「ユナイテッド・シネマ」が国内初の “ポップコーンのデリバリー” を開始 / 実際に利用してみたらハイレベルなサービスだった

例えば祭りの屋台の焼きそばや、海の家のカレー、そして映画館のポップコーン。非日常の場所で、あるいは特別な空気感の中で食べると一際美味しく感じる料理というのが、この世には存在すると思う。筆者はこれらを「郷土料理ならぬムード料理」と心の中で勝手に呼んでいる。

さて、ここで取り上げたいのが、有名シネコンの「ユナイテッド・シネマ」が先日2020年8月6日から開始したサービスである。なんとあの「Uber Eats」と連携して、映画館のポップコーンをデリバリーしだしたというのだ。筆者が勝手に「ムード料理」と呼んでいるものの界隈に、いま激震が走っている。

映画館のポップコーンを、映画館でなくとも食べられる。この国内初のサービスを通じて、ユナイテッド・シネマは「お家鑑賞ライフを強力にサポート」すると打ち出している。自宅でも映画館気分が味わえる、というわけだ。

ただ注意すべきは、現時点でデリバリーサービスを導入しているのが「ユナイテッド・シネマとしまえん(東京都練馬区)」と「ユナイテッド・シネマテラスモール松戸(千葉県松戸市)」の2館のみというところである。

幸運にも筆者の住まいは配達範囲内。さっそく注文ページを見てみると、塩味・バター醬油味・キャラメル味・トリュフ塩味(Uber Eats限定)の4種のポップコーンのうち、好みの3種を選ぶ形式となっていた。価格は3つで1200円だ。

また、ほかにもアイスティーやペプシコーラなどMサイズのドリンクを各300円で頼め、加えてデリバリー利用特典としてユナイテッド・シネマグループの劇場で使える映画鑑賞割引券まで用意されている。なかなかどうして良サービスの香りがするではないか。

しかし気がかりな部分もある。というよりそれを確かめるのが注文の目的でもあるのだが、つまりは「自宅で食べる “映画館のポップコーン” は果たして美味しいのか」ということだ。

いざ食べてみて「やはり映画館で食べた方が美味しい」「美味しさはあの場の空気のおかげだったのだ」となってしまったら怖い。失意で血の気が引きかねない。ポップコーン性ショックである。

そんなことを考えつつ、とりあえずは塩味・バター醤油味・トリュフ塩味の3種を注文。しばらくして、紙袋に入った実物が自宅に届いた。

3つの紙袋に、パンパンにポップコーンが詰まっている。ボリュームがすごい。大量のポップコーンに囲まれると、歓喜と恐れがないまぜになって何やら大声を出したくなってくることを初めて知った。

無論それ自体は嬉しい悲鳴なのだが、一方で少し困ったのは袋に味が書いていないことだ。開封して匂いを嗅ぐなどすればわかるものの、外袋から透けて見える部分だけでは厳しい。ポップコーンという食べ物が驚くほど見た目で判別しづらいことも初めて知った。

ともあれ、問題は味である。美味しければ全て良しなのである。というわけで、3種を皿に取り出してそれぞれ実食してみたところ、結論から言うとただただひたすらに美味しかった

まず最初に食べたのは塩味のポップコーンだ。辛すぎない塩気がほどよく舌を刺激し、ふわふわとした食感も相まって、咀嚼していて快いと言うほかなかった。

まさしく王道のザ・ポップコーンといった具合で、万人に受け入れられる仕上がりだ。シンプルだが、かといって自作でこのクオリティも難しいだろうと思わせられる。

次に食べたのはバター醤油味。注文ページに「当館一押し」との文言があったのだが、その通りのやみつきになるポップコーンだった。

香ばしくコクのある甘辛い醤油にバターの風味が合わさり、高い中毒性をもってこちらを引き込んでくる。個人的には味に複数のトーンがある分、塩味よりも好みだ。

が、さらなるハイレベルぶりを堂々と見せつけてくれたのが、最後に食べたトリュフ塩味だった。Uber Eats限定というだけあって、濃厚でいて上品なトリュフの芳香から、開発者の気合の入りようを受け取らずにいられなかった。

筆者にとってポップコーンは「サクサク食べるジャンク料理」という認識が強かったのだが、このトリュフ塩味に関しては深く感じ入りながら「美味(びみ)……」とつぶやいてしまった。

トリュフ塩味を食べるためだけにデリバリーを利用する価値があるとさえ思える。それほどに心底美味しかった。

こうして3種を食べ終えた今となっては、食べる前に味を疑っていたことが申し訳なくて仕方ない。いま自分こそがこの国で1番ポップコーンに対して忸怩(じくじ)たる思いを抱いているという自負がある。

もう1つ発見があったことを付け加えておくと、配達されたポップコーンの味と匂いを堪能しているうちに、不思議なもので本当に映画館にいる気分になってくるのだ。料理自体がムードを作り出すという、「ムード料理」の新境地を見た心地である。

改めて、デリバリーに対応している劇場が2館のみというのはもったいない。これからの拡大に期待するしかない。新たな形のポップコーンブームが膨らんで弾けることを、心の中で勝手に願っておこう。

参照元:ユナイテッド・シネマ公式HP(PDF)
Report:西本大紀
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

レトルトカレーが並ぶ本棚「カレーなる本棚(R)」からベストカレーを決定!

「カレーなる本棚(R)」とは

まるで書店に来ているかのような、色彩豊かなカレー売り場。こちらは食料品専門店「北野エース」が2009年にスタートさせた、新しいカレーの売り方「カレーなる本棚(R)」です。いかに少ないスペースでお客様に見やすく、手に取りやすい環境にできるかを追求したところ、”本棚に本が並んでいるようにカレーの背表紙を並べる”というアイデアを考案し、この「カレーなる本棚(R)」は生まれました。

北は北海道から、南は沖縄まで、全国のご当地カレーや果物カレーなど、約300種類のカレーを揃えているそうです。

注目!「カレーなるレトルトカレー大賞」

「カレーなるレトルトカレー大賞」は、今年で10周年を迎えた「カレーなる本棚(R)」を、もっと知ってもらいたい!という想いから考案された企画です。これまで多くのレトルトカレーを取り扱ってきた全国の北野エーススタッフが、3つの部門ごとに投票し1位から3位までを決定しました。

選考基準は、「純粋に美味しい、是非ともお召し上がりいただきたい」と感じたもの。ベスト3にランクインしたカレーは、本棚とは別に、「カレーなるレトルトカレー大賞」コーナーで展示されます。

【お肉部門】

1位 吉田ハム「飛騨牛ビーフカレー」

2位 キタノセレクション「大人のためのビーフカレー」

3位 牛長「和牛入れすぎカレー」

【ご当地部門】

1位 レインボー食品「広島名産 かきカレー 中辛」

2位 キャニオンスパイス「京都三味一体カレー」

3位 ヤチヨ「よこすか海軍カレー」

【名店部門】

1位 長崎豊味館「牛テールカレーゴロット」

2位 五島軒「函館カレー中辛」

3位 銀座千疋屋「銀座千疋屋のプレミアムビーフカレー」

そろそろカレーが食べたくなってきましたか?
皆さんも自分好みのカレーを探しに、本棚へ足を運んでみてくださいね!

■「カレーなるレトルトカレー大賞」コーナー概要
展開期間:2019年10月30日~
展開店舗:全国の北野エース(一部を除く)

■カレーなる本棚(R)10周年 SNS投稿キャンペーン実施中
「カレーなる本棚(R)」写真と「#カレーなる本棚は北野エース」タグをつけてInstagram・Twitterに投稿すると、抽選で「合計100名」にカレーなる本棚(R)10周年記念カレーTシャツが当たる!

詳細URL: https://www.ace-group.co.jp/news/175_941.html

【関連リンク】
・株式会社エース 公式サイト
・北野エース 公式Instagram
・株式会社エース 公式通販サイト

@PRESS

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

あなたはどのチーズがお気に入り?日本で手に入る世界のチーズ

こんにちは、トラベルライターでチーズが大好きな工藤綾香です。

ピザにグラタンにチーズフォンデュ、少し前に流行ったタッカルビなど、チーズを使った料理って人気ですよね。

チーズにもたくさん種類がありますが、わたしたちが普段食べているものはその中でもほんの一部かもしれません。

今回の記事では、世界のいろいろな美味しいチーズをご紹介していきます。記事内でご紹介しているものはすべて、美食家イタリア人お墨付きです!お好みのチーズがみつかりますように。

チーズは最古の食品のひとつ

日本で初めてチーズが食べられたのは、いつだと思いますか?文明開化の頃か、それとも戦後?

photo by shutterstock
そんなイメージですが、日本の最古のチーズはなんと飛鳥時代にはすでに作られていたとか。本格的に産業化したのはどうやら明治時代頃のようですね。

世界でも最古の食品のひとつであるチーズは、驚くなかれ、ヨーロッパでは紀元前6000年頃にはすでに作られていたといいます。ただ、あまりにも昔のことなので、発祥の地がどこかというのははっきりとは言えないようです。

ヨーロッパという説もあれば、モンゴルなどのアジアではという説も。

今でこそ毎日でも食べられるチーズですが、世界中どこの地域を見ても、その美味しさから歴史上は高級品だったようです。神様の捧げ物として作られたり、貴族しか食べられなかったり。

当たり前のようにチーズが食べられる現在の文明に感謝ですね。

世界にはチーズがなんと1,000種類以上

photo by unsplash
チーズは、原料や製法によって1,000を越える種類があるとされています。分類方法によっては、3,000といっても過言ではないんだとか。

世界でもチーズの生産国として有名なのは、年間70万トンのチーズを生産しているというオランダ、スイスなど。またチーズを使った料理で思い浮かぶのは、イタリアやフランスといったところでしょうか。

photo by shutterstock
有名なものでは、モッツァレラチーズ、チェダーチーズ、ゴーダチーズなどがあります。カビを伴うカマンベールチーズや、ブルーチーズもよく知られていますね。どれも独特な風味や感触を持っていて、甲乙つけがたいです。

それでは、そんなたくさんの種類があるチーズの中でも、日本の輸入食品ショップ等でも手に入り、かつ美味しいチーズたちを紹介していきます!

モッツァレラの仲間?ブッラータとスカモルツァ

チーズの中でも人気が高いモッツァレラチーズは、フレッシュタイプに分類されます。フレッシュタイプというのは熟成されていない、作りたてを楽しむタイプのチーズで、ミルキーでやわらかいのが特徴。

ヨーグルトの食感に似たリコッタチーズや、スイーツ作りのお供・クリームチーズもこの仲間です。そんなフレッシュタイプの中でも、モッツァレラによく似た2つのチーズをご紹介していきます。

クリーミーさが特徴!ブッラータ

ブッラータチーズはここ数年、テレビや雑誌などで取り上げられているのも多いので、「知ってる!」という方も多いのではないでしょうか?

photo by shutterstock
南イタリアを原産地としたこのチーズ。モッツァレラチーズの生地で作った、つるんとした巾着のような袋の中に、モッツァレラとクリームを混ぜたものが詰められています。ナイフで切るとこの中身があふれ出てきて、食欲をさらにそそります。

“Burrata”は、イタリア語で“バターの様な”という意味だそうです。一度食べてみればその意味がわかりますよ!クリーミーでミルキーで、思い出している今もよだれが出てきそうです。

わたしがイタリア人にオススメされた食べ方は、常温に戻してオリーブオイルやお塩をかけて、そのまま食べること。トマトやルッコラと一緒に食べても美味しいです。もちろんピザやパスタに乗せるのも手ですが、最初はそのミルキーさを味わうためにも、そのまま食べてみては?

スカモルツァ

スカモルツァもブッラータと同じく、主に南イタリアで作られているチーズです。わたしがよく食べるものは「ひょうたん」のような形をしていますが、単純にボールのような形のこともあるようです。

photo by shutterstock
モッツァレラの仲間ですが、モッツァレラが脱水された状態とでも言えばよいのでしょうか。クリーミーさのない、ドライなモッツァレラを想像していただければと思います。モチモチとした弾力はそれでも保たれています。

photo by Shutterstock
プレーンタイプのものと、燻製されているものがありますが、わたしのオススメは燻製タイプです。そのまま食べても美味しいですが、焼いて一手間を加えることで燻製の風味が倍増。とろっととろけて、焼く前とでは食感もまるで別物になります。

フライパンやホットプレートでももちろん良いのですが、バーベキューなどで焼いてみてはいかがでしょうか?焼くとお餅のように伸びるので、見た目のインパクトも抜群。話題を作ること間違いなしです。

トリュフ入りチーズ

世界三大珍味のひとつに数えられるトリュフ。普段の生活で食べることはなかなかないかもしれませんが、実はチーズとの相性ばっちりなんです。

photo by Shutterstock
輸入食品ショップでは、さまざまな種類のトリュフ入りチーズを発見できるのではないでしょうか。トリュフ入りチーズの中で一番よく見られるのは、「ブリーチーズ」という白かびチーズの間に、トリュフが挟まれたもの。

それも美味しいのですが、今回わたしがオススメするのは、チェダーチーズの中にトリュフが入ったものです。チェダーチーズのホロホロとした食感と相まってトリュフの風味が感じられ、これが美味しいんです。

スライスしてクラッカーに乗せればオードブルの完成。お酒を飲まれる方いわく、ワインとの相性も抜群のようですよ。わたしはクリーム系のパスタの上に、おろし金などでシュレッドしてかける食べ方が大好きです。

新食感のハルミチーズ!

photo by Ayaka Kudo
昨今オーストラリアで人気急上昇中なのが、焼いても溶けないという不思議食感の「ハルミチーズ」。その原産はギリシャ・キプロスだとのことです。

塩漬けのチーズなので、味付けを何もしなくても、初めから塩っ気が強いのも特徴のひとつです。初めて食べるという時には、味付けをしすぎないようにお気をつけください。

そのまま食べると、ボソボソとした食感や塩辛さで、何が何だかわからないかもしれません。ハルミチーズの魅力は、焼かないとわからないと言っても過言ではないです。

photo by Ayaka Kudo
加熱によって中身はやわらかくなるのですが、なぜか溶けることはありません。また焼くことで、表面はカリカリに。噛むと、やわらかいながらも「キュッキュッ」という不思議な食感がして、これまたやみつきになります。

「こんなチーズがあるんだ」と、イタリア人も大絶賛していました。非常に美味しいのですがカロリーも塩分も高いようなので、食べ過ぎには注意です。

塩辛さが苦手な方は、焼く前に湯通ししたり、茹でたりしているようです。お好みによって、調理方法を変えてみてくださいね。

手に入らない場合は通販も

photo by Shutterstock
いかがでしたでしょうか?今回は、イタリア人もおすすめの、そして日本でも手に入るさまざまなチーズをご紹介しました。

お近くの輸入食品ショップで見かけなかった場合は、通販を使うのも手です。皆さまのお気に入りのチーズが見つかりますように!

旅をテーマにした総合WEBメディアとして、TABIPPO.NETがフルリニューアル。これからの時代の、多様な旅を若者に提案します。「旅で世界を、もっと素敵に」をビジョンに掲げる株式会社TABIPPOが運営しています。