【確信】ウマいと話題のファミマ『家系ラーメン』が復活していたので食べてみた → 圧倒的にニンニクのライブ感が足りない

当サイトにも度々登場する家系ラーメン。詳しい説明は今更すぎるため省くが、あの濃厚なとんこつ醤油スープと中太麺の組み合わせには狂暴なまでの中毒性がある。一度ハマったら最後。まさに底なし沼のようなラーメンなのだ。

そんな家系ラーメンファンたちの間で「ウマい」と話題になっていたのがファミリーマートの『家系ラーメン』である。食べたい! と思っていたらいつの間にか販売終了。落ち込んでいたところ、2020年8月25日に再び発売されたと聞いて試してみることにした。一刻も早く沼にハマりたい。

・いざ家系沼へ

あまりにもそのまんまなネーミングで逆に凄みを感じさせるファミマの『家系ラーメン(税込518円)』。チャーシュー、ほうれん草、きくらげがトッピングされており、別添で海苔も付いてくる。そのままレンジで約5分温めると……

中から沼が出てきた。

こ、この香りは……! まごうことなく家系ラーメンである。容器の端に海苔を立てかけた時の佇まいなんて完全に店のそれだ。以前、ウーバーイーツで専門店の家系ラーメンを注文したことがあるが、ルックス的にはほぼ大差ないのではないか。それではさっそく……

ダイブ トゥ 沼。

ファミマのサイトには「つるみとコシのある」と書かれている三層麺。たしかにツルンとした口当たりだが、家系にしては若干柔らかめかなという印象だ。が、大きな欠点が特になし。ちょうどいい塩梅の中太麺である。

チャーシューも食べ応えがありグッド。

そして肝心のスープだが、サラサラすぎず、かと言ってドロドロすぎず、麺とよく絡むジャストな仕上がりと言っていい。醤油が効いた濃厚こってりとした味わいながら、それでいて豚骨特有の臭みはなく、あくまでまろやかクリーミーだ。なるほど、話題になるのも分かる気がする。

だがしかし……!

・疑問

これがあの狂おしいまでの中毒性を誇る家系ラーメンかと聞かれたら、正直なところ私としては首をかしげざるを得ない。マイルドではあるが、そのぶん野性味に欠けるというか……どこか鶏白湯に似た上品さが漂っているのだ。いやいや、お前そんなキャラちゃうやろと。

海苔をスープにひたひたに浸し……

ライスを巻いてなお……

それでも埋まらぬこの心の隙間。何かが足りない。そう、何かが。逆にそれさえあれば大気圏を突破できる気さえするのだが……そ、そうか! 分かったぞ!! ニンニクだッ! ニンニクを追加したらいいんだ!!

行っけェェェェェエエエエエ!

・本当の意味での完成

チューブのニンニクをスープにブチ込んで、それを溶かしきらずに麺と共にすする──。この圧倒的なまでのニンニクのライブ感。これぞ家系。そう、ファミマの『家系ラーメン』に足りなかったのは、ニンニクのライブ感だったのだ。

もちろん、たかがニンニクと言われればそれまでかもしれない。しかし、家系とニンニクとは一蓮托生。「麺固め・味濃いめ・油多め」の世に言う家系ラーメン『早死に三段活用』はコンビニ麺では不可能だが、その代わりニンニクを追加することは我々にだってできるのである。

・カギはライブ感

個人的には、ファミマの『家系ラーメン』はニンニクによって次のステージに上がることができると確信している。元々ウマいと感じていた人たちも、ニンニクを入れることでさらに高く高く飛べるだろう。忘れるな、家系にとって大事なのはニンニクのライブ感であるということを。

参考リンク:ファミリーマート
Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

信州・上田に新ランドマーク誕生!「シャトー・メルシャン 椀子(まりこ)ワイナリー」を現地ルポ【長野県】


(C)sakurako

ブドウ栽培からワイン造りまでを公開

JR上田駅からタクシーで25分ほど。見渡す限り広がるぶどう畑、その先に見える白い建物が「シャトー・メルシャン  椀子ワイナリー」です。2003年に開園した「椀子ヴィンヤード」内に造られた、“ブドウ栽培からワイン造りまでを公開するブティックワイナリー”で、上田市としては初のワイナリーでもあります。


写真提供:メルシャン

畑の広さは東京ドーム約6個分! その広い敷地内で、白ワイン用の2種類(シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブラン)、赤ワイン用の黒ブドウ6種類(メルロー、シラーなど)が栽培されていて、合計8種類のぶどうが栽培されています。

選べる4つのワイナリーツアー

ワイナリーでの楽しみといえば、試飲もできる醸造所見学! こちらでは以下の4つのワイナリーツアーが用意されています。(要予約・有料。料金は税込)。

  • 「椀子スタンダードツアー」(所要時間:約60分/1500円)
  • 「椀子プレミアムツアー」(所要時間:約90分/3000円)
  • 「椀子ウォーキング&ランチツアー」(所要時間:約150分/7000円)
  • 「椀子ワインメーカーズツアー」(所要時間:約120分/5000円)


(C)sakurako

今回は、約90分間の「椀子プレミアムツアー」を体験してきました。

まずは、シャルドネを使ったスパークリングワイン「椀子のあわ」で乾杯! ほどよい酸味が口のなかに広がり、後味すっきり。ほろ酔い気分でツアースタートです。


(C)sakurako

ツアーガイドを担当してくださったのは、セラードアマネージャーの山田基之さん。ソムリエ資格も持つワインのスペシャリストです。

建物の中を見学すると思いきや、向ったのはブドウ畑。椀子ヴィンヤードの土壌は強粘土質で、ブドウが根を張りづらい性質を持っていますが、ブドウの実はストレスがかかることによって糖度が上がるので、ブドウ栽培にはとても適しているとか。

また、栽培法としては、海外のワイン用ブドウ畑で主流の垣根式になっているのが特徴で、1本の木につき12房を基準とし、味の凝縮したぶどうをつくることを心がけているんですって。

一般的な生食用のブドウは23度程度の糖度があり、皮がうすく、香りもありますが、醸造用のブドウは、14度程度の糖度で、皮が厚くて渋みがあり、いい香りはしないのが特徴です。

そこで、カベルネ・フランという品種のブドウをひと粒だけいただくことに。皮ごと口に入れると、少し渋みはあるものの、ジューシーで甘味が強く、しっかりとした果実味が感じられます。なるほど! 房の時点でおいしいことが、おいしいワイン造りには欠かせないんですね。


(C)sakurako

とりわけ椀子は、シラー種の栽培で成功している土地の北限といわれ、世界的に注目されているんです。強粘土質に加え、午後は強風が吹くことで土壌が乾燥して病気になりにくいことや、強風によって木にストレスがかかることもおいしいブドウをつくるために役だっているんですね。


(C)sakurako

畑を後にし、“ブドウを迎え入れる”という意味合いを持つ、レセプションエリアへと入っていきます。

こちらがブドウを選別する機械です。摘み取られた果粒はこのベルトコンベア式の機械で、完熟したものだけが選別されていきます。椀子では香りのよいワインをつくるために、2段階に分けて果粒を選別しているんです。


(C)sakurako

厳選された果粒は、クレーンで釣って、タンクの上から落とす方法でタンク内に取り込まれます。

ここが“グラビティ・ステップ”という工程で、自然の重力に従って果粒を移動させる方法が取り入れられています。もともと、建物を建てる際に、地形の高低差を利用できるよう設計されているんですね。

従来はホースでタンク内に送り込んでいましたが、果粒がこすれて成分が出てしまってよくないため、近年ではこのやり方が注目されてきています。


(C)sakurako

次は樽庫へ。

ひんやりとした部屋の中に足をふみ入れると、オーク樽とワインの香りが混ざりあい、少し甘い芳香が漂っています。室内の温度は年間を通して12~13度に保たれていて、白で最長半年、赤で1年半といった期間、ここで熟成されます。1樽からはおよそ220本のワインが取れるそうです。

椀子で造られるワインの中には、ステンレス樽のみで仕上げるものと、オーク樽に入れて育成させるものとがありますが、樽で醸造させるものだけでもおよそ1000樽あり、その規模は日本最大級とのこと。

椀子では畑の区画によってワインを仕込んでいき、それらをさらにブレンドしていくので、それだけの数が必要なんですね。

ちなみに、樽の材質は最高級のフレンチオークですが、新樽でひとつ12~13万円はするんですって。樽だけで億は超えてしまいますね! さらに、古くなるものもありますから、毎年100樽ぐらいは新たに購入しているそうです。


(C)sakurako

味や香りの違う6種類をテイスティング

およそ50分間にわたりワインの製造工程を学んできたところで、待ちに待ったテイスティングです!

プレミアムツアーでは、以下の6種類のワインの試飲ができました。これはゼイタク。

  • 椀子ソーヴィニヨン・ブラン2018 (4200円)
  • 椀子シャルドネ2017(3500円)
  • 北信シャルドネ アンウッデッド2017(3800円)
  • 北信左岸シャルドネ リヴァリス2017(7200円)
  • 長野メルロー2016(4200円)
  • 椀子メルロー2015(5500円)

ソムリエでもある山田さんが、グラスごとに色を確認し、香りを嗅ぎ、味を確かめていきます。たとえば、「透明感のある青みがかったレモン色ですね。グレープフルーツのような香りもあります」といった風に。

それにならって参加者も試飲していくわけですが、同じ白ワインといったくくりでも、ステンレス樽だけで仕上げたワインと樽で育成させたものではまったく味わいが違うことや、土壌の違いによっても味わいに差が出てくるといったことがわかり、とっても勉強になりました。

これでツアー料金3000円(税込)は、かなりお得じゃありません?


(C)sakurako

試飲したワインは、建物内のワインショップで購入できますよ。ツアーでの体験を思い出しながら、お家でゆっくり味わうというのもいいですね!

今年の秋は、信州・上田で新たなワインの世界を体験してみませんか?

シャトー・メルシャン 椀子ワイナリー
住所:長野県上田市長瀬146-2
電話番号:0268-75-8790
時間時間:10:00~16:30(テイスティングカウンター ※ラストオーダー 16:00)
HP:www.chateaumercian.com

アクセス方法:
1.しなの鉄道「大屋駅」からタクシーで約10分
2.JR北陸新幹線「上田駅」からタクシーで約25分
3.上信越自動車道「東部湯の丸」ICより約10分

 

 

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

水族館の本気!? オオグソクムシ入り「辛海カレー」が意外と美味しい / サンシャイン水族館

水族館へ会いに行ける生き物たちの中でも、かなりの人気を誇るオオグソクムシ。見た目の可愛さや生態に関して謎の多いミステリアスさに、老若男女問わずメロメロになってしまう。

そんな魅惑のオオグソクムシは実は食べることもでき、過去にロケニューでもオオグソクムシの丸揚げお煎餅を紹介してきた。そして今度は、なんとオオグソクムシ入りのレトルトカレーを発見したよ! どんな味がするのか、さっそくご紹介したい。

・カレーとしての完成度が高い

オオグソクムシが入ったレトルトカレーは、サンシャイン水族館のオリジナル商品「辛海カレー(税込594円)」として売られていた。水族館内で可愛いオオグソクムシの姿を堪能した後、舌でもオオグソクムシを堪能することができるのだ。

パッケージには「オオグソクムシ入り」と書かれてあり、丸々としたオオグソクムシの写真が印刷されている。一瞬「具材として入っているのかな?」と勘違いしそうになるが、よくよくパッケージを確認してみると、どうやらオオグソクムシは粉末状で入っているらしい。

オオグソクムシを飼育し食べた知人によると、めちゃくちゃ生臭い海老のようだったそう。「辛海カレー」はパッケージによるとスパイシーなタイカレー風味とのことなので、臭いはある程度緩和されているだろうが……一体どんな味なのだろうか。レトルトパウチを沸騰したお湯で5分ほど温めると……

カレーが完成。見た目はめちゃくちゃ普通だ〜!

カレーの中に粉末状のものが確認できるものの、スパイスなのかオオグソクムシなのかは区別がつかない。そして、話に聞いていたような生臭さは一切なく、スパイシーで美味しそうな匂いが漂ってくる。

食欲を増すような匂いに誘われて食べてみると、これは……美味しい! スパイシーなだけでなく、ほんのりと甘みを感じる。おまけに、海老の風味のような香ばしいダシが効いており、濃厚なコクが生まれている。具材が入っていないのが惜しいが、レトルトカレーとしては文句のない美味しさだ。

あれ……? 海老、入ってたっけな。慌てて原材料を確認してみると、海老の名はない。それどころか、甲殻類の名を確認できないのだ──オオグソクムシを除いて。つまり、カレーに濃厚なコクを加えているダシは……オオグソクムシから出ていたということか……!?

とはいえ原材料に海老入りスープ・トムヤムクンを彷彿とさせる「トムヤムペースト」が含まれていたため、このペーストに海老が入っていた可能性は十分に考えられる。しかしせっかくなので、オオグソクムシがカレーを美味しくしてくれたと思っておこう。ありがとう、オオグソクムシ!

・水族館グルメ

水族館で可愛い生き物たちを眺めながら、美味しそうだな〜と思う方は意外と多いだろう。オオグソクムシが好きな方にはもちろん、水族館でお腹が空いてしまう方にもオススメだ。

1日中水族館で遊んだあとは、思い出とともにカレーを持ち帰って楽しむのも良いかもしれない。

参照元:サンシャイン水族館公式HP
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。