【夏】松屋『豚キムチ定食』を食べてみた! こってり辛ウマでビールがほしくなる~!!

なんでも、あの松屋はキムチまで作っているらしい。一体全体、どこを目指しているんだ松屋よ! 2020年8月25日、松屋が『豚キムチ定食』『豚キムチ丼』の販売を開始。このメニューに、その自社製キムチを使用しているとのこと。

かねてより松屋はカレー屋であると思っていたが、そのうちキムチ専門店でも展開するつもりだろうか。面白い会社だなあ。そんなことを考えながら食べてみたところ、コッテリしており辛くてウマい。いやはや、なんと言うか夏だね!!

・松屋の気合いとコダワリ

自社工場で製造しているという “松屋特製のキムチ” は、国産野菜にこだわっているらしい。そう言えば松屋は、小鉢でキムチを出していたりするもんな。豚キムチ定食(税込730円)・豚キムチ丼(650円)ともに、このキムチほか特製タレを絡め、鉄板で焼き上げている。

記者は豚キムチ定食を選択。生卵もしくは半熟卵の好きな方をトッピングできるというので、生卵にしてみたぞ。ちなみに、豚キムチ定食もしくは豚キムチ丼を注文した人は、9月8日10時までライス大盛りが無料らしい。

さて、ものの数分で「○○番のお客様~」との声がかかった。相変わらず、出来上がりが早いな!

・ニンニクの芽ウマし

トレイに乗った豚キムチ定食は、とにかく赤い。辛そうな赤ではなく、濃厚そうな赤だ。口に入れてみると想像通り、コッテリ! そしてピリ辛!! 濃い目の味付けで、ビールがほしくなること請け合いだ。すぐさまビールを追加注文しようとしたが、昼から仕事もあるしな……とめずらしく理性が働いた記者。

かわりと言ってはナンだが、白米をかっ込み、お茶をグビッと飲み干した。うん、ウマい。1枚1枚が大きい豚肩ロース肉も食べ応えがあり、とても良し。何より良い働きをしているのが、ニンニクの芽だ。ブワッと広がるニンニクの香りがタマラナイ!! 

生卵を混ぜ混ぜすると、マイルドな辛味に変化し、これもまた美味しい。全体的にガッツリとしており、今の時期にこれ以上ない程ピッタリである。夏を感じる味だ。いやぁ~~~たまらなくビールが飲みたい……次は夜に食べに来ることにしよう。

参考リンク:松屋
Report:K.Masami
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【限界突破】そうめんの本当にウマい茹で時間が知りたい → 45秒から最短5秒まで試してみた結果…

イエーーーーイ! 好き好きそうめん大好きィィィイイイ!! 夏と言えば、ビール? かき氷? 冷やし中華? どれもウマいに違いないが、やっぱり夏と言えば「そうめん」っしょ! 日本の夏、キンチョーの夏、そうめんの夏!! NOそうめん、NOサマーだよネ☆

それはさておき、私、P.K.サンジュンはシャッキリ硬めのそうめんが好みなので、いつも表示時間よりマイナス30秒の通称「フミヤスタイル」でそうめんを茹でている……のだが! 本当にそうめんの美味しい茹で時間はマイナス30秒なのだろうか? もしかしたら……。

・もっと美味しいそうめんを求めて

「フミヤスタイル」とは、芸能界きってのそうめん好きとして知られる藤井フミヤさんが提唱した、そうめんの茹で方のことである。詳しくはこちらの記事をご覧いただきたいが、表示時間より30秒短く茹でることで そうめん本来のコシを楽しめる調理方法だ。

私の実家では「フミヤスタイル」の存在を知る前からフミヤスタイルを実践していたから、おそらく同様のご家庭は多いことだろう。とはいえ、例えば1分半の茹で時間を半分にまでする勇気はなかなかないハズ。そんな無謀なことして食べられなかったときのリスクを考えれば致し方あるまい。

だがしかし、だからこそ「実はもっと茹で時間が短い方が美味しい可能性」が残されているのではなかろうか? 全ては大好きなそうめんをもっともっと美味しく食べるため──。というわけで、45秒から5秒まで6パターンの茹で方を試してみることにした。

使用するそうめんは、ご存じ揖保乃糸(いぼのいと)。パッケージに茹で時間は「1分半~2分」と書かれているので、1分ジャストがフミヤスタイルということになる。

今回は揖保乃糸1束(50グラム)をぐらぐらの熱湯の中に放り込み、それぞれ「45秒」「30秒」「20秒」「15秒」「10秒」「5秒」で茹でてから水で締めて食べてみることにした。さっそく以下で結果を発表しよう。

・その1: 45秒

ハッキリ言って激ウマの一言。なんなら「フミヤスタイル」を超えているかもしれない。プツプツと歯切れはよく、しゃっきりとしたコシも十分に堪能できる。言うなれば、そうめん版のアルデンテ。なめらかさにはやや欠けるものの、総合力ではフミヤスタイルにヒケを取らない。

・その2: 30秒

トータル的には悪くない。当然ながら歯ごたえはかなりのもので、例えるならば博多ラーメンで言うところの「硬め」に相当する。食べていると奥の方に「乾麺だった頃の記憶」を感じさせる味わい。超硬め派の人ならば、これくらいでもいいのかも。

・その3: 20秒

人によっては「食べられない」という人も出てきそう。これくらいになると塩分が抜けきっておらず、ややしょっぱい。とはいえ、個人的には食べられないことはなく、人によってはハマる可能性もある。博多ラーメンなら「バリカタ」くらいかな?

・その4: 15秒

硬めが好きな私でも、これくらいになってくると流石に硬い。食べられないことはないが、美味しいとは思えなかった。いわゆる「針金」級なのだろうが、ラーメンとは違ってスープが温かくないので結構きついかもしれない。

・その5: 10秒

ギリギリ食べられる……が、食べられない人もいるハズ。ここまで来ると「冷静と情熱のあいだ」ならぬ「小麦粉と麺のあいだ」という感じで、粉っぽさもかなり強め。博多ラーメンでいうところの「粉落とし」だろうか。

・その6: 5秒

普通の人には食べられない。その後、お腹が痛くなったりはしていないが、おそらくお腹が弱い人だと危険。「湯気通し」と言えば聞こえはいいが、基本的には生である。先述のようにラーメンとは違って「温かいスープ補正」がないので、食べない方がヨロシ。

というわけで、個人的には「45秒」がかなりオススメだ。ただし、今回はたっぷりのお湯に50グラムのそうめんしか投入していないので、これが4~5束一気に茹でるとなると、茹で時間は気持ち長い方がいいのかもしれない。

また、上述の通り「5秒」は食べられなかったが、逆に言うと「10秒」からはギリ食べられたことになる。もちろん推奨するワケではないが、個人的には揖保乃糸の限界は「10秒」と判断したい。言うまでもないが、もしお試しになる場合は自己責任で頼むゾ☆

蒸し暑い日が続き、いよいよそうめんの美味しい季節に入った日本列島。「そうめん美味しいんだけど飽きちゃったな~」なんてときは、ぜひ1度「茹で時間45秒」を試していただきたい。好き好きそうめん大好きィィィイイイ!

参考リンク:揖保乃糸
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

世界一の美食街「サン・セバスチャン」の魅力をソムリエが語ってみた

こんにちは。「旅×酒」をテーマに、美味しいお酒を求めて40ヶ国200都市を巡った吉川大智と申します。今まで多くのワイナリーや酒場を訪れましたが、ワインバーのマネージャーやバーテンダー歴もある私にとって、忘れられない場所があります。

そこは「世界一の美食街」として知られるスペインのサン・セバスチャン。あれほど心を奪われた素敵な場所は他にありません。

今回はサン・セバスチャンの魅力とバルでの楽しみ方に焦点を当てて、ご紹介していきます。

サン・セバスチャンってどんな街?

photo by daichi yoshikawa
サン・セバスチャンは、スペインの北部、バスク地方にある人口わずか18万人規模の小さな都市です。

フランスとの国境沿いで、ビスケー湾が見渡せる海沿いの街。首都のマドリッドからはバスで5,6時間程で到着します。

ここは世界一の美食街と呼ばれ、世界各国からグルメな美食家がこぞって訪れるいわば「食のテーマパーク」。ところせましと並ぶバルには多くの人が食事とワインを楽しんでいます。

リースナブルな価格でハイクオリティな料理を楽しめるので、常ににぎやかな街です。

photo by daichi yoshikawa

バルは、日本でいうところの「居酒屋」のような位置づけになります。高級レストランでもお酒だけを楽しむバーでもなく、気軽にサクッとつまんで飲めるカジュアルさが人気の1つ。

着席できるバルもありますが、スタンディング(立ち飲み)スタイルのバルが多いです。

現地のビールやワインを片手に、お店ごとに個性が出る独自の進化を遂げた小皿料理を楽しむのが定番。

photo by daichi yoshikawa
スペインと言えば、タパス(小皿料理)が有名ですが、その中でもサン・セバスチャンで生まれたのが「ピンチョス」。ピンチョスは串に刺さっていたり、バケットの上にのっていたり、さまざまな食材を組み合わせて趣向をこらした一品料理です。

フィンガーフードとしてカジュアルに楽しめ、またワインやビールがすすむ味付けがほとんどで、お酒が止まりません。

それぞれのお店によって個性あふれるこだわりのピンチョスを楽しむことができます。

実際にバルめぐりをしてみよう

photo by daichi yoshikawa
旧市街の近くに宿をとったら、さっそく街歩きです。サン・セバスチャンの街は小さく、一つの区画にたくさんのバルが密集しています。

世界的にも名が知れているバルや、『地球の歩き方』といったガイドブックにも載っている有名店はどこも常に満席。

大行列に並んで人気店を攻めるのもいいですが、散歩がてらいろいろとバルを見て、雰囲気が良さそうでスペースがあいていれば、そこにふらっと立ち寄るスタイルのほうが結果的にたくさんのバルを回りながら楽しめます。

photo by daichi yoshikawa

終始混んでいるバーは、ランチタイムやディナータイムを避けて、15時〜17時位の時間に行くと、割と空いているときもあるので、そこの時間に狙っていくのがオススメです。

バルめぐりでの心得は特に以下のふたつ。

①1日3~4軒はしごしよう

photo by daichi yoshikawa
スタンディングバーでの醍醐味はさくっと2,3品つまんで飲んで、あくまでもスマートにでること。気の合う友人がいればおしゃべりしながら楽しむのも良いですが、もしひとり旅なら長居は禁物。

1軒目は冷たい生ビールとピンチョス、2軒目はCAVA(スペイン産のスパークリングワイン)と生ハム、3軒目は白ワインと魚介のマリネ…などと、バルによってタパスが充実している店とワインが充実している店と個性が違うので、「その店のオススメ」をいただくのが良いでしょう。

②ワインと食事の「ペアリング」を楽しもう

photo by daichi yoshikawa
ワインと食事には「マリアージュ」「ペアリング」という概念があります。それは「唐揚げ×ハイボール」や「ガトーショコラ×ホットコーヒー」といった口の中で合わさることによって「より美味しい!」と感じられる組み合わせを言います。

ペアリングなんてよくわからない!という方も多いと思いますが、「タパスに合うもの、なにかください!」と言えば店員さんがいろいろともってきてくれます。

アンチョビとイカのソテー、タコのガリシア風、ウニのクリームコロッケ、イベリコ豚のロースト、フォアグラのバルサミコソテーバケット乗せ、スパニッシュチーズオムレツ…。

と紹介すると枚挙にいとまがないですが、家庭でもできそうでできない一品料理を、「すこしずつ」楽しめるのが、スペインバルの良いところです。

バスク地方名産のワイン「チャコリ」を飲もう

サン・セバスチャンがあるバスク地方では、「チャコリ」というワインが有名です。これは弱発泡の低アルコールのワインで、幅広い食事に合わせやすく、飲み口もさっぱりとしていて非常に飲みやすいです。

香りを立たせるために、高いところからグラスに音を立てて注ぐのが主流です。ワインをこのように派手に注ぐのはスペインのチャコリだけなので、ぜひオーダーしてみてください。

photo by daichi yoshikawa
フレッシュでフルーティなアロマを感じる白ワインなので、魚介類を使ったピンチョスや、カルパッチョ、チーズ盛り、タコのガーリックソテー、パエリアやアヒージョなどと合わせてもよいでしょう。

ビールが苦手な方は食前酒として飲まれる方も多いです。ワイングラスに注いでくれるお店もありますが、分厚いビールグラスに勢いよく注いで出されることが多く、気取らないスタイルで飲めるのがとても良かったです。

お気に入りのバルを探そう

photo by daichi yoshikawa
サン・セバスチャンには、旧市街を中心に100軒以上のバルがあります。1日3軒毎日回ったとしても、1ヶ月でも足りないくらい多くの店が軒を連ねているのです。

ガイドブックに載っている有名店をまわるのもいいですが、まずはふらっと街歩きをして、直感を信じてビビっときたお店に勇気を出して入ってみましょう。

そしてバーカウンターに並んだ色とりどりのピンチョスと美味しいお酒を楽しんでみてください。

店員さんも英語を話せる人が多く、オススメのピンチョスやワインをたくさん持ってきてくれますよ!

旅をテーマにした総合WEBメディアとして、TABIPPO.NETがフルリニューアル。これからの時代の、多様な旅を若者に提案します。「旅で世界を、もっと素敵に」をビジョンに掲げる株式会社TABIPPOが運営しています。