松屋のカレーシリーズには〇〇カレーが無い → 解決してみた結果

松屋のカレーは美味い。この点に関して異論はほとんど出ないだろう。カレー専門店ではないかというレベルで仕上がっている。基本的にはオリジナルカレーのみだが、時折「ごろチキ」なり「バタチキ」なり、違うフレーバーが出るため、バリエーションも充実している感がある。

一見するとパーフェクトな松屋のカレー。しかし、1つだけ重大な問題を抱えている。もう長いこと解決されないままの重大な問題だ。それは……

・王の不在

カツカレーが無い

トンカツとカレーという、単体でも強すぎる存在同士が合体することで生まれる、圧倒的戦闘力を持つカレー界の王。それが、松屋のカレーシリーズには無いのだ。

なぜだ松屋。同じ松屋フーズのトンカツ専門店「松のや」ではカツカレーを提供しているし、カレー専門店の「マイカリー食堂」にもカツカレーがある。それならば、松屋にカツカレーがあっても良さそうなもの。まあ、きっと何か事情があるのだろう。

ちなみに、「松のや」のカツカレーは普通に美味い。しかし、松屋のカレーとは全く別物だ。そして、食べたいのは松屋のカレーを使用したカツカレー。「松のや」のカレーでは、松屋のカレーを求める気持ちは満たされない。

・DIY

どうしたものか……せや! 「松のや」のカツカレーのカレーを、松屋のカレーと入れ替えたらいいやんけ!! ということで、「松のや」でカツカレーを、松屋ではカレー単品をテイクアウト。

「松のや」のテイクアウト用の容器に全てブチ込む予定だったが、微妙に溢れそうな気配を察知。予定を変更し、別に用意した皿に全てを投入して完成。

松屋のカレーと「松のや」のトンカツを使用した、松屋(グループ)のカツカレーがここに爆誕。味も、まさに思い描いていた通りの理想のカツカレーだ。松屋のカレーをそのまま使っているので当然と言えば当然かもしれないが。

余っている松のやのカレーもちゃんと食べたが、やはり松屋のカレーとは完全に別モノ。辛さだけは松のやの方が上回っている気がするが、深みやコク的なものは松屋のカレーの方が圧倒的な感じがある。

どちらも美味いが、はっきり言って松屋のカレーの方が美味い。トンカツとの相性をふまえても、松屋のカレーの高すぎるポテンシャルの前では、「松のや」のカレーの美味さは霞んでしまう。

・テイクアウトの限界

トンカツにカレーを浸して食べれば、複雑で奥深い松屋のカレーのスパイシー感によって、トンカツの肉の甘さがいつもより上品に感じられる。そこにガツンと来る、お馴染みのガチめな辛さ。

完全に願望は満たされ、これにてハッピーエンド……といきたいところだが……悲しいかな、美味いからこそ残念な点も目立ってしまう

「松のや」のトンカツから、テイクアウトゆえの時間経過で、出来立てのトンカツ特有のサクサクでジュワっとした感じが失われているのだ。温度的な問題ならレンチンでどうにでもなるが、レンチンでは出来立ての美味さには戻らない。

テイクアウトの限界である。それなりに願望が満たされたと思いきや、サクサクでジュワジュワでアツアツな出来立てのトンカツを、松屋のカレーに浸して食いたいという新たな願望にさいなまれる結果に。

ああ、松屋でトンカツを出すか、松のやで松屋のカレーを出してくれないかなぁ。ちなみに、レトルトではオフィシャルに存在するもよう。

参照元:楽天マイカリー食堂松屋松のや
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

泊まってみたい、おしゃれな山小屋【2】信州・霧ヶ峰 八島湿原


©ヒュッテみさやま

TABIZINE還暦特派員の阿部真人です。

前回ご紹介した上高地の氷壁の宿・徳澤園はいかがでしたか。雄大な景色を眺めたり、登頂した達成感に浸るだけではない、もうひとつの山の楽しみ方が、疲れた体を休め、心を癒してくれる山小屋ライフです。今回は居心地の良い、とっておきの山小屋をふたつご紹介します。

霧ヶ峰・八島湿原のほとりで

信州・霧ヶ峰高原の北西に位置する、国の天然記念物「八島ヶ原湿原」。標高は1600メートルあまりありますが、車でのアクセスも良く、起伏の少ない高原なのでピクニックにはぴったりです。ここに今回ご紹介する2つの山小屋があります。
 
八島湿原と旅人
©阿部真人

喫茶も営業「ヒュッテみさやま」

ヒュッテみさやまの基本は素泊まりなのだそうです。そして喫茶も営業しています。
素泊まりで予約して自炊を楽しむ常連の方も多いとか。そのための自炊部屋もあり、ガスコンロや電子レンジ、調理道具や食器などもすべてそろっています。食材だけ持参すれば気軽に調理ができます。(営業は4月27日から)
 
ひゅってみさやま玄関
©ヒュッテみさやま

ところでヒュッテみさやまの「みさやま」とは漢字で「御射山」と書きます。
目の前にあるこんもりとした丘は太古の昔から諏訪大社の祭礼の場所だったといいます。この場所に何日も籠って神聖な神事が行われたとも、流鏑馬が行われたともいわれていますが、まだまだ謎が多く、実際に何が行われていたのか、よく分かっていません。
 
御射山神社
©阿部真人

不思議な雰囲気が漂う御射山の遺跡。そのかたわらにあるのが、ヒュッテみさやまです。アクセスはといいますと、ビーナスラインの八島湿原駐車場に車を止め、湿原のほとりを30分ほど散策すれば到着します。
 
ヒュッテみさやま看板
©ヒュッテみさやま

仲間たちとピクニック気分で自炊するのも楽しいのですが、「それは面倒」という方のために、夕食と朝食を個別に注文することもできます。
 
ヒュッテみさやま食堂
©ヒュッテみさやま

夕食のメニューはチーズハンバーグ、もしくは三元豚の塩炒め。それに副菜とご飯と味噌汁が付きます。朝食は厚切りトースト(バター&ジャム)と飲み物のセット。
 
ヒュッテみさやま寝室
©ヒュッテみさやま

また喫茶では、湧水を使って、ハンドドリップで丁寧に淹れたタンザニアコーヒーをいただくこともできます。リンゴジュースはもちろん地元信州産。そして手作りのパウンドケーキも。ランチにはカレーやピラフを提供しています。
 
ヒュッテみさやま喫茶
©ヒュッテみさやま

「鷲ヶ峰ひゅって」で妖精と出会う

さて、もうひとつの山小屋。八島ヶ原湿原の西側に位置する鷲ヶ峰ひゅって。
ノーム (GNOMES)が住みやすいようにと、不思議なオブジェや置物などご主人が工夫を凝らしています。ノームとは、ヨーロッパの民話に登場する大地をつかさどる小さな妖精。鷲ヶ峰ヒュッテの静かな空間で、妖精の気配を感じるかもしれません。
 
鷲ヶ峰ヒュッテ
©下諏訪観光協会

とはいえ鷲ヶ峰ひゅっては車で直行することもできる山小屋なのです。八島湿原の西側にはビーナスラインが走っています。鷲ヶ峰ひゅってはその道路のすぐかたわらにあり、湿原駐車場に車を止めて10分ほど歩けば到着です。
 
鷲ヶ峰ヒュッテ外観
©鷲ヶ峰ひゅって

部屋数は5つ。晴れた日には2階にある部屋の大きな窓から八島ヶ原湿原や霧ヶ峰の山々、また遠くには浅間山・八ヶ岳・南アルプス・中央アルプス・御嶽山・乗鞍・北アルプスなどが一望できます。
 
鷲ヶ峰ヒュッテ和室
©鷲ヶ峰ひゅって

鷲ヶ峰ひゅっての周囲は、日本では珍しい高層湿原の八島ヶ原。12000年もの悠久の時を刻んでいるといわれ、ミヅゴケやカヤなどの植物に覆われた湿原は生き物たちの宝庫となっています。
到着したら辺りを散策しましょう。湿原は1周3.7キロで高低差はほとんどありません。水筒を入れたリュックを背負い1時間半ほどでのんびりと歩くことができます。
 
八島湿原
©ヒュッテみさやま

鷲ヶ峰ひゅっての夕食はランプの灯る食堂の大きなテーブルで頂きます。ご主人はこの山小屋を開くにあたって都内のフランス料理店で修業したそうです。オーソドックスながら、軽やかな味わいのコース料理をいただくことができます。
 
鷲ヶ峰ヒュッテ食堂
©鷲ヶ峰ひゅって

そしてこの家ではどこを見渡しても数多くの書物や書棚に気づくはず。
それもそのはず、ご主人曰く「山小舎は常に文学の香りを漂わせたい」といい、古き良き時代の文学や哲学の香りが漂う、静かな佇まいにしたいと考えているのです。
 
書架
©鷲ヶ峰ひゅって

親しい仲間たちとにぎやかに楽しむことも、ひとりで静かに読書にふけることも、そして友人や恋人と語らうこともできる、霧ヶ峰・八島湿原のふたつの宿です。
 
八ヶ岳と富士山
©阿部真人

ヒュッテみさやま
長野県諏訪郡下諏訪町八島湿原10618  
部屋数6室 料金は素泊まりで1名4,500~5,500円から
TEL:0266-75-2370 
宿と喫茶 4月27日から営業(宿泊予約受付中) 喫茶営業時間10~15時 木曜定休
http://park19.wakwak.com/~misayama/html/top.html

鷲ヶ峰ひゅって 
長野県諏訪郡下諏訪町八島湿原10618 冬季も営業中
部屋数5室 料金 1泊2食1室1名14,800円から 1室2名12,800円から
TEL:0266-58-8088
https://nature2.jp/wasshie/index.html 

『泊まってみたい、おしゃれな山小屋【1】上高地「氷壁の宿 徳澤園」』もあわせてぜひ。

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

極上のもちもち!「天極堂」が守り続ける貴重な吉野本葛がそろうカフェ【奈良駅】

天極堂が創業から守り続ける「吉野本葛」

1870年創業の「天極堂」が届けている「吉野本葛」。豆科の植物である葛の根を原料とする日本の天然素材で、マクロビオティックでも注目されています。

吉野本葛天極堂 メニュー表の葛物語
冬の山奥の地中深くに生えている根を掘り、その根を繊維状に粉砕して水と混ぜ、根に含まれる澱粉をもみだす「吉野晒(よしのざらし)」という江戸時代から伝わる水晒し製法で仕上げています。

吉野本葛店極堂 製造法吉野晒
1kgの葛根からできる葛粉は約100gとごくわずか。現在、根を掘る人、良質の葛根が掘れる山も少なくなって、吉野本葛の原料の葛根は高価なものとなっています。

葛根は生薬の主原料としても有名で、発汗・解熱・鎮痙作用もあり、イソフラボンを含み血中コレステロールの低下・骨粗しょう症・更年期障害などに有効な効能があるそうです。

体に優しいできたて葛料理

JR奈良駅店にはそんな貴重な吉野本葛の商品が並んでおり、お隣のカフェでは葛料理と葛スイーツをいただけます。

吉野本葛天極堂JR奈良駅店店内
のれんをくぐると広い円形の店内。メニューにはたくさんのお品が書かれてあり、アレルギー表示もわかりやすくて親切です。

吉野本葛天極堂 JR奈良駅店限定卵とじ葛うどん
JR奈良駅店限定「卵とじ葛うどん」(900円・税抜)、

吉野本葛天極堂JR奈良駅店 外看板
「葛とじごはん」(850円・税抜)、「葛カレー」(850円・税抜)など、たくさんの葛料理。

吉野本葛天極堂 サラダ葛うどん
夏にピッタリ季節限定「サラダ葛うどん」(900円・税抜)。ドレッシングは液状胡麻とすり胡麻と分けて添えられてました。

吉野本葛天極堂 サラダ葛うどん
麺が見えないほど野菜がたっぷり!艶々の葛うどんは細めでサラリと喉越しよく、食欲も進みます!

吉野本葛天極堂 奈良のおあげさん
一品料理の「奈良のおあげさん」(350円・税抜)。

吉野本葛店極堂 奈良のおあげさん中身
中には胡麻豆腐が入ってぷるんぷるん!生姜と醤油をつけて大人の逸品です。

葛づくしの葛スイーツ!

吉野本葛天極堂 極みパフェ全体
人気1位の「極(きわみ)パフェ」(850円・税抜)。高さ20cmほどで、葛ソフトクリーム、抹茶アイス、くずの子ロールがのってボリューミーです!

吉野本葛天極堂 極パフェ
吉野本葛を贅沢に練りこんだ葛ソフトクリーム。これぞ葛の力なのか、なめらか!まろやかで濃厚なのに、黒蜜がかかってさらに豊かな甘みです。

吉野本葛天極堂 極パフェのくずの子ロール
葛ソフトの隣には一口サイズのくずの子ロール。1本ずつ職人さんの手作りで、吉野本葛100%、小麦粉やベーキングパウダー不使用でカステラのようにふんわり。きめ細かいクリームが優しい味わいです。

吉野本葛天極堂 極パフェの葛餅
葛ソフトの下には、白玉団子と抹茶の葛餅が隠れていました。葛餅は、寒天と違う独特のぷるぷるとモチモチ食感!飲み込むまで続く驚きの弾力です!

グラス部分には葛ぜんざいとフレークが敷きつめられ、最後まで甘い和スイーツを堪能できました。

吉野本葛天極堂 スイーツメニュー
パフェ以外にも、葛スイーツはまだまだあります。

吉野本葛・大豆粉・希少糖で焼き上げたグルテンフリーのしっとりケーキセット「くずの子パウンドセット(バニラアイス・ドリンク付)」(600円・税抜)や、「葛ブリュレ」(400円・税抜)、

吉野本葛天極堂 葛ソフトクリーム
「葛ソフトクリーム」(350円・税抜)、宇治抹茶に葛ソフト・抹茶葛餅・小豆餡がのった「抹茶葛あずき」(650円・税抜)など。

奈良の本物を手土産に、テイクアウトも

吉野本葛天極堂 テイクアウトスイーツ
テイクアウトに「葛もちサイダー」「くずの子ソフト」もあったり、

吉野本葛天極堂 くずの子ロール
店頭にはパフェにのっていた「くずの子ロール」の1本売りもありました。温めるとクリームがトロトロでフォンデュもできるそうです。

吉野本葛天極堂 物販
吉野本葛、葛きり、葛うどん、胡麻豆腐や、葛スイーツなどが単品からギフトまでデパート並にそろっています。

吉野本葛天極堂 ぷるるん
冬の冷たい空気と水、そして人の手で丁寧に生み出される美しい白色の吉野本葛。夏は清涼感があって、冬は体の芯から温めて、1年通して味わえる健康的な葛料理と葛スイーツで奈良旅を締めくくってみてはいかがでしょう。

吉野本葛天極堂JR奈良駅店
住所:奈良県奈良市三条本町1-1JR奈良駅ビエラ奈良2F
電話:0742-20-6300
営業時間:10:00〜21:00(L.O 19:30)*営業時間短縮の場合あり
定休日:施設に準ずる
交通:「JR奈良駅」直結
HP:https://www.kudzu.co.jp/

[all photos by kurisencho]

~人生に旅心を~