高級食パン専門店「告白はママから♡」が吉祥寺にオープン!気になる食パンを実食ルポ

お店の名前「告白はママから♡」のストーリー

告白はママから♡
食パンを口にした瞬間、そのおいしさに驚いてその食パンに一目惚れしたママ。「告白」という花言葉をもつチューリップを腕に抱えて、ママは食パンに告白しにいきます。あなた(食パン)のおかげで家族みんなが毎日幸せです、と愛を伝えたくなるほど、感動する味わいの食パンであることをお店の名前とイラストで表現しているんだとか。

毎日食べても飽きない食パン

告白はママから♡
「告白はママから♡」で販売する食パンは、「しあわせの食パン」と「恋するレーズン」の2種類。「しあわせの食パン」は、柔らかさが特徴の、毎日食べても飽きない食パンです。国産バターに、一部フランス産発酵バターを加えたバターの芳醇な香り、そして国産さくら蜂蜜の優しい甘味が感じられる食パンは、日々の食卓を幸せにしてくれることでしょう。

しあわせの食パン

しあわせの食パン
プレーン2斤 800円(税抜)

「恋するレーズン」は、1粒ずつ厳選されたというサンマスカットレーズンが贅沢に練り込まれています。みずみずしいレーズンと食パンのコクのある生地との相性は抜群。朝食にはもちろん、午後のおやつタイムやティータイムにも楽しめる食パンですよ。
恋するレーズン

恋するレーズン
レーズン2斤 980円(税抜)

告白はママから♡
パンが入っているビニール袋にもお店の名前にちなみ、「告白」とハートマークが入っています。

焼きたて当日は、食パンの耳が本当に柔らかいので、パンナイフを使用しても切りづらいと感じるほど。購入当日~翌日までは、トーストせずにそのままでいただくことをおすすめしています。翌々日からは、トーストしていただくか、すぐに食べないものは1枚ずつカットし、ラップで密着包装後に冷凍保存してください。冷凍した食パンをいただく際には、凍ったままの食パンをトーストし、表面が小麦色になるまで焼くとおいしく食べられるそう。

しあわせの食パン トースト
購入翌日のトーストしたパンもとてもおいしかったので、ぜひ生食とトーストと、自分の好きな食べ方で味わってみてくださいね。

さまざまな味を楽しめるジャムやスプレッドもおすすめ!

ジャム、スプレッド類
店頭には、食パンに合うオリジナルのジャムやスプレッドなども並んでいます。オリーブオイル&チーズ(860円・税抜)、さくら蜂蜜(950円・税抜)、ダブルベリージャム(820円・税抜)、皮付きピーナッツクリーム(820円・税抜)、濃厚チョコレートスプレッド(820円・税抜)など。どれもおいしいですが、オリーブオイル&チーズは特におすすめしたいおいしさでした。

告白はママから♡
店舗の後方が工房になっており、こちらでおいしい食パンが次々と焼きあげられていきます。

告白はママから♡

パンナイフプレゼント
オープン初日の8月29日(土)と、30日(日)の2日間は、先着100名にパンナイフのプレゼントもありますよ。ぜひ、足を運んでみてくださいね。

高級食パン専門店「告白はママから♡」
住所:東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-8
電 話:0422-27-1513
営業時間:10:00~19:00
定休日:不定休
アクセス:吉祥寺駅より徒歩5分
飲食スペース:無
公式サイト:https://kokuhaku-bakery.com

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【デカ盛り】並盛でも鬼ボリューム! 俵飯の「鶏唐ニンニク塩ダレ飯」は己の未熟さを思い知るデカウマグルメだった!! 東京・小金井市

小学生の頃、親戚の家で食事をすると「ほら、おかわりもあるからたくさん食べなさい」なんて言われて、ご飯を無理やり食べた記憶がある。「少しだけ」とおかわりをお願いしたのに、山盛りご飯を手渡されて泣いたこともあった。育ちざかりは標的にされるのだ。

なぜ急にそんなことを思い出したのかと言うと、東京・小金井の人気店『俵飯(たわらめし)』にて、1番小盛とされる「並盛(小)」を注文したら……まさかの鬼ボリュームで料理が登場。ひさしぶりに泣きそうになった次第である。詳しく紹介したい。

・武蔵小金井の人気店

東京都小金井市の「新小金井街道」沿いに店を構える俵飯。目の前には東京学芸大学があり、学生限定のお得メニューも数多く揃っている人気店だ。店頭の看板には “腹が減ったら俵飯” と書いてある。すげー頼もしい言葉だぜ。

たしかに腹は減っていたので入店。とは言え、同市出身の知人から「あそこは美味しいですよ」とだけ聞いていたため、大盛りに挑戦するつもりはなかった。たぶん学生向けのデカ盛りメニューもあるんだろうなぁ~なんて想像しながらカウンターに着席。

・俵飯の掟

で、席に着いて数秒後、「俵飯の掟」というメッセージに気がつく。「俵飯、それは自分と向き合い、己を見つめ直すところ。限界を追求し、己の未熟さを知り、最後の一口まで愛し続ける心を育む。まさに、食の道場である」とのこと……内容が激ヤバなんですけど。

やべぇ、心の準備ゼロで「食の道場」に来てしまった。空腹とはいえ、限界を追求するようなコンディションではないぞ。とりあえず、人気メニューの「鶏唐ニンニク塩ダレ飯(1250円)」を並盛で注文してみると……

並は3種類あります」と店主。ご飯1.5合の(小)、2合の(中)、3合弱の(大)まであるらしい。さらに大盛が3種類。そして、さらにその上に “神の領域” とされる「俵盛り」があるそうだ。ウソだろ。ビビりあがった結果「並の小」を注文したのだが……

チョ待てよ……

並の小デッケエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエ!

・鶏唐ニンニク塩だれ飯

LLサイズのピザみたいな皿の上に、ニンニクの香りを強烈に放つ塩ダレの海。そして容赦なく盛られたご飯。これはどう考えても「大の大」だろ。

ただ、たしかに超ウマそうではある。こうなったら「俵飯の掟」の通り、最後の一口まで愛し続けることを誓おう。ではでは、とろとろの塩ダレと鶏肉から食べてみるぞ。パクリ……

ウ、ウメェェ。パリパリジューシーな鶏肉とニンニクの効いた塩だれによって食欲がMAXまで引き出される。なるほど、限界への扉は開かれたようだ。死ぬほどメシ食えそうです!

小サイズとはいえ、ご飯はぎっしり1.5合。食べ応えありまくりだ。もやしもキャベツも流し込むようにガツガツ食べ進めていく。すると……サプライズ的に卵黄が登場。ほほう、ゲーム中盤からは卵黄を絡める「まろやかモード」か。素晴らしい展開が待っていたな。

ちなみに同店では、素材の味を最大限に生かすため、スープもタレもすべて化学調味料不使用だという。さすが食の道場、最後の一口まで安心だ。ってか、やっぱり「並の小」でも十分苦しい。なんとか完食はしたが、己の未熟さを思い知るデカウマグルメであった。

・食べきれなかった場合は持ち帰り可

なお、食べきれなかった場合は、容器代1箱100円で持ち帰ることも可能。そして、ご飯は「並の小」より少なく注文できるそうなので、自身の無い方は、腹いっぱい食べられる量を相談してから注文するとよいだろう。とにかく “腹が減ったら俵飯” だ。間違いない!

・今回ご紹介した店舗の詳細データ

店名 俵飯
住所 東京都小金井市貫井北町2-18-3
時間 11:30~15:00 / 18:00~23:00(火~金)18:00~22:00(土日祝)
休日 月曜日

Report:砂子間正貫
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

あなたはどのチーズがお気に入り?日本で手に入る世界のチーズ

こんにちは、トラベルライターでチーズが大好きな工藤綾香です。

ピザにグラタンにチーズフォンデュ、少し前に流行ったタッカルビなど、チーズを使った料理って人気ですよね。

チーズにもたくさん種類がありますが、わたしたちが普段食べているものはその中でもほんの一部かもしれません。

今回の記事では、世界のいろいろな美味しいチーズをご紹介していきます。記事内でご紹介しているものはすべて、美食家イタリア人お墨付きです!お好みのチーズがみつかりますように。

チーズは最古の食品のひとつ

日本で初めてチーズが食べられたのは、いつだと思いますか?文明開化の頃か、それとも戦後?

photo by shutterstock
そんなイメージですが、日本の最古のチーズはなんと飛鳥時代にはすでに作られていたとか。本格的に産業化したのはどうやら明治時代頃のようですね。

世界でも最古の食品のひとつであるチーズは、驚くなかれ、ヨーロッパでは紀元前6000年頃にはすでに作られていたといいます。ただ、あまりにも昔のことなので、発祥の地がどこかというのははっきりとは言えないようです。

ヨーロッパという説もあれば、モンゴルなどのアジアではという説も。

今でこそ毎日でも食べられるチーズですが、世界中どこの地域を見ても、その美味しさから歴史上は高級品だったようです。神様の捧げ物として作られたり、貴族しか食べられなかったり。

当たり前のようにチーズが食べられる現在の文明に感謝ですね。

世界にはチーズがなんと1,000種類以上

photo by unsplash
チーズは、原料や製法によって1,000を越える種類があるとされています。分類方法によっては、3,000といっても過言ではないんだとか。

世界でもチーズの生産国として有名なのは、年間70万トンのチーズを生産しているというオランダ、スイスなど。またチーズを使った料理で思い浮かぶのは、イタリアやフランスといったところでしょうか。

photo by shutterstock
有名なものでは、モッツァレラチーズ、チェダーチーズ、ゴーダチーズなどがあります。カビを伴うカマンベールチーズや、ブルーチーズもよく知られていますね。どれも独特な風味や感触を持っていて、甲乙つけがたいです。

それでは、そんなたくさんの種類があるチーズの中でも、日本の輸入食品ショップ等でも手に入り、かつ美味しいチーズたちを紹介していきます!

モッツァレラの仲間?ブッラータとスカモルツァ

チーズの中でも人気が高いモッツァレラチーズは、フレッシュタイプに分類されます。フレッシュタイプというのは熟成されていない、作りたてを楽しむタイプのチーズで、ミルキーでやわらかいのが特徴。

ヨーグルトの食感に似たリコッタチーズや、スイーツ作りのお供・クリームチーズもこの仲間です。そんなフレッシュタイプの中でも、モッツァレラによく似た2つのチーズをご紹介していきます。

クリーミーさが特徴!ブッラータ

ブッラータチーズはここ数年、テレビや雑誌などで取り上げられているのも多いので、「知ってる!」という方も多いのではないでしょうか?

photo by shutterstock
南イタリアを原産地としたこのチーズ。モッツァレラチーズの生地で作った、つるんとした巾着のような袋の中に、モッツァレラとクリームを混ぜたものが詰められています。ナイフで切るとこの中身があふれ出てきて、食欲をさらにそそります。

“Burrata”は、イタリア語で“バターの様な”という意味だそうです。一度食べてみればその意味がわかりますよ!クリーミーでミルキーで、思い出している今もよだれが出てきそうです。

わたしがイタリア人にオススメされた食べ方は、常温に戻してオリーブオイルやお塩をかけて、そのまま食べること。トマトやルッコラと一緒に食べても美味しいです。もちろんピザやパスタに乗せるのも手ですが、最初はそのミルキーさを味わうためにも、そのまま食べてみては?

スカモルツァ

スカモルツァもブッラータと同じく、主に南イタリアで作られているチーズです。わたしがよく食べるものは「ひょうたん」のような形をしていますが、単純にボールのような形のこともあるようです。

photo by shutterstock
モッツァレラの仲間ですが、モッツァレラが脱水された状態とでも言えばよいのでしょうか。クリーミーさのない、ドライなモッツァレラを想像していただければと思います。モチモチとした弾力はそれでも保たれています。

photo by Shutterstock
プレーンタイプのものと、燻製されているものがありますが、わたしのオススメは燻製タイプです。そのまま食べても美味しいですが、焼いて一手間を加えることで燻製の風味が倍増。とろっととろけて、焼く前とでは食感もまるで別物になります。

フライパンやホットプレートでももちろん良いのですが、バーベキューなどで焼いてみてはいかがでしょうか?焼くとお餅のように伸びるので、見た目のインパクトも抜群。話題を作ること間違いなしです。

トリュフ入りチーズ

世界三大珍味のひとつに数えられるトリュフ。普段の生活で食べることはなかなかないかもしれませんが、実はチーズとの相性ばっちりなんです。

photo by Shutterstock
輸入食品ショップでは、さまざまな種類のトリュフ入りチーズを発見できるのではないでしょうか。トリュフ入りチーズの中で一番よく見られるのは、「ブリーチーズ」という白かびチーズの間に、トリュフが挟まれたもの。

それも美味しいのですが、今回わたしがオススメするのは、チェダーチーズの中にトリュフが入ったものです。チェダーチーズのホロホロとした食感と相まってトリュフの風味が感じられ、これが美味しいんです。

スライスしてクラッカーに乗せればオードブルの完成。お酒を飲まれる方いわく、ワインとの相性も抜群のようですよ。わたしはクリーム系のパスタの上に、おろし金などでシュレッドしてかける食べ方が大好きです。

新食感のハルミチーズ!

photo by Ayaka Kudo
昨今オーストラリアで人気急上昇中なのが、焼いても溶けないという不思議食感の「ハルミチーズ」。その原産はギリシャ・キプロスだとのことです。

塩漬けのチーズなので、味付けを何もしなくても、初めから塩っ気が強いのも特徴のひとつです。初めて食べるという時には、味付けをしすぎないようにお気をつけください。

そのまま食べると、ボソボソとした食感や塩辛さで、何が何だかわからないかもしれません。ハルミチーズの魅力は、焼かないとわからないと言っても過言ではないです。

photo by Ayaka Kudo
加熱によって中身はやわらかくなるのですが、なぜか溶けることはありません。また焼くことで、表面はカリカリに。噛むと、やわらかいながらも「キュッキュッ」という不思議な食感がして、これまたやみつきになります。

「こんなチーズがあるんだ」と、イタリア人も大絶賛していました。非常に美味しいのですがカロリーも塩分も高いようなので、食べ過ぎには注意です。

塩辛さが苦手な方は、焼く前に湯通ししたり、茹でたりしているようです。お好みによって、調理方法を変えてみてくださいね。

手に入らない場合は通販も

photo by Shutterstock
いかがでしたでしょうか?今回は、イタリア人もおすすめの、そして日本でも手に入るさまざまなチーズをご紹介しました。

お近くの輸入食品ショップで見かけなかった場合は、通販を使うのも手です。皆さまのお気に入りのチーズが見つかりますように!

旅をテーマにした総合WEBメディアとして、TABIPPO.NETがフルリニューアル。これからの時代の、多様な旅を若者に提案します。「旅で世界を、もっと素敵に」をビジョンに掲げる株式会社TABIPPOが運営しています。