食材はパック・袋のまま冷凍しちゃダメ!食費を安くする冷凍術

 コロナの影響で外食が減った分、自宅で食事をする機会が増えた人も多いことでしょう。  そんな時に活躍するのが、冷凍保存のテクニック。お買い得な時期にまとめ買いをして長期保存をすればお金の節約にもなるし、買い物をする時間も […]

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【缶詰マニア】「サバの味噌煮」缶詰を食べ比べてみた! 柔らかさ、味の染み方など全てにおいて圧倒的にウマかったのがコレだ!!

缶詰が好きだ。安いしウマイし保存がきく。貧乏1人暮らしが長かった私(中澤)は、何度缶詰に命を救われたことか知れない。缶詰を愛している。

中でも王道なのは「サバの味噌煮」だろう。おそらく、缶詰の中でも最も多くの種類があるのではないだろうか。普段会社を見て缶詰を購入している人は少ないと思うが、ふと疑問に思った。これって味に違いはあるんだろうか? そこで食べ比べてみることにしたぞ!

・「サバの味噌煮」缶詰への想い

私の個人的な所感を言わせてもらうと、サバの味噌煮は、作りたてと缶詰で全く別の料理というイメージ。確かに作りたてはウマイが、染みに染みた味噌味や、骨までトロけるような柔らかさなど缶詰にしかない良さがある

したがって、この2つを主な評価軸とし、今回の食べ比べを進めていきたいと思う。買ってきたのは以下の6種類だ。

・食べ比べた缶詰

「マルハ さばみそ煮 月花(200g)」税抜き298円

「キョクヨー さばみそ煮(190g)」税抜き198円

「ニッスイ さばみそ煮(150g)」税抜き198円

「ニッスイ スルッとふたさばみそ煮減塩(190g)」税抜き218円

「SSK 三陸の厨房生まれ国内水揚げ鯖味噌煮(150g)」税抜き218円

「ライフ 国産さば味噌煮(190g)」税抜き178円

──グラム数と値段の関係を見ると、1番コスパが良さそうなのは「ライフ さばみそ煮(190g)」。「月花」と10gしか違わないのに120円も安い。「月花」的には、この値段の差を覆すほどの味の差があるのかが争点となりそうだ。

・開けた時点で光る個性

開けてみたところ、多くの缶詰はヒタヒタに味噌つゆに浸かっている。だが、2つだけ早くも他とは違うオーラを放つ缶詰があった

「ニッスイ さばみそ煮」と「SSK 三陸の厨房生まれ国内水揚げ鯖味噌煮」である。前者は、つゆが少なくほぼサバ本体のみという感じ、後者は他の缶詰よりドロッとした濃い味噌感。

・食べ比べ開始

早くもそれぞれの山を登っている感じがする各社のサバの味噌煮。全部同じだと思っていたが、フタを開けただけでこれほどの違いがあることにビックリだ。ということは、味にはさらなる個性があるに違いない。さっそく食べ比べてみたところ……

やはり全然違う……!

同じサバの味噌煮缶詰でも柔らかさから味の濃さまで全くの別物だ!!

まず、味の面だけで評価を下すなら、鯖の風味、味噌のコク深い甘み、味のしみ方、柔らかさで圧倒的に他を凌駕していたのが「SSK 三陸の厨房生まれ国内水揚げ鯖味噌煮」である

口に入れた瞬間に溶けるようなトロけ具合。さらに、噛むと濃厚な甘みのある味噌がジュンジュンとあふれ出してくるほどに味がしみ切っている

・2番手

これに続くのが「キョクヨー さばみそ煮」。こちらもSSKほどではないにせよ、十分柔らかく、味噌味がしみた良い缶詰だ。全てが一定レベル以上の優等生という感じである

おそらく、最も有名と思われる「マルハ さばみそ煮 月花」は味的にはこの2つに後塵を拝した。この2つと比べると、若干身がパサついているのが気になるところ

ライフとニッスイは他と比べると味が薄く、身もパサついているように感じた。値段の差が味にしっかりと反映されているイメージ。

・コスパの良さは?

ここで値段を含めてコスパの良さを考えてみよう。味No.1の「SSK 三陸の厨房生まれ国内水揚げ鯖味噌煮」は税抜き218円と平均的な価格だが量的には150gと少なめ。

対して、No.2の優等生「キョクヨー さばみそ煮」は、税抜き198円とライフを抜けば最安であるにもかかわらず、190gと量的にも十分だ

食べ比べると、確かに「SSK 三陸の厨房生まれ国内水揚げ鯖味噌煮」の味が抜きんでていることが分かるが、単品で食べるなら「キョクヨー さばみそ煮」くらいのクオリティーがあれば十分な気もする。そこで、個人的には「キョクヨー さばみそ煮」に軍配を上げたい

ただ、150gで十分という人も多いだろう。この2つのどちらを選ぶかは、本当に人によって好みが分かれるところだと思った。なので、ぜひ実際に食べてみてご自身で好きな方を選んでいただけると幸いだ。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

ローソン、ファミマ、セブンの「豚角煮」を食べ比べてみたら最強の肉発見! コラーゲンたっぷりで激ウマだったのがコレだ!!

ほろほろと口の中でトロける豚角煮。染みだすタレの味がまた格別だ。私(中澤)は、豚の頭で角煮を作ってみるくらいの角煮好きである。でも、長時間コトコト煮込まなければならないのが玉にきず。思い立ったらすぐ食べたい!

そんな時に役立つのがコンビニに売っている豚角煮のお惣菜パック。なんとこれ、レンチン1分20秒(500wの場合)で豚角煮が食べられてしまう

ヤダ便利! 玄関開けたら2分で角煮の時代だ。しかも、驚くべきことに大手3社どのコンビニにも売っている。そこで気になった。ローソン、ファミリーマート、セブンイレブンで1番ウマイ豚角煮はどれなのか……!!

・価格

さっそく、購入してみると、1番安かったのはファミリーマート「じっくり煮込んだ豚角煮」で税込321円。逆に、セブンイレブン「金の豚角煮」は最も高い税込388円だ。ローソン「豚角煮」はファミマ寄りの価格で税込328円である。

ローソン、ファミマ対セブンの構図が早くも出来上がっている気がした。セブンの勝負どころは、1つだけ抜けているこの価格を納得させられる横綱相撲が取れるかどうかにある。対してローソン、ファミマはセブン相手にどこまでやれるかが勝負どころだが……はたして

・注意事項

と、食べ比べる前に、レンチンについて、どの袋にも同じ注意事項が書かれているため触れておきたい。それは電子レンジにいれる際の袋の置き方についてだ。レンチンする際は……

必ず袋を立てて電子レンジの中心に置こう。ちなみに、封は閉じたままで大丈夫。レンチン直後は袋が膨らんでいるが、すぐに蒸気口から湯気が逃げるので袋の端を素手で持って開けることができるぞ。というわけで、それぞれの角煮を皿に開けてみた。

・ローソン

見たところ、肉厚さではローソンとセブンイレブンが競っている。価格的な王者セブンは当然として、60円安いローソンにここまでゴロリとした肉が入っているのは天晴だ。まずはローソンを食べてみると……

肉から甘めのタレが染み出し、ホロホロと溶けるようだ。さすがは、袋の中でつけられていただけあり、芯までタレが染みた角煮は十分すぎるほどに熟成されていると言って良いだろう。

タレの味はかなり濃厚で甘みが強め。あんかけくらいトロみもあり、非常によく絡むのでより甘く感じる。この甘さがローソンの特徴と言えそうだ。

・ファミリーマート

続いて、ファミリーマートを食べてみよう。ファミマの角煮は他の2種に比べて肉が薄め。しかし、個人的に注目しているのは、封を開けた瞬間、しょうがの匂いが漂ってきたこと

そう、ファミマの角煮のタレには唯一、しょうがが入っている。食べてみたところ、やはり、しょうがはかなり良い仕事をしていた。

甘みをスッと流すタレの味はローソンにはない爽やかさがある。タレの粘度が低くサラサラ系なところもスッキリした味わいでグッド。軽めに食べたい人にとってはローソンよりもこちらかもしれない。角煮でもシバくかという気分の時には最適である。

・追い詰められたセブンイレブン

肉のローソン、タレのファミリーマート。角煮における、活路2つはすでにおさえられたと言っても過言ではない。というか事実、これに価格分の満足感を与えるならどういう部分で差をつければいいのだろうか。レフェリーとして端から見ている私ですら想像がつかない。絶対絶命である。

だが、王者「金の豚角煮」は動かない。その表情には悲愴な決意を表すようにタレがにじむ。受けて立つというのか? ならば私も止めはすまい。ひと思いに食べてみた結果……

こ、この肉は……!

脂と身のバランスが最高だ!!

噛むとトロけるコラーゲン。しかし、決して脂だけではなく、ホロホロとした肉の食感も混じり、バラ肉の旨みが口の中で弾ける。豚さんや! 豚さんパラダイスやァァァアアア!!

タレの味は若干薄めの甘口なのだが、それが豚の旨みをさらに強く意識させるのかもしれない。このバランスの良さはさすが王者。60円高いことにも納得である

・群雄割拠

見事、背水の陣を切り抜けたセブンイレブン。「金の豚角煮」はまごうことなきコンビニ角煮界の王者と言える。しかし、正直、ここまで個性豊かな激闘になるとは思ってもみなかった。3社とも天晴なり。角煮好きはぜひ1度群雄割拠のコンビニ角煮の味を確認してみてくれ!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。