【ナメるな危険】ペヤング「ブラックスパイシーやきそばシーフード味」はアレが結構ヤバい

2020年8月24日、ペヤングの新商品『ブラックスパイシーやきそばシーフード味』がコンビニにて先行発売となった。ここ最近は「GIGAMAX納豆キムチ味」や「GIGAMAXガーリックパワー」などを展開していたことを思えば、比較的まともなメニューと言えるだろう。だがしかし……。

実際に『ブラックスパイシーやきそばシーフード味』を食べてみたところ、今回もある意味でまともな商品ではなかったことを申し上げておく。ハッキリ言って油断大敵。「シーフード焼きそばでしょ?」なんて思わずに、それなりの覚悟を決めて食べた方がいいハズだ。

・夏っぽい新商品

あの手この手で新商品を展開し続けるペヤングが、夏の終わりにぶち込んできた新メニューが、ペヤング『ブラックスパイシーやきそばシーフード味』である。夏とシーフードの親和性は良好だから、この時期にマッチしたカップやきそばと言えるだろう。

ペヤング公式サイトによれば『ブラックスパイシーやきそばシーフード味』は、以下のような商品らしい。

「風味豊かなシーフード具材と魚介の旨味がたっぷり詰まったソースに、ブラックペッパーのパンチの効いた刺激的な味わいがお楽しみいただける商品です」

……なるほど。説明を聞く限り、そこまでぶっ飛んだ商品ではないらしい。むしろ普段とは違う真っ黒なパッケージが最もインパクトがあるくらいだから、記者は「今回はおとなしめなのかな?」なんて油断していた。これが後に悲劇を招くことになる。

・黒コショウたっぷり

さて、ペヤング『ブラックスパイシーやきそばシーフード味』はメーカー希望小売価格税別205円。9月7日まではコンビニ限定発売となっている。作り方はいつものペヤングと変わらず、湯切りをしてからソースとスパイスをふりかければ完成だ。

特徴的なのはブラックペッパー、つまり黒コショウのボリュームである。麺を覆い尽くさんばかりのたっぷり黒コショウは、なかなかのインパクト。とはいえ、コショウは所詮コショウ。香辛料の中では辛さはさほど強くない……と思っていたのだが。

結構かれぇぇぇええええ!

そう「黒コショウなんて風味程度でしょ?」……なんて思うと痛い目に遭いかねないほど『ブラックスパイシーやきそばシーフード味』はしっかり辛い。口の中はもちろんのこと、お腹の中にも辛さの余韻が伝わるレベルの結構な辛さだ。

・苦手な人は食べ切れない辛さ

おそらく、コレは誰が食べても辛いと言うし、なんなら辛いものが苦手な人は食べ切れないレベルであろう。2020年2月に発売されたペヤング史上最強に辛い「獄激辛やきそば」が大ボスだとすれば、今回は序盤の中ボスくらいの辛さはある。一言、ナメるな危険、だ。

とはいえ、ただひたすら辛さが襲う「獄激辛やきそば」とは違って強いシーフードの旨味が後押ししてくれるため、記者はペロリと最後まで食べ切れた。パッケージだけ見ると怪しい雰囲気が漂っているが、辛いものが好きな人なら美味しく召し上がれるハズだ。

というわけで、ペヤング『ブラックスパイシーやきそばシーフード味』は辛さのレベルが結構ヤバい商品だから、ただのシーフードやきそばだと油断せず、気を引き締めてご賞味いただきたい。いいか、本当に結構辛いからな!

参照元:ペヤング公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

大阪王将の “中の人” に聞いた「焼き餃子のタレ」のアレンジがこちらです

「焼き餃子のタレ(味噌だれ+鉄ラー油):通は試しているはずの味噌だれと鉄ラー油の組み合わせ。鉄ラー油の鉄をたっぷりかけるのがポイント」

──いきなり結論を書いてしまったが、そういうことだ。卓上にある味噌だれと鉄ラー油をミックスし、割合的には鉄ラー油たっぷりが良い……ってことを大阪王将の “中の人” が教えてくれたので、みなさんに共有した次第である。話は以上。あとは各自やってみて欲しい。

……とは言ったものの、味噌ダレと鉄ラー油をミックスさせることに抵抗感を覚える人もいることだろう。そこで実際に試した私のオススメを補足的に紹介しておくならば、まずは鉄ラー油で食べてから、味噌ダレをちょいちょい足していくのが良いかと思う。

これなら、味を確認しながら自分好みの配合にすればいいだけ。失敗はない……はずだ。もちろん、味噌だれをベースに鉄ラー油をちょいちょい加えていくのもいい。

ちなみに、こちらの焼き餃子のタレアレンジは、大阪王将のTwitter担当の人のオススメらしいぞ。やり方だけを見たら、「ファミレスのドリンクバーでコーラとメロンソーダを混ぜるようなヤツやんけ」と思った人もいるかもしれないが、そんないい加減なものではない。

無料で簡単に出来るアレンジでありながら、餃子の楽しみ方の幅が広がるから試す価値は十分にある。重要なことなので繰り返すが、ポイントは鉄ラー油たっぷりかけることだ。

参考リンク:大阪王将、Twitter @osaka_ohsho
Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

★こちらもどうぞ → シリーズ「飲食店の “中の人” に お気に入り のアレンジを聞いてみた

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

京都で大人気の新感覚かき氷!エスプーマ、フルーツ&チーズ風味も「京氷菓 つらら」

行列のできるかき氷専門店

外観

JR二条駅から二条城とは反対方向の西に歩いて約10分、住宅街に佇むかき氷専門店です。京都では珍しく通年かき氷を楽しめます。

内観2

店内は清潔感のある和モダンな空間です。夏には行列ができるほどの人気ですが、暑い中を並ばずにすむよう、14日前からネット予約(https://airrsv.net/kyototsurara/calendar)ができるのでぜひ利用して下さいね。

ビターな抹茶にまろやかエスプーマ「抹茶マスカルポーネ」

まずは定番の「抹茶マスカルポーネ」(1,000円・税込)をいただきます。抹茶シロップには、京都府南部の和束町にある明治元年創業「東茶園」の抹茶をふんだんに使用しています。ふわふわのかき氷全体にシロップがまんべんなく染み込み、苦味が効いていて大人向けの味わい。抹茶好きにはたまりません!軽やかなミルクエスプーマがまろやかさを添えています。

抹茶マスカルポーネ2

マスカルポーネソースは濃厚なのかな?と思いきや、ほどよいコクはありつつも、わりとあっさりとしています。全体的にボリュームはありますが、お茶の風味を堪能できるさっぱりとした和のテイストです。中にはミルクシロップ、下には冷えた黒糖わらびもちが入っていて、仕上げに丹波黒豆きな粉をトッピング。最後まで飽きることなく楽しめます。

これからが旬!「イチジク山椒クリームチーズ」

イチジク1

「イチジクが出始めたので」と店長さんから伺い、二つ目は迷うことなく「イチジク山椒クリームチーズ」(1,300円・税込)に決めました。その時々で良いものを取り寄せ、今は京都府南部の山城町産のものを使っているそう。イチジクが手に入るまでは楽しめる季節限定です。

運ばれてくると、その想像を超えるボリュームにびっくり!クリームチーズソースにミルクエスプーマがてんこ盛り状態です。特に暑い日ではありましたが、撮影を始めると同時にどんどん溶けていきます。では、溶けてしまう前に早速いただきます!

イチジク2

クリームチーズソースはコクがあって濃厚です。上にも中にもたくさん盛り込まれたイチジクとシロップはしっかりと甘味があり、かき氷と一緒にバランスよく味わえます。中にはミルクシロップがかかっています。仕上げにトッピングされた山椒が京風味を添え、ピリッとアクセントに。ジューシーな果実の風味あふれる、スイーツ感たっぷりのかき氷を堪能できて大満足!

内観2

団扇が並んでいたので、芸舞妓さんにも人気なのでしょう。

メニュー

ほかにも「抹茶あずき」「ほうじ茶きなこ」「いちごマスカルポーネ」「いちごミルク」、季節限定で「瀬戸内レモンミルク」「ルバーブラッシー」など、乙女ゴコロをくすぐる魅力的なかき氷がたくさんあります。メニューはイラスト入りで何が入っているのか書かれているのでとってもわかりやすい。思わず全て制覇したくなってしまいます!かわいくておいしいかき氷でクールダウンしながら、なんとか夏を乗り切りましょう!

京氷菓 つらら
住所:京都市中京区西ノ京内畑町22
電話:075-811-3330(予約は下記URLでのみ受付)
7~9月の営業時間:平日 11:00〜19:00(最終受付18:30)
土日祝 10:30〜19:30(最終受付19:00)
定休日:7~9月は無休 10月~火曜
予約用URL:https://airrsv.net/kyototsurara/calendar
Instagram:https://www.instagram.com/kyoto.tsurara/
※新型コロナウイルスの影響で営業時間の変更や臨時休業の場合もあります。最新情報はお店までご確認下さい。

[All photos by ロザンベール葉]
Do not use images without permission.

~人生に旅心を~