松屋『海老のチリソース定食』を食べてみた / ガチめな辛さとプリップリの海老でクオリティ高い!!

松屋がこんどはエビチリをテスト販売しているらしい。公式Twitterによると、2020年8月18日からやっていたようだ。実施中の店舗を見てみると、北海道から福岡まで、テスト店舗はわりと全国に分布している。

松屋はTwitterにて「控え目に言ってサイコー」と、自信に満ちた様子。さっそく食べてみたところ……ガチめな辛さ! 海老がプリップリで、いっぱい入ってる!! ご飯が止まらねぇ!!!

・海老のチリソース定食

『海老のチリソース定食』はノーマルが730円(税込)からで、W定食は1130円(税込)から。ライスは大盛り無料サービス中。60円増しでポテサラをつけるオプションもあるようだ。

券売機には「こちらの商品は辛いメニューです」との注意書きも。どれにするか少し迷ったが、やはり最初から全力で迎え撃つべきだろうと思い、W定食を選択。

待つこと5分ほどで到着。

割と気前の良いボリューム。匂いの時点でそれなりに辛そうなのがわかる。卵でとじられており、上からだとエビがどれほど入っているのかよくわからない。

・プリプリがゴロゴロ

しかし、エビチリにおいて最も重要なのはエビだ。特にエビの量は、何よりも優先して明らかにせねばならない。スプーンで混ぜてみたところ……

出てくる出てくる。卵の下にはエビがゴロゴロと入っている。それこそ、ごろチキにおけるチキン並の割合でエビが入っている。真っ赤なエビの泉。ノーマルだと恐らくエビも半分くらいになると思われるので、この感動はW定食の特権だろう。

しかもこのエビ。食べてみると、とてもプリップリしているのだ。エビの質と量、ともにハイクオリティなエビチリである。

・辛くて美味い

そしてこの真っ赤なソース。注意書きの通りに辛い! 辛いのが苦手な人には安易に勧めがたいが、この辛さがたまらない。ほのかにケチャップ的な酸っぱさが最初にやってきた後、バチバチと容赦ない辛さが舌と喉を襲う。

チリソースの荒々しい辛さと、ほのかに甘みのある弾力に満ちたエビによる波状攻撃。ご飯の量は大盛り一択だろう。エビチリ一口に対して米3口くらいのペース配分となり、ご飯がどんどんなくなる。

欠点をあげるとすれば、W定食の場合はご飯大盛りでも若干足りなかったことだろうか。米の消費量が超絶に加速してしまう。ノーマルならご飯は十分だろうが、しかしノーマルよりW定食の方がエビ的な満足感は高いだろうし、悩ましい問題だ。

連日の暑さで低下気味だった食欲が、一気に最高潮にまで復活した美味さ。これは、好評でそのうち実施店舗が拡大されるパターンな気がする。

松屋の店舗限定メニューは、場合によっては本当に限定すぎたり、実施店舗が不明で食べたくても食べられないパターンもなくはない。しかし今回は公式Twitterに実施店舗のリンクが投稿されている。トータルで70店舗とそれなりな規模でテスト中なようなので、近所にあれば食べてみてはいかがだろう。

参照元:Twitter @matsuya_foods松屋
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

西葛西の名店『卍力(まんりき)』が秋葉原に殴り込み! 名物「スパイスパクチーラーメン」は必食のウマさ

超高級ではないけれど、野郎どもの胃袋を満たしてくれる美味しいグルメ店が集結する東京は秋葉原。「ナポリタンのパンチョ」や「カレーは飲み物。」など、特にランチは迷うことがほとんどない。気取らずに楽しめる街、それが秋葉原の最大の魅力だ。

2019年8月中旬、その秋葉原に超高確率で人気店になるであろうラーメン屋がオープンした。その名は『卍力(まんりき)』──。ラーメン好きなら知っててあたり前の、西葛西の超人気店である。

・西葛西の名店

店員さんによると、卍力の秋葉原店がオープンしたのは、8月14日(水曜日)のこと。場所はJR秋葉原駅から御徒町方面へ5分ほど歩いた昭和通り沿いで、「カレーは飲み物。」から50mほどのところにある。いまアキバグルメは本当に昭和通り沿いが……アツい。

それはさておき、卍力は西葛西で2014年にオープンし、少なくとも2015年にはラーメンマニアたちから一目置かれる人気店となっていた。名物の「スパイスパクチーラーメン」をいただくためには行列も当たり前。ぶっちゃけアクセスが良くはない “西葛西” なのに、である。

決して西葛西を悪く言うつもりはないが、東京メトロ東西線しかない西葛西と、様々な路線が乗り入れる秋葉原では街としての規模が違う。噂を聞いて卍力に行ってみたいと思ったものの「西葛西か~」と諦めていた人は少なくないハズ。そういう意味で卍力の秋葉原進出を心待ちにしていた人も多いことだろう。

・カレーラーメンの最高峰

さて、久々の卍力となった今回も、記者は「スパイスパクチーラーメン」をオーダー。価格は税込み980円だ。なお、卍力のほぼ全てのメニューにはパクチーが入っているが、店員さんに言えばネギに変更できるから、パクチーが苦手な人も安心して欲しい。

久々のご対面となった「スパイスパクチーラーメン」には、相変わらずドッサリとパクチーが盛られていた。様々なスパイスが織りなす複雑の旨味のスープも、プツプツと歯切れの良い麺も相変わらずのウマさ。やはりカレーラーメンの最高峰は卍力……! そう思わされるウマさであった。



ちなみに、スープは残す気が起きないほどウマいので、ぜひライスを投入して食べてみて欲しい。「スパイシー肉飯」もめちゃめちゃウマいので迷うところだが、とりあえずライス系のメニューは必ず注文しておこう。

寒い冬はもちろんのこと、暑い夏でも食べたくなる卍力は、秋葉原屈指の人気ラーメン店になること間違いなし。記者はオープン間もなく訪れたのでそうでもなかったが、行列を覚悟して卍力に足を運ぶべし。そしてその価値があるお店だぞ。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 卍力 秋葉原店
住所 東京都台東区台東1-10-5
時間 ランチ11:30~14:30 / ディナー17:30~21:30
休日 日曜日

Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「1キロ弁当」が大ヒットの弁当屋。コロナ禍で収益が向上した理由とは?

 長引く新型コロナウイルスの影響で、飲食業界も大ダメージを受けている。出口の見えないコロナ禍を乗り切るために、テイクアウトやデリバリーなど試行錯誤を強いられる店舗が多いなか、今年に入ってからも順調に売り上げを伸ばしている […]