明で食べたくても食べられないパターンもなくはない。しかし今回は公式Twitterに実施店舗のリンクが投稿されている。トータルで70店舗とそれなりな規模でテスト中なようなので、近所にあれば食べてみてはいかがだろう。

参照元:Twitter @matsuya_foods松屋
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【衝撃展開】富士そばで「コロッケ1万円分」をトッピングしたらこうなった

全ては計算し尽くされたハズだった──。この記事を書き始めるにあたり、私(P.K.サンジュン)はそう振り返らざるを得ない。もちろん誰にでも失敗はあるものだが、自称「偏差値600万」の私がまさかあんな罠にハマるなんて……。なので先に謝っておこう「ごめんなさい」と──。

今回、大人気シリーズ「1万円トッピング」に登場するのは日本最大級の立ち食いそばチェーン店「富士そば」である。富士そばでコロッケを1万円分トッピングしようと試みたところ、まさかのトラップにハマってしまったのだ。

・富士そば全面協力

手前味噌な言い方で恐縮だが「1万円トッピングシリーズ」はメチャメチャ人気がある企画である。それなのに滅多に登場しない理由はただ1つ……「挑戦させてくれる企業(店舗)がほとんどないから」だ。コンプライアンス第1のこのご時世、それも致し方あるまい。

そんな中、即決で「いいですよ」と返事をくれたのが富士そばである。さすが庶民の味方、富士そば。さすが狂気のメニュー「タピオカ丼」を販売した富士そば。さすが、俺たちの富士そばである。とどのつまり、今回の1万円トッピングは富士そば全面協力のもと行われた。

・コロッケしかない

では、その富士そばで1万円分トッピングするなら何だろう? 肉? わかめ? かき揚げ? 答えはいずれもNOだ。富士そばでトッピングするならばコロッケ一択。味については言うまでもなく「富士そばらしさ」を最も感じさせるメニューはコロッケ以外にあるまい。

富士そばの担当者によると「実はうちが元祖のメニューじゃないんですけど、何年も前からゴリ押ししています」とのことだから、やはり1万トッピングにはふさわしいメニューであろう。もちろん、コロッケを1万円分もトッピングしたことは「記憶にない」とのことであった。

・計算上は可能なハズ

さて、富士そばのコロッケそばは1人前430円。そしてコロッケ単品は120円だから、80個トッピングすると合計で1万30円ということになる。というか、そもそもコロッケ80個が丼に乗り切るのか? その疑問に対し、私はある秘策を用意していた。

その秘策とはズバリ「花びら作戦」──。コロッケを花びらのように並べていき、コロッケがコロッケ同士で支え合うように並べていけば80個も余裕で可能。なんなら200個くらいならイケる。IQ2億の私の頭脳はそう計算していた。

ところが──。

出てきたコロッケやべぇぇぇぇえええええ!!

床やないかッッッ!

とはいえ、計算通りなら80個のトッピングは可能なハズ。そして思惑通り、コロッケの花は順調に巨大化していった。コロッケは意外と強度が高い。これならイケる……! そう確信して30個目に突入した時のことだった。

根元が崩壊──。

なんと鉄壁かと思われていた衣が汁を吸いまくり、フニャフニャになってしまったのである。土台が崩れたコロッケタワーがそびえ立つハズもなく、結局コロッケは27個、つまり3240円分のトッピングが限界であった。1万円分注文した意味……ナッシング。

・味は最高

ただし、富士そばのコロッケのウマさは鉄板であったことは記述しておきたい。なめらかな舌触りのじゃがいもはクリーミーで、素朴で飽きの来ないウマさであった。4個目くらいで何屋に来ているのかわからなくなったことはさておき、やはり富士そばのコロッケはウマい。

また、なんとかコロッケの山をかき分けて辿り着いたときに味わった “そばと汁” のウマさは異常であった。これまで数えきれないくらい富士そばで食事をしてきたが、ここまでそばをウマいと思ったことは初めてである。逆説的ではあるが、コロッケを8個くらい食べてからそばを食べるのが、富士そばのそばを最も美味しく食べる方法……なのかもしれない。

・協力してくれる企業を大募集中

まとめると、今回わかったのは「トッピングできるコロッケは27個が限界」だということと「富士そばはコロッケもそばもウマい」ということ。付け加えるならば「コロッケは猛烈なスピードで汁を吸う」といったところだろうか。人生、やってみないと分からないことがある。

というわけで、久々の登場となったものの厳密には1万円分トッピングできなかった本シリーズ。飲食チェーン店の中で「うちでやってもいいよ!」という勇気ある企業の方はぜひご連絡ください。夢とロマンを追い求めたいです──。

取材協力:富士そば
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「1キロ弁当」が大ヒットの弁当屋。コロナ禍で収益が向上した理由とは?

 長引く新型コロナウイルスの影響で、飲食業界も大ダメージを受けている。出口の見えないコロナ禍を乗り切るために、テイクアウトやデリバリーなど試行錯誤を強いられる店舗が多いなか、今年に入ってからも順調に売り上げを伸ばしている […]