【肉】ロイヤルホスト系列のステーキレストラン「カウボーイ家族」で1ポンドステーキを食ってみた!

「練馬区」というと、東京23区のなかでも田舎っぽい扱いを受けることが多い。しかし私(佐藤)は最近見直している。なぜなら郊外型の飲食店が多く、家族層は住みやすいのではないかと見ているからだ。

有名チェーンが数多く練馬区に出店しており、「カウボーイ家族」もそんなお店の1つ。実際に利用して1ポンドステーキを食べてみたところ、ステーキに欠くことのできないアレがとてもよかったぞ!

・感染予防対策

カウボーイ家族はロイヤルホスト株式会社が運営を行う、サラダバーのあるステーキレストランだ。このコロナ禍で、強みのサラダバーを2020年6月11日まで休止していた。再開後は安全管理を徹底するため利用客に手指消毒とマスク・手袋の着用をお願いし、食べ放題に含まれるライスは、スタッフが運ぶ形式に変更している

それでも経営状況は思わしくないようで、8月31日をもって関東・関西の計7店舗を閉店することが決まっている

・屋根の上に牛

私が今回訪ねたのは練馬区石神井店。屋根に乗っている「牛」が目印のお店である。

遠くを見る牛の目が悲しそうに見えるのは、気のせいだろうか? ……気のせいだな、うん

・1ポンドステーキ!!

さて、ここで食うのはもちろん肉だ。それも重量のある肉! 1ポンド(450グラム)ぐらいがちょうどイイ! ということで、今日は「カウボーイステーキ」の1ポンド(税別2550円)にサラダバー(ライス含む、税別499円)、さらにドリンクバー(税別180円)を注文した。夏も終わりに近づいているけど、まだまだスタミナをつけたるぞ~!

肉を待つ間に野菜でもつまんでおこうと思い、サラダバーに行ってみると衛生管理がしっかりしていることがよくわかった。トングの柄が長く、食べ物をとる時でも顔が近づく心配がない。

さらに、サラダバーの上にはアクリルカバーが備えられており、仮に飛沫が飛んだとしても、食べ物に降りかかるのを防いでいる。かなり安心してサラダを取り分けることができた。

前菜のサラダをつまんで待っていると、鉄板に乗ってやってきた! 重量級のステーキがっ!!

いいねえ!! 鉄板を覆う肉の塊。まさにアメリカを彷彿(ほうふつ)させるワイルドなルックス。「カウボーイ」って感じがしてるぞ。

厚さは推定2センチ。肉の表面から肉汁がじわじわと溢れ出ている。イイぞ、イイ! ヒーハーッ!! アメリカに行ったことないし、カウボーイに会ったこともないけど、私の中のアメリカとこの肉は完全に合致しているぞ。カウボーーーイッ!

何より、このお店が素晴らしいのは、ナイフがデカいことだ! しかも切れ味がちょうど良い。ステーキを食っていると時々すこぶる切れ味の悪いナイフに遭遇することがある。肉は旨いのにナイフが切れない。それだけで随分がっかりするもんだよ、マジで。その点、ここのは良い切れ味。食事がはかどるってもんだよ。

・肉好きは要チェック!

焼き加減はミディアムといったところだろうか。他のお店に比べると、ややしっかり焼いている感じがする。肉質は見た目よりもタンパクで、噛み応えがある。

いつものように肉をライスに乗っけて、即席ステーキ丼を堪能した。今回私は「デミバターソース」を選んでしまったが、和風オニオンソースやおろし大根ソースならさらにライスとの相性が良かったと思う。次は和風ソースを選ぼうと固く心に誓った次第だ。

店舗数はあまり多くないが、肉好きの皆さんはぜひチェックして欲しい。ナイフの切れ味には感動を覚えるはずである。よそのお店も、ココくらいデカいナイフを出してくれると良いんだけどなあ~……。まだまだコロナ収束には時間がかかりそうだが、がんばれカウボーイ家族!

・今回訪問した店舗の情報

店名 カウボーイ家族 練馬石神井店
住所 東京都練馬区下石神井2-3-2
時間 11:00~22:00(8月31日まで短縮営業中)
定休日 なし

参照元:カウボーイ家族
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【さすがセブン】冷食でこんな作り方するなんて! 千葉の有名店「とみ田」とコラボしたつけ麺が驚き、桃の木、山椒の木!!

群雄割拠のコンビニの中でも頭一つ抜けた存在のセブンイレブン。先日こそ7pay(セブンペイ)の不正アクセス問題で下手こいたが、オリジナルブランドの優秀さは誰もが認めるところだろう。そしてその中でも最上級のブランドが「セブンプレミアムゴールド(以下セプゴ)」だ。

上質な原料をこだわりの技術で仕上げる──つまり最強な訳だが、2019年7月9日からセプゴは新たな食品を冷食界にぶっこんできた。知る人ぞ知る千葉県松戸市の有名店「とみ田つけめん」とコラボしたものがそう。当編集部にサンプルが送られてきたので食べてみたら、まさか冷食でこんな作り方するなんて!!

・麺とスープを別々に調理

まずはスペックからお伝えしておくと、セプゴ&とみ田のコラボつけ麺は内容量420g。近年人気が上昇している魚介豚骨で、茹でた中華麺を使用しているようだ。

袋から中身を取り出すと、カチコチに凍ったスープとこれまたカチコチの具付き麺が入っていた。ともに電子レンジで調理する必要があって、別々はちょっと面倒だなぁ……と思うところだが、クオリティーを上げるためには通らなければいけない道なのだろう。

・袋のまま水切り可

さて、それでは冷食らしくササッと作ってみるとしよう。最初に具付き麺から解凍したのだが、ここに思わぬ仕掛けが施されていた。なんと袋に小さな穴がポツポツと空いていて、そこから麺を冷やして「水切りザル」として使用できるのだ。

上部は指定された線に沿って破るだけ。ハサミなどを使用と書いてあったものの、手でも難なく破ることができた。んで、せっかくなので、即席の水切りザルで麺を水道水を使って冷やしてみると……おっ、おっ、おおっ!

おっおっおっ( ^ω^)

おほほほっ〜(^ω^≡^ω^)

てな感じで、個人的に初の作り方だったので楽しく完成! このところ、つけ麺の冷凍食品を食べていないことで斬新に感じたが、まさかそのまま水切りまでできるなんて……ありそうでないアイデアに驚き、桃の木、山椒の木!!

・まるで店で食べているかのような味

スープの味は濃厚な魚介豚骨で、プリンッとした太めの縮れ麺との相性よし。別々で調理したからか、まるで店で食べているかのよう。このあたりのクオリティーはさすがセブン、そして有名店の「とみ田」といったところか。スープを加熱するだけで食べられて好印象だし、麺にもコシがあって満足度も高かった。

ちなみに同商品は、全国のセブンイレブンやイトーヨーカドー、ヨークマートで順次発売(千葉県から販売開始)していくとのことだ。値段は税別398円。冷凍食品でちょっと贅沢なつけ麺を食べたいなァ〜という時にイイかもしれない。

参考リンク:セブンプレミアムゴールド「とみ田つけめん」
Report:冷凍食品研究家・レンチン原田
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【日本の美味探訪】心に残る北海道のご当地グルメ3選

北海道のおいしいものとは?

国内の旅先でも、常にトップクラスの人気の北海道。夏の爽やかな気候、秋の見事な紅葉、冬の雪景色など見所満載ですが、おいしい食材の宝庫なのも大きな魅力。北海道グルメはたくさんありますが、あなたがおさえておくべき美味とは?

北海道全域

「ジンギスカン」北海道民のソウルフード

ジンギスカン

(C) Luke W. Choi / Shutterstock.com

ジンギスカンは、ラムやマトンなど羊肉を野菜と一緒に焼いて味わう北海道の郷土料理。中央が山のように盛り上がった、兜(かぶと)のような専用鍋は、羊の溶けた脂が流れ落ち、縁に置いた野菜が脂の旨味を吸い込むように工夫されています。北海道民はジンギスカン専用の鍋を持っており、自宅で楽しむ家庭も多いです。

羊肉というと臭みがあるのではと思いがちですが、柔らかく甘くジューシー。クセも臭みもなく、おいしさに驚くはずです。ジンギスカンとよく冷えたビールとの相性は最高。

【食べられるところ】
札幌市「成吉思汗 だるま 本店」 https://sapporo-jingisukan.info/
札幌市「サッポロビール園」 https://www.sapporo-bier-garten.jp
滝川市「松尾ジンギスカン」https://www.matsuo1956.jp
など

函館市

「イカそうめん」透き通った美しさにウットリ

いかそうめん

写真提供:(一社)函館国際観光コンベンション協会

函館といえば、函館山から見た夜景は必見。夜の海にイカ釣船の漁火が灯り、なんともやさしく、美しい光景です。「イカの町」と呼ばれる函館では、透き通る新鮮なイカをいただきましょう。

水揚げされた真イカ(スルメイカ)を、そうめんのように細く切った「イカそうめん」の美しさに感激。北海道の人は透き通った新鮮なイカしか食べないと聞いて、うらやましく思ったものです。透明のイカは歯ごたえがあり、口の中に甘みと旨味が広がります。6月〜11月頃までは真イカ、12~5月頃まではヤリイカと、函館では1年中イカが楽しめます。函館朝市では、イカ釣りができる釣り堀があり、釣ったイカをその場でさばいてくれるそうですよ。

【食べられるところ】
函館朝市 http://www.hakodate-asaichi.com
はこだて自由市場 http://hakodate-jiyuichiba.com
函館朝市えきに市場 http://www.asaichi.ne.jp/ekini/
など

帯広市

「豚丼」ボリュームどーんと名物どんぶり

豚丼

豚丼

「十勝の食料自給率は約1,100%」と言われ、人口の11倍、約400万人の食を支えている、日本最大の食料基地。養豚が盛んな帯広のご当地グルメは、甘辛いタレを豚ロース肉に絡めて焼いた、柔らかい「豚丼」。

蓋が閉まらないほどのボリュームがある丼は、大輪の花が開いたような豚ロース肉がたっぷり。帯広市内には、豚丼が食べられるお店が200軒以上もあるそうで、近年は豚丼目当ての観光客も多く訪れます。秘伝の甘辛いタレがしみた豚丼は、一度食べたら病みつきに。お店によって、タレの味にこだわりがあり、焼き加減が違うので、食べ比べも楽しみです。

【食べられるところ】
ぶたいち 帯広本店 http://www.obihiro-butaichi.com
はなとかち http://hanatokachi.com
元祖豚丼のぱんちょう  http://obikan.jp/post_spot/955/
など

参考記事
十勝観光連盟公式サイト

今回は、北海道のご当地グルメの一部をご紹介しました。ご当地グルメには、各地の名産や文化が詰まっています。ぜひ、旅の思い出に味わってください。まだ出かけるのが不安というあなたは、通販で取り寄せできるお店もありますから、ご自宅で楽しむのもいいかもしれませんね。

注意:2020年8月現在の情報になりますので、店内での飲食ほか詳細につきましては、直接店舗へお問い合わせください。

~人生に旅心を~