「鶏もも照り焼き」だってパっと完成、レンジで作る簡単レシピ

 主菜は決まるのに副菜に悩む、お通し的な惣菜をサッと出せたらカッコイイ。そんな時こそレンジ頼み。 『料理の合間に5分で完成! 電子レンジでついでにつくりおき』は、料理の合間の5分でできてしまう、お役立ちレシピ集。電子レン […]

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【頂上決戦】ペヤングソースとUFOソースはどちらが本当に強いのか? 実際に戦わせてみたら意外すぎる結末にッ!!

私(佐藤)はなぜ気付かなかったのか? 日清がオンラインストア限定でUFOのソースボトル(日清焼そばU.F.O.濃い濃い追いソース!ボトルセット)の販売を開始した瞬間に、気付くべきだった。「ペヤングにUFOのソースをかけると、どちらの味が勝るのか?」という疑問に……。

それを確かめるため、実際に戦わせてみることにした。まさに頂上決戦、本当に強いカップ焼きそばはどっちなのか? ハッキリさせようじゃないか! 焼きそばのなかの焼きそば、出てこいやッ!!

・好敵手(ライバル)

まるか食品の『ペヤングソースやきそば』は1975年に発売開始。相対する『日清焼そばU.F.O.』は1976年に発売開始となっている。ほぼ同時期にうまれた2つの商品は、同じ時代を生き抜いてきたライバル。それぞれがお互いを意識していて当然の関係だ。

・目を背けることはできない

まさかその2つを戦わせることになるとは、私自身も想像していなかった。いや、本当のことを言えば、頭の片隅にその決戦のことを想定していた。だが! それはやってはいけないことのような気がして、躊躇してしまったことを正直に明かそう。

『ペヤングとUFOを混ぜてはいけない』、心の奥底でそう言われた気がして、ケンタッキーフライドチキンにUFOソースをかけるような無粋なマネをしてしまった……。読者からの指摘により、この戦いから目を背けるべきではないという結論に至ったことを、あらかじめ伝えておきたい。

・ペヤングフィールドで

さて、戦いのフィールドはペヤングで行うことにした。ボトル入りのUFOソースがやや優勢であることから、ペヤングフィールドを使用する判断をしたのだ。

ソースを同量(目分量)かけて、味の濃さで勝敗を決める。では早速、両選手の同時入場ですッ!!

両者は四角いリングの上に颯爽と登場! と、同時に、コ、コレは……。

麺の上に、同時に存在してはいけない2つのソースがふりかかったことで、時空が歪んでるッ!?

止めろ! 今すぐ止めて。ストップ、ストーーーップ!! ウワァアアアアアアアアアアアッ! 

……………………………………………

………………………………

…………………

………

終わった……のか?

どうやら2つのソースの間で、麺の上に同居することで何かの折り合いがついたらしい。

2者の優劣がついたのか、それとも……。ゆっくりとかき回して、フィールドで馴染ませる。

そして実際に食べてみることに。まずは匂いだ。ペヤング臭がキツイか? それともUFO臭か? 嗅いでみたところ……

なんてことだ! どちらかが匂いで勝ると思っていたら、どちらでもない! 互いの匂いが調和して、バランスをとっている。こんなことってあるのか? さらに……!

驚いたことに味もしかり! どちらかが上回っているということがない。ペヤングでもUFOでもない、2つが半々で混ざり合った味がしているではないかッ!! 強いて言うなら、第3の味「ペヤFO」とでも言おうか。まるで何かの化学反応が起きて、未知の領域に踏み込んだかのような錯覚に陥る。

・そして伝説へ……

こうして自然界の均衡は保たれ、森羅万象は永遠の揺蕩(たゆた)いを続けているのだろう。この頂上決戦の結果はドローだ。どちらが上でも下でもない。ペヤングとUFOは勝つとか負けるとかそんな小さなことではなく、もっと大きな何かを教えてくれた気がする。

ありがとうペヤング、ありがとうUFO。いつかこの2つが真に手を取り合って、カップ焼きそば界をさらに上へと押し上げてくれることを切に願う。Fin……。

Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

松屋『海老のチリソース定食』を食べてみた / ガチめな辛さとプリップリの海老でクオリティ高い!!

松屋がこんどはエビチリをテスト販売しているらしい。公式Twitterによると、2020年8月18日からやっていたようだ。実施中の店舗を見てみると、北海道から福岡まで、テスト店舗はわりと全国に分布している。

松屋はTwitterにて「控え目に言ってサイコー」と、自信に満ちた様子。さっそく食べてみたところ……ガチめな辛さ! 海老がプリップリで、いっぱい入ってる!! ご飯が止まらねぇ!!!

・海老のチリソース定食

『海老のチリソース定食』はノーマルが730円(税込)からで、W定食は1130円(税込)から。ライスは大盛り無料サービス中。60円増しでポテサラをつけるオプションもあるようだ。

券売機には「こちらの商品は辛いメニューです」との注意書きも。どれにするか少し迷ったが、やはり最初から全力で迎え撃つべきだろうと思い、W定食を選択。

待つこと5分ほどで到着。

割と気前の良いボリューム。匂いの時点でそれなりに辛そうなのがわかる。卵でとじられており、上からだとエビがどれほど入っているのかよくわからない。

・プリプリがゴロゴロ

しかし、エビチリにおいて最も重要なのはエビだ。特にエビの量は、何よりも優先して明らかにせねばならない。スプーンで混ぜてみたところ……

出てくる出てくる。卵の下にはエビがゴロゴロと入っている。それこそ、ごろチキにおけるチキン並の割合でエビが入っている。真っ赤なエビの泉。ノーマルだと恐らくエビも半分くらいになると思われるので、この感動はW定食の特権だろう。

しかもこのエビ。食べてみると、とてもプリップリしているのだ。エビの質と量、ともにハイクオリティなエビチリである。

・辛くて美味い

そしてこの真っ赤なソース。注意書きの通りに辛い! 辛いのが苦手な人には安易に勧めがたいが、この辛さがたまらない。ほのかにケチャップ的な酸っぱさが最初にやってきた後、バチバチと容赦ない辛さが舌と喉を襲う。

チリソースの荒々しい辛さと、ほのかに甘みのある弾力に満ちたエビによる波状攻撃。ご飯の量は大盛り一択だろう。エビチリ一口に対して米3口くらいのペース配分となり、ご飯がどんどんなくなる。

欠点をあげるとすれば、W定食の場合はご飯大盛りでも若干足りなかったことだろうか。米の消費量が超絶に加速してしまう。ノーマルならご飯は十分だろうが、しかしノーマルよりW定食の方がエビ的な満足感は高いだろうし、悩ましい問題だ。

連日の暑さで低下気味だった食欲が、一気に最高潮にまで復活した美味さ。これは、好評でそのうち実施店舗が拡大されるパターンな気がする。

松屋の店舗限定メニューは、場合によっては本当に限定すぎたり、実施店舗が不明で食べたくても食べられないパターンもなくはない。しかし今回は公式Twitterに実施店舗のリンクが投稿されている。トータルで70店舗とそれなりな規模でテスト中なようなので、近所にあれば食べてみてはいかがだろう。

参照元:Twitter @matsuya_foods松屋
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。