【優勝】ミニストップ『ゴーゴーロースカツサンド』が最強すぎてずっと食べてたいので「いつまで売ってるのか」聞いてみた結果…

手軽に食べられるサンドイッチは時間がない時の強い味方。ただ、私(中澤)はいつも具を選ぶのに時間がかかってしまう。ガッツリしたカツサンドも食べたいけど卵サンドも捨てがたい。かと言って両方は多すぎるし、バラエティーパックみたいなのはボリュームが物足りない……。

なかなか納得できるバランスのサンドイッチが少ないのが実情だ。しかし、この度見つけた見つけてしまった! ミニストップで最強のサンドイッチを!!

・こんなサンドイッチ欲しかった

時は昨日2020年8月25日の深夜にさかのぼる。夕飯を食べていなかった私は近所のミニストップに出かけた。お腹は空いているが、ガッツリいけない時間帯である。そこでサンドイッチ1つを購入することにしたわけだ。

とは言え、こういうタイミングこそサンドイッチ選びは難航するもの。最初は卵サンドと決めていたのだが、実物を目にするとカツもちょっと食べたい。そんな時、目に飛び込んできたのが「ゴーゴーロースカツサンド(税抜き328円)」という商品

カツサンドと卵サンドのセットだと!?

しかも、カツは分厚いし卵サンドは輪切りのちょっとエエやつや

ピンポイントでストライクを取ってきた!! その精度は『おおきく振りかぶって』の三橋君なみではないか。キャッチャーミットにボールが吸い込まれるように即買い。税抜き328円という価格も内容に比べると安いと思う。

・ミニストップとゴーゴーカレーのコラボ商品

そこで調べてみたところ、どうやらこれはゴーゴーカレー監修のミニストップ新商品ラインナップの1つのようだ。リリース情報によると、“コンビニで食べられるゴーゴーカレー” をテーマにミニストップの各商品担当者がゴーゴーカレーを表現したラインナップとのこと。さっそくカツサンドを食べてみたところ……

ブリンッ

──! 噛んだ瞬間、肉が裂ける食感が伝わってくる!! さらに、ゴーゴーカレーの濃厚かつコク深いカレーソースの味もして肉々しいだけではない華やかさだ。ガツンと来るツーシームストレートである

もちろん、卵サンドにもカレーソースが入っているのだが、これも激ウマ。というか、組み合わせの妙で言うとこちらの方が上かもしれない

まろやかさの中からゴーゴーカレー味がどんどん花開き広がっていくのだ。その全てを受け止める懐の深い味は、見事速球系ピッチャーであるゴーゴーロースカツサンドの女房役をこなしている。

セットの内容といい、味といい、このサンドイッチは名バッテリーだ。これが税抜き328円って最強だろ。コンビニサンドイッチ甲子園優勝である

・展開期間

願わくばこのバッテリーをずっと見続けていたい。しかし、本商品は前述した通り、ゴーゴーカレーとミニストップのコラボだ。いつか展開が終了してしまうのだろうか? そこでミニストップに問い合わせてみたところ……

ミニストップ「9月8日に『ゴーゴーカレー監修』の第2弾が発売されるんですが、その頃はまだあります。商品によって期間がちょっと違うんですが、おおむね1カ月というところですかね」

──ゴーゴーロースカツサンドはいつまでですか

ミニストップ「こちらの商品は5週ですね」

──5週と言うと、8月25日発売なので9月21日までですね

ミニストップ「はい。ただ、それはデータ上のことで、ミニストップでは毎週新商品が出るので、よほど売れている商品でなければ新商品の入荷の方が多くなります。そのため、発売から時間が経つと店が入荷しないケースも出てきます。大体2~3週目までは入荷はされているかと思いますが」

──とのこと。なお、第2弾のラインナップは「ゴーゴードライカレー(税抜き420円)」「ゴーゴーカレーうどん(税抜き550円)」「ゴーゴーカレーチキンカツ(税抜き350円)」「ゴーゴーカレーパン(税抜き148円)」の4つで、こちらもおおむね1カ月の展開予定。

正直、「ゴーゴーロースカツサンド」はレギュラー商品にして欲しい。そう思っている私としては、やはり期間限定だったことは非常に残念だが、少なくともあと2~3週間は味わえそうだ。取り扱い期間伸びるくらい買いたい。

参照元:ミニストップ
Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ローソン『のびーる求肥(ぎゅうひ)のパン』がマジで伸びすぎィ! トルコアイスも白旗を挙げるレベル / なぜこんなに伸びるのかその秘密を聞いてみた

ハンバーガーを買ったら見本の写真と全然違った! みなさんもそんな経験を一度や二度、いや100回くらいはしているのではないだろうか? 私は見本の写真や商品キャッチコピーなんて話半分くらいで聞いていたらいいと思っていたが、この度、名前以上の実力を持つパンに出会ってしまった。

それはローソンの「のびーる求肥(ぎゅうひ)のパン」。ハイハイ、中に入っている求肥がモチモチって言いたいのね。40%オフくらいの気持ちで見ていたら、とんでもなかった。マジのマジで伸び~~~る! トルコアイスも白旗を挙げるレベルの伸び具合だったのだ!

・「のびーる求肥のパン」を伸ばした結果

この『のびーる求肥のパン(加賀棒茶クリーム)』はローソンと金沢商業高校が共同開発して誕生したパンだそうだ。ああ、金沢! だから加賀棒茶クリームなのか。

和菓子に使われる求肥(ぎゅうひ)、加賀棒茶クリームがコッペパンにサンドされているという。ほうじ茶味のお菓子って流行ったよね、間違いない組み合わせで美味しそうだ。だがこのパンのウリは棒茶だけではなかった。ちぎるとかなり伸びるというのだ。

「ちぎってみまっし」の誘い文句を受けてたち、動画を撮影しながらちぎってみたところ……

伸びる、伸びる、伸びーーーーる!

え、え、え、まだ伸びるの!?

ちょ! 伸びすぎてフレームアウト!!!! 誰か助けてーーーーーーッ! 

伸びすぎて不安になったところで、求肥はようやくちぎれはじめ落下したのだった。その長さなんと約20cm! 信じられない。この求肥、いったい何者なんだ!?

・ローソンに聞いてみた!

原材料などを見る限り、特に変わった点はない。何か特別な製法なのだろうか。気になったのでローソンの広報に尋ねてみたところ、開発担当の方に確認してもらえることになった。果たして、求肥の秘密はというと……

「実は成分や製法に特に変わったことは無いようです」

エッッッッッッ!

──では、なぜあんなに伸びるのでしょうか? これまでに求肥入りのお菓子やパンは食べたことはあるが、どう考えても尋常じゃない伸び方なのですが。

ローソン「今回は薄く平たいシート形状で、ベーカリーなので常温で保存しているため、求肥本来の伸びるポテンシャルが最大限発揮されています」

ローソン「あと、求肥はあんことの組み合わせが多いのですが、その場合、あんこの水分が求肥に移り、食感は柔らかくなる一方で伸びづらくなるそうです。今回は加賀棒茶クリームと組み合わせており、水分がそこまで多くないことも要因の一つになっているとのことでした」

そうだったのか! つまり、『のびーる求肥のパン(加賀棒茶クリーム)』は絶妙な温度、絶妙な水分量であるがゆえ、求肥本来の“伸びるチカラ”が発揮されたということなのだ。

ローソン「なかなか驚きの製法などではなく……すみません」

いやいやとんでもない。いままで知らなかった求肥の姿を見せてもらいました! 何者にも影響されない……これが本来の求肥姿と言ってもいいかもしれない。

・買える場所はココ

この『のびーる求肥のパン(加賀棒茶クリーム)』は税抜130円で、中部エリア限定発売だという。具体的にいうと静岡県、愛知県、岐阜県、三重県、富山県、石川県、福井県の一部の店舗をのぞくローソンで販売中だ。驚きの求肥パワーを目の当たりにしたい人は、ぜひゲットしてみよう。

Report:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【コストコの達人】特大「ヤムウンセン」がコスパ最高! ただし、ただし、ただし…

会員ならばご存じかと思うが、コストコは意外と攻めた商品が多い。「これどこに置くんだよ!」「いくつ売れるんだよ!!」的な馬鹿デカい遊具のことではなく、大人気の総菜コーナーの話である。

例えば以前の記事でご紹介した「台湾まぜそば」はコストコらしからぬメニューの代表格であろう。そして最近登場した『ヤムウンセン』もコストコとはあまり親和性のないメニューである。ところがどっこい、コスパは最高! ただし、ただし、ただし……!!

・ヤムウンセンとは

『ヤムウンセン』と聞いて何のことかわかる人は、なかなかのタイ料理通といえよう。ヤムウンセンの “ヤム” はタイ語で「あえる」という意味。“ウンセン” は「春雨」を指す言葉で、簡単にいうと「タイ風 春雨サラダ」のことである。

このヤムウンセン、日本ではかなりポピュラーなタイ料理の1つで、ネームバリュー的には、トムヤムクン・ガパオ・パッタイ・カオマンガイに次ぐ知名度を誇っているのではなかろうか? タイ料理屋に出かけたら「とりあえずヤムウンセン」という人も少なくないハズだ。

とはいえ、所詮は私(P.K.サンジュン)を含むタイ料理大好きっ子たちに通じる話で、一般的にはまだまだ『ヤムウンセン』の知名度は低いことだろう。その『ヤムウンセン』がコストコの総菜になるとは……! いちタイ料理ファンとして涙を禁じ得ない。

だもんで、コストコで『ヤムウンセン』を発見してしまったからには、当然のように購入することが私の宿命(さだめ)──。どうかコストコのヤムウンセンが超絶美味しくて、これをきっかけに多くの人に知ってもらえますように……!! 頼むぞ、コストコのヤムウンセン。

・早くもコスパは最高

で、コストコの『ヤムウンセン』の重量はズッシリ重い850グラム。価格は税込1180円だ。ここで注目して欲しいのは、ボリュームと価格のコスパの良さ。ぶっちゃけ、タイ料理屋のヤムウンセンはさほど多くなく、価格も普通に1000円くらいはする。店で出てくる3~4倍の量でこの価格なら、この時点でお得感はエゲツない

とはいえ、大切なのは味。私はタイを、タイ料理を、そしてヤムウンセンを愛している。故にここはビシッと厳しくジャッジしようではないか。ボリュームと価格は高得点として、具の方はというと……!

これがすっごいッッッ!!

とにかく目を引くのが「エビ」の量である。知らない人が食べたら「エビのサラダ?」と勘違いしかねないほど、エビは超ボリューミー。私は自分でもヤムウンセンを作るのだが、この価格でこの量のエビは入れられない。悔しいが自分で作るよりも安いハズだ。

・コスパは最高なんだけど…

このボリューム、この価格、このエビの量……! 「コストコのヤムウンセン最強ォォォオオオ!!」……と言いたいところだが、残念ながらそうは問屋が卸さなかった。なぜならば問題は味。コストコのヤムウンセンは決して美味しくないワケではない。いや、むしろ美味しい。ただこれって……

普通の春雨サラダやん。

そうなのだ。商品名こそ『ヤムウンセン』を名乗っているが、正直これは『ヤムウンセン』ではない。名付けるなら「プチエスニック春雨サラダ」くらいだろうか? 柑橘系の酸味、スイートチリソースの甘辛さ、クセのあるナンプラーの塩分、そしてニンニク……これら全てが足りていない。

・味を整えてから食べよう

なので、本格的なヤムウンセンがお好みの人は、これらの調味料を追加し、味を整えてから食べるといいだろう。逆にそのままならタイ料理が苦手な人でも余裕で食べられるハズ。そういう意味でコストコの『ヤムウンセン』は、かなり万人受けする味であることは間違いない。

というワケで、コストコの『ヤムウンセン』は「美味しいしコスパも最高にいいけどヤムウンセンじゃない」ということになる。繰り返しになるが、本格的なヤムウンセンがお好みの人は味を整えてから食べることをお忘れなく。

オススメ度(☆5中): ☆☆☆☆(買って後悔しない)
また買う度(☆5中): ☆☆☆☆☆(味を整えれば問題なし)
オススメシチュエーション: 1家族でも十分に完食可能。2日で食べ切れる。

参考リンク:コストコ公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。