【日本の美味探訪】心に残る北海道のご当地グルメ3選

北海道のおいしいものとは?

国内の旅先でも、常にトップクラスの人気の北海道。夏の爽やかな気候、秋の見事な紅葉、冬の雪景色など見所満載ですが、おいしい食材の宝庫なのも大きな魅力。北海道グルメはたくさんありますが、あなたがおさえておくべき美味とは?

北海道全域

「ジンギスカン」北海道民のソウルフード

ジンギスカン

(C) Luke W. Choi / Shutterstock.com

ジンギスカンは、ラムやマトンなど羊肉を野菜と一緒に焼いて味わう北海道の郷土料理。中央が山のように盛り上がった、兜(かぶと)のような専用鍋は、羊の溶けた脂が流れ落ち、縁に置いた野菜が脂の旨味を吸い込むように工夫されています。北海道民はジンギスカン専用の鍋を持っており、自宅で楽しむ家庭も多いです。

羊肉というと臭みがあるのではと思いがちですが、柔らかく甘くジューシー。クセも臭みもなく、おいしさに驚くはずです。ジンギスカンとよく冷えたビールとの相性は最高。

【食べられるところ】
札幌市「成吉思汗 だるま 本店」 https://sapporo-jingisukan.info/
札幌市「サッポロビール園」 https://www.sapporo-bier-garten.jp
滝川市「松尾ジンギスカン」https://www.matsuo1956.jp
など

函館市

「イカそうめん」透き通った美しさにウットリ

いかそうめん

写真提供:(一社)函館国際観光コンベンション協会

函館といえば、函館山から見た夜景は必見。夜の海にイカ釣船の漁火が灯り、なんともやさしく、美しい光景です。「イカの町」と呼ばれる函館では、透き通る新鮮なイカをいただきましょう。

水揚げされた真イカ(スルメイカ)を、そうめんのように細く切った「イカそうめん」の美しさに感激。北海道の人は透き通った新鮮なイカしか食べないと聞いて、うらやましく思ったものです。透明のイカは歯ごたえがあり、口の中に甘みと旨味が広がります。6月〜11月頃までは真イカ、12~5月頃まではヤリイカと、函館では1年中イカが楽しめます。函館朝市では、イカ釣りができる釣り堀があり、釣ったイカをその場でさばいてくれるそうですよ。

【食べられるところ】
函館朝市 http://www.hakodate-asaichi.com
はこだて自由市場 http://hakodate-jiyuichiba.com
函館朝市えきに市場 http://www.asaichi.ne.jp/ekini/
など

帯広市

「豚丼」ボリュームどーんと名物どんぶり

豚丼

豚丼

「十勝の食料自給率は約1,100%」と言われ、人口の11倍、約400万人の食を支えている、日本最大の食料基地。養豚が盛んな帯広のご当地グルメは、甘辛いタレを豚ロース肉に絡めて焼いた、柔らかい「豚丼」。

蓋が閉まらないほどのボリュームがある丼は、大輪の花が開いたような豚ロース肉がたっぷり。帯広市内には、豚丼が食べられるお店が200軒以上もあるそうで、近年は豚丼目当ての観光客も多く訪れます。秘伝の甘辛いタレがしみた豚丼は、一度食べたら病みつきに。お店によって、タレの味にこだわりがあり、焼き加減が違うので、食べ比べも楽しみです。

【食べられるところ】
ぶたいち 帯広本店 http://www.obihiro-butaichi.com
はなとかち http://hanatokachi.com
元祖豚丼のぱんちょう  http://obikan.jp/post_spot/955/
など

参考記事
十勝観光連盟公式サイト

今回は、北海道のご当地グルメの一部をご紹介しました。ご当地グルメには、各地の名産や文化が詰まっています。ぜひ、旅の思い出に味わってください。まだ出かけるのが不安というあなたは、通販で取り寄せできるお店もありますから、ご自宅で楽しむのもいいかもしれませんね。

注意:2020年8月現在の情報になりますので、店内での飲食ほか詳細につきましては、直接店舗へお問い合わせください。

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

成田空港国際線のJALファーストクラスラウンジがリニューアルOPEN



(c) JAPAN AIRLINES

JALが運営するすべてのラウンジの中で最高峰のサービスを提供する「ファーストクラスラウンジ」は、空港利用者の憧れの存在。成田空港の第2旅客ターミナル本館4階にある、国際線最上級ラウンジのJALファーストクラスラウンジが、2019年4月1日よりリニューアルオープンします。それにあわせて、食事サービスも一新するのだとか。なかなか垣間見ることのできないファーストクラスラウンジの様子を、新メニューとともにご紹介いたします。

デザインコンセプトは「モダンジャパニーズ」

コンセプトは「モダンジャパニーズ」

(c) JAPAN AIRLINES

2018年11月の工事スタート以来、再オープンが待ち望まれていた本館4階のファーストクラスラウンジ。「モダンジャパニーズ」というコンセプトのもとでこのデザインを手がけたのは、日本を代表するインテリアデザイナー小坂竜氏です。マンダリン オリエンタル東京のメインダイニングや新丸ビルの環境デザインなどを手掛けた小坂氏だけあり、このJALファーストクラスラウンジも上品で洗練された落ち着きと、バラエティに富んだ空間展開を実現しています。フライトまでのひと時を、落ち着いた気分で過ごすことができそうです。

初のラーメン導入も。魅力的なメニュー

和御膳(朝)

(c) JAPAN AIRLINES

サラダプレート

(c) JAPAN AIRLINES

リニューアル前からの人気メニューを楽しめるビュッフェスタイルに加えて、ラウンジスタッフが目の前で取り分けるカウンタースタイルの「JAL’s Table」が、今回のリニューアルから新たに導入されます。2014年から日本航空のラウンジのテーブルコーディネートを担当する、テーブルコーディネーターの山本侑貴子さんが手掛けた「和御膳」や「サラダプレート」などなど、多彩なお料理が楽しめるのだとか。

そして、かねてよりリクエストが多かったというラーメンも、新たに2種類ラウンジメニューに加わります。そのうちのひとつは、東京を代表する人気らーめん店「阿夫利」の「柚子塩らーめん」。日本らしさを感じられる柚子の香りとあっさりとした塩味の効いたスープが特徴のラーメンは、旅立ち前の腹ごしらえにぴったりですね。

JAL特製豚骨ラーメン

(c) JAPAN AIRLINES

2品目は、「JAL特製豚骨ラーメン」。濃厚な豚骨スープに「特製辛味噌」と「辛子高菜」を加え、スパイシーな味わいが楽しめるJAL特製ラーメンなのだとか。限定グルメ好きにはたまらない、機会があるならぜひ試してみたい一品です。

「鮨 鶴亭」では、熟練の職人のお寿司が楽しめる。

(c) JAPAN AIRLINES

「鮨 鶴亭」では、熟練の職人のお寿司が楽しめる。

(c) JAPAN AIRLINES

更に、新設される寿司の専用カウンター「鮨 鶴亭」で、ゲストの目の前で寿司職人がお寿司を握ってくれるサービスも。季節ごとに用意される3種類の日本酒や、ワインやローランペリエのシャンパンも同時に楽しめるなのだとか。ついつい長居しそうなので、フライトの時間を忘れないように気をつけないといけませんね。

■提供時間:07:30~12:30、15:00~20:00

身だしなみは足元から。シューシャインサービス

シューシャインサービスで足元の身だしなみも整えられます。

(c) JAPAN AIRLINES

リニューアル前から本館3階のファーストクラスラウンジなどで好評だったJALの靴磨きサービス。英国の高級靴メーカーJOHN LOBB(ジョン ロブ)社とのコラボレーションによるシューシャインサービスが、今回リニューアルされた本館4階のこちらでも期間限定で利用できます。海外への渡航がビジネスの場合、身だしなみも重要ですからね。プロの手で磨き上げられた靴で出発できたら、足取りも軽くなりそうです。

■提供時間
07:30~12:30 ※午前最終受付 12:15
15:00~20:00 ※午後最終受付 19:45
本館4階でのシューシャインサービスの提供は、2019年4月1日より開始予定の本館3階のJALファーストクラスラウンジエリアの改修工事が完了するまでの期間限定。当工事期間中、本館3階のJALファーストクラスラウンジエリアは閉鎖予定。

リニューアルオープンするJALファーストクラスラウンジのご紹介、いかがでしたでしょうか。とても快適そうなので、いつかぜひ利用してみたいですね。

[成田空港国際線JALファーストクラスラウンジをリニューアル~ラウンジで初めてラーメンの提供を開始~]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【スイーツ】プリン好きに超朗報! カフェバー「DEPOT」の500円のプリンが悶えるほど美味い!!

最近の純喫茶ブームで、どこに行っても美味しいプリンに出会うことができる。プリン好きにとっては大変喜ばしいことだ。そういう私(佐藤)はもちろんプリン好き! スイーツのなかでダントツナンバーワンはプリンだ、プリンしかない!! プリンさえ食っていれば、ずーーーっと上機嫌だ。

私と同じようにプリンを愛する人にオススメしたい商品がある。当然プリンだ。2020年8月3日、東京駅構内にオープンしたカフェバー『DEPOT(デポ)』の「懐かしほろ苦プリン」が見た目も味も最上級なんだよ! コレを食ってくれ!! きっと気に入るはずなんだ!

・ノスタルジックなお店

このお店は、エキナカ商業施設「グランスタ東京」の開業に伴い、グランスタ地下北の新改札口を出てすぐのところにお目見えした。出来てまだ日が浅いのに、そのたたずまいは老舗カフェようだ。「ノスタルジックバー & カフェ」をコンセプトにしており、レトロでモダンな雰囲気を醸している。

店構えだけでなくメニューもこだわっていて、ビールは昭和のレトロサーバーを採用。コーヒーは自社ブランドの焙煎豆を使用している。食事は純喫茶定番のナポリタンやミートソースのスパゲティがあり、デザートにはプリン、シベリア、コーヒーゼリーアラモードなど古き良き昭和の喫茶文化を踏襲している。

入店すると先に会計を行う。今回はプリン(税込500円)とシベリア(税込500円)、それにコーヒー(税込420円)をホットで注文した。

・シベリアがある!

プリンを食う! そう決めてここに来たが、まさかシベリアがあるとは思わなかった。シベリアといえば、パン屋で見かけるあの三角形の菓子パンだ。それがまさかカフェで食べられるなんて思ってもいなかった。しかも、たっぷり餡子に生クリームだって!? これを頼まない訳にはいかないだろ。

可愛らしい見た目だが、味は昭和を感じさせる。ザラメ(砂糖)の効いたスポンジと餡子の組み合わせは、一瞬で私の中の少年を目覚めさせた。幼い頃、祖母の家の近くで毎週土曜夜市が開かれていた。あの商店街にあった洋菓子店の光景が脳裏によみがえってくる。まさにノスタルジック。お店の雰囲気だけではなく、料理の味でも見事に昭和レトロを再現している。

・トップ10に入る味

シベリアに感動している場合じゃない! 本日の主役はプリンだ! 見てくれよ、このプリンを! 見た目が最高なんだよ!! 器の中でたっぷりのカラメルソースを浴びて鎮座する様子は、神々しくさえ思える。思わず「プリン様~!」、そう呼びたくもなる。

プリンは丸いのが定番だが、四角くてもいいじゃないか。なんとなく「硬派」な印象を受けるのは気のせいだろうか? 「押忍!」とあいさつする角刈りの青年、このプリンがそんな風に見えてくる。とにかく形は問題じゃない、味で勝負だ。人もルックスではなく、中身で勝負するだろ。それと同じだよ! ……違うか。

固いプリンかと思いきや、これは固すぎず、柔らかすぎない。ねっとりとした食感で、食べると口のなかに生地がまとわりつく感じ。ねっとりだ。

ウマい! めっちゃウマい!! 我がプリン人生において、トップ10に入るレベルの美味しさ。それが500円だから、コスパもかなり高いぞ! これはリピート確定だ。東京駅に行く機会は割とあるので、そのたびお店に寄ってプリンを食おう! とにかくプリン好きは要チェックやで!!

・今回訪問した店舗の情報

店名 DEPOT(デポ)
住所 東京都千代田区丸の内一丁目9番1号(JR東日本 東京駅 地下1階 グランスタ東京)
時間 7:00~22:00
定休日 なし(施設に準ずる)

参照元:DEPOT
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。