赤坂に居酒屋「トラジロ」 旬の野菜を使ったおばんざいを提供

居酒屋「おばんざい トラジロ」(港区赤坂4、TEL 090-4625-1876)が、赤坂にオープンして2カ月がたった。

みんなの経済新聞ネットワーク

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ついに実現!カレー界のミューズと達人による2018年特別カレー対談〈前編〉

もはやカレーサミット!?カレー愛が強すぎる2人が今年のカレーを語りまくる!

昨年に続き、今年も新たに発表された「食べログ カレー 百名店 2018」。間借りカレーに、スパイスカレーなど、その人気とバリエーションは勢いを増すばかりの国民食の現在を知るべく、食べログマガジン執筆陣きってのカレーマニアである、カレーおじさん\(^o^)/村田倫子さんそれぞれに、「食べログ カレー 百名店 2018」に選出されたカレー店の中から、注目のお店を教えてもらう短期連載をお届けしてまいりました。

 

そして、締めとなる今回は、2人によるカレー対談が実現。お互いの「食べログ カレー 百名店 2018」から選出した注目店のチョイスについての感想や、今年感動したカレーの話、さらに来年のカレー予測まで。カレー愛が止まらない特別対談の、まずは前編から召し上がれ!

 

村田倫子(写真左):1992年10月23日生まれ、千葉県出身のモデル。ファッション雑誌をはじめ、テレビ・ラジオ・広告・大型ファッションイベントへの出演など幅広く活動している。趣味であるカレー屋巡りのWEB連載企画「カレーときどき村田倫子」、当サイト連載「村田倫子の呑み屋パトロール」では自らコラムの執筆も行ない、ファッションだけにとどまらず、そのライフスタイルも注目を集めている。

 

カレーおじさん \(^o^)/(写真右):2006年から毎日カレーを食べ続けているカレーマニア。今までに世界各地4,000以上の店舗で様々なカレーを食べ歩いてきた。ここ5年間の年間平均カレー食数は約1,000で、生涯通算カレー食数は優に10,000を超える。NHK Eテレ「オイコノミア」やTBS「櫻井・有吉THE夜会」など、メディア出演の他、小学館「しごとなでしこ」やイープラス「SPICE」などでカレー記事を連載中。

実は“初めまして”な2人。それぞれがセレクトした「食べログ カレー 百名店 2018」3選の感想は?

カレーおじさん \(^o^)/から見た村田倫子の3選は「感覚がおじさんで信頼できる!」

 

カレーおじさん \(^o^)/(以下、カ):お洒落な女の子が好きなタイプのカレーってあるじゃないですか。見た目が綺麗で美味しいんだけど、本当はもっと美味しいお店いっぱいあるよ!って思うことが多いんですよ。でも、倫子ちゃんの場合は僕からしても最高!っていうお店を絶対選んでくれるから、ものすごく信頼できると思っています。

 

村田倫子(以下、村):嬉しいぃー!!! 今までカレー食べてきてよかったです。

 

カ:あと、お酒が飲める店もピックアップしているところが、さらに信頼できるなって。これは褒める意味で言うんですけれど、感覚がおじさんなんですよ(笑)。

 

村:そうなんです! すごい分かる(笑)。

 

カ:僕はもうおじさんなので、そんなおじさんからしても、とても信頼できる3選でした。実際、自分が選ぼうと思っていた店も入っていて、やっぱり感覚が近いのかなって。

 

村:よかったー! (カレーおじさん \(^o^)/は)大師匠だから、本当に嬉しい!

村田倫子から見たカレーおじさん\(^o^)/の3選は「地方も網羅しているところがすごい!」

 

村:いつもレビューを参考にしているんですよ。行ってみたいなって思うお店は大体先に行ってらっしゃるので。「食べログ カレー 百名店 2018」の3選も、やっぱり地方にも行かれているのがすごい。地方もよく行くんですか?

 

カ:仕事で行く時もあるんですけど、最近はカレーを食べるために行きますね。やっぱり気になるカレーが全国的に多いので、そのエリアが面白そうだなぁって思ったら、狙って行きますね。

 

村:新店情報ってどうやってキャッチしてるんですか?

 

カ:自分で見つけたものもありますけど、周りにカレー関係の知り合いが多いのと、あとはSNSとかで色んな人が新しい情報をアップしてくれるので、それで気づくことも多いです。

村田倫子からの質問「カレーを食べるためのスケジュールの組み方が知りたい!」

 

村:たくさんカレーを食べるためのスケジュールの組み方を教えてほしいです!

 

カ:仕事関係でよく行く場所では、休憩時間に色んなお店に行ったりします。初めて行く場所の場合は、その街のカレーを予め調べて、補欠も含めて3軒くらいピックアップしておきます。“臨休芸人”って呼ばれているくらい、行ってみたら臨時休業だったっていうことも多いんですよ(笑)。

 

村:わりと振られがちなんですね(笑)。

 

カ:そうなんですよ。仕事の空き時間がある時は、2駅分くらいは対象エリアにして、1時間半くらいでカレースポットを開拓して、仕事に戻る、っていうスケジュールですね。隙間時間はカレーと筋トレで埋まってます(笑)。

 

村:すごい! 私も現場の日は空き時間がわりとあるんですけど、まだそこまでの熱意を出せてないかも。そうやって貪欲に行けば埋まるんですね! いつからカレーを食べるようになったんですか?

 

カ:毎日食べるようになってからは13年目です。大学が神保町にあったので、そこで目覚めて。そこから週3〜4日くらいでカレーを食べるようになり、それも入れるともう23年になります。当時に比べて、カレー自体の平均的な味のレベルも上がっているので、飽きることもなく、今も食べ続けているという部分もありますね。

 

村:私めちゃめちゃ飽き性で、ひとつのことにハマることがあまりなくて。でも、カレーは連載が3年続いていて、毎日食べてもいいなっていうくらいずっと好きなので、やっぱりカレーってすごいなって。

 

カ:それだけ深いし広いですよね、カレーって。

カレーおじさん\(^o^)/からの質問「カレー以外に好きなものは?」

 

カ:カレー以外に好きなものってありますか?

 

村:日本酒です。今は好きな銘柄を増やしています。基本的に食べることは好きなんですけど、突出して好きなものっていうとやっぱりカレーですね。

 

カ:日本酒飲みながらカレーが食べられる店とかもありますよね。

 

村:それは知りたいです!

 

カ:飯田橋にある「酒庵 きん助」ってお店は何食べても美味しいんですけど、薬膳カレーがあって、日本酒も色々種類がありますよ。

 

村:(その場で食べログりつつ)すごい参考になります!

 

カ:あとは巣鴨に「サケノマ」っていう日本酒バーがあって、毎日カレーを出しているわけではないんですけど、7割くらいの割合でスパイスカレーにありつけます。締めにちょうどいい感じのカレーです。

 

村:カレーだけのお店じゃなくて、お酒まで……全方位いけるのが本当にすごい!

 

カ:カレーをずっと探していると他のものも見つかるっていうことはありますね。これだけカレーを食べていると、「あそこの日本酒バーにカレーあったよ」とか、色んな人が色んな情報を教えてくれたりするので、それを聞いたら「行かなくちゃ!」って。

カレーマニアな2人が選ぶ「今年一番感動したカレー」とは?

村田倫子が感動したのは浅草のヴィーガンカレー店「PQ’s」

村:すごく迷ってしまうんですけど……浅草の「PQ’s(ピーキューズ)」ですね。すごくお店が綺麗なので、行く前は正直、写真映えだけを狙ったお店なのかなって思ったんですけど、実際に行ってみたら食材もヴィーガンのものを厳選していて、スパイス使いも考えられていて、味もすごく美味しくて。自分の中で、またひとつカレーの視野が広がったなって思いました。いい意味で期待を裏切られました。

 

「PQ’s」のさつまいものカレー/写真:カレーおじさん \(^o^)/

 

ヴィーガンを徹底したカレーって初めて食べたんですけど、食を通して色々学べるし、料理の色も綺麗でセンスがあって。お店自体もDIYでゼロから作っているところとかも含めて素敵だなって。しかもオーナーが同い年なんですよ。だから私も頑張ろうって気持ちになりました。

 

カ:「PQ’s」美味しいですよね。僕は、いっぱいあるんですけど……2つに絞りますね。ひとつは……。

後編はカレーおじさん\(^o^)/が今年感動したカレーの発表から!

というわけで、カレーおじさんの今年一番感動したカレーについては、後編にて紹介します。更新をお楽しみに!

今回話題に出たお店はこちら

撮影:大谷次郎

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

「京都餃子」って何? 京都・綾小路に餃子専門の大衆酒場がオープン

京都・綾小路に8月11日、餃子専門店「餃子酒場ROOKIE(ルーキー)」がオープン。

築100年の町家をリノベーションした店構えが、どこか懐かしい雰囲気をまとう大衆酒場。京都の食材を使った看板メニューの餃子や大釜で煮込んだ塩煮込みなどが楽しめる。

餃子は包み立てを調理して提供。京都ブランド豚肉“京の都もち豚”や久御山の九条ネギ、祇園七味、西京味噌などを使った「京都餃子」(390円)が看板メニュー。

京都餃子

そのほか、「チーズ餃子」(490円)、「海老餃子」(490円)、「紫蘇餃子」(490円)などのラインアップ。「京・西陣 孝太郎の酢」と老舗の「澤井醤油本店」のしょう油をブレンドしたタレや祇園七味で味わえる。

チーズ餃子
海老餃子
紫蘇餃子

餃子のほか、毎日継ぎ足して作るスープで煮込んだ「トロットロの塩煮込み」や「博多かわ串」など、お酒が進む一品料理も。

トロットロの塩煮込み
博多かわ串

強炭酸の瓶詰サワーや日本酒とともに楽しみたい。

※価格はすべて税抜

<店舗情報>
◆餃子酒場 ルーキー 綾小路店
住所 : 京都府京都市下京区綾小路通富小路東入塩屋町65
TEL : 075-352-5605
営業時間 : 11:30~23:00
定休日 : 無休

※時節柄、営業時間やメニュー等の内容に変更が生じる可能性があるため、お店のSNSやホームページ等で事前にご確認をお願いします。

※外出される際は、感染症対策の実施と人混みの多い場所は避けるなど、十分にご留意ください。

文:秋吉真由美