通販OK!ウーバーイーツも。パティシエのこだわりがギュッと詰まった「久地パン」

どのパンにする!?種類豊富な食パン

久地パン02
毎日でも食べたくなるような、ほんのり甘くやさしい味わいが楽しめる「久地パン」。“自宅での時間がより楽しく充実したものであってほしい”と切に願う、パティシエ達の思いから生まれています。一番人気は、北海道産生クリームを贅沢に使用し、はちみつや練乳を加えてほんのり甘く焼き上げた「生食パン」。あんこやシナモン、チーズなどの具材を生地に巻き込み焼き上げた「くるくる食パン」シリーズもバラエティ豊かに取り揃えています。

生食パン 極み

◇生食パン 極み(1斤)
価格:600円(税込)
北海道産生クリームを贅沢に加えて焼き上げた、しっとりもちもち食感が楽しめます。

くるくる食パン チーズ

◇くるくる食パン チーズ(1斤)
価格:800円(税込)
香り豊かな角切りチーズと、エダムチーズのマイルドなコクがクセになるおいしさです。

くるくる食パン シナモン

◇くるくる食パン シナモン(1斤)
価格:700円(税込)
シナモンの甘い香りと、自家製アーモンドクリームが旨味を引き立てます。

くるくる食パン ラムレーズン

◇くるくる食パン ラムレーズン(1斤)
価格:700円(税込)
ラム酒に漬け込んだ自家製ラムレーズンが豊かに香ります。口いっぱいに広がる大人の味わい!

オンラインやUber Eatsの導入も!


店頭には、その他にもクロワッサン、ハニートースト、パンオショコラなどが並ぶほか、コンフィチュール専門店での修行経験もあるパティシエが作る、コンフィチュールやプリン、ケーキ、フルーツタルトなどのスイーツも取り揃えています。

また、独自の配合で丁寧に焼き上げたパンを急速冷凍し、焼きたての美味しさを閉じ込めて配送するオンラインショップもスタート。さらには、Uber Eatsの導入も開始しています。いつでも手軽に、パティシエがつくる「久地パン」を楽しむことができますよ!

久地パン オンラインショップ:https://kujipan.shop

【久地パン】
住所:神奈川県川崎市高津区久地3-14-18
電話:070-2264-5182
業時間:9時~18時(時間変更の可能性有)
定休日:不定休

[@Press]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

ダイエット向きの「雑穀」を比べてみた。玄米、もち麦、大麦…どれが最強?

【ラクうま美人ごはん vol.37】  ダイエットには、どれが正解なのか?  ダイエットごはんの定番になりつつある「雑穀」。みなさんはどんな視点で選んでいますか? 例えば、白米に雑穀を混ぜることを考えると、「玄米」や「も […]

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

あなたはどのチーズがお気に入り?日本で手に入る世界のチーズ

こんにちは、トラベルライターでチーズが大好きな工藤綾香です。

ピザにグラタンにチーズフォンデュ、少し前に流行ったタッカルビなど、チーズを使った料理って人気ですよね。

チーズにもたくさん種類がありますが、わたしたちが普段食べているものはその中でもほんの一部かもしれません。

今回の記事では、世界のいろいろな美味しいチーズをご紹介していきます。記事内でご紹介しているものはすべて、美食家イタリア人お墨付きです!お好みのチーズがみつかりますように。

チーズは最古の食品のひとつ

日本で初めてチーズが食べられたのは、いつだと思いますか?文明開化の頃か、それとも戦後?

photo by shutterstock
そんなイメージですが、日本の最古のチーズはなんと飛鳥時代にはすでに作られていたとか。本格的に産業化したのはどうやら明治時代頃のようですね。

世界でも最古の食品のひとつであるチーズは、驚くなかれ、ヨーロッパでは紀元前6000年頃にはすでに作られていたといいます。ただ、あまりにも昔のことなので、発祥の地がどこかというのははっきりとは言えないようです。

ヨーロッパという説もあれば、モンゴルなどのアジアではという説も。

今でこそ毎日でも食べられるチーズですが、世界中どこの地域を見ても、その美味しさから歴史上は高級品だったようです。神様の捧げ物として作られたり、貴族しか食べられなかったり。

当たり前のようにチーズが食べられる現在の文明に感謝ですね。

世界にはチーズがなんと1,000種類以上

photo by unsplash
チーズは、原料や製法によって1,000を越える種類があるとされています。分類方法によっては、3,000といっても過言ではないんだとか。

世界でもチーズの生産国として有名なのは、年間70万トンのチーズを生産しているというオランダ、スイスなど。またチーズを使った料理で思い浮かぶのは、イタリアやフランスといったところでしょうか。

photo by shutterstock
有名なものでは、モッツァレラチーズ、チェダーチーズ、ゴーダチーズなどがあります。カビを伴うカマンベールチーズや、ブルーチーズもよく知られていますね。どれも独特な風味や感触を持っていて、甲乙つけがたいです。

それでは、そんなたくさんの種類があるチーズの中でも、日本の輸入食品ショップ等でも手に入り、かつ美味しいチーズたちを紹介していきます!

モッツァレラの仲間?ブッラータとスカモルツァ

チーズの中でも人気が高いモッツァレラチーズは、フレッシュタイプに分類されます。フレッシュタイプというのは熟成されていない、作りたてを楽しむタイプのチーズで、ミルキーでやわらかいのが特徴。

ヨーグルトの食感に似たリコッタチーズや、スイーツ作りのお供・クリームチーズもこの仲間です。そんなフレッシュタイプの中でも、モッツァレラによく似た2つのチーズをご紹介していきます。

クリーミーさが特徴!ブッラータ

ブッラータチーズはここ数年、テレビや雑誌などで取り上げられているのも多いので、「知ってる!」という方も多いのではないでしょうか?

photo by shutterstock
南イタリアを原産地としたこのチーズ。モッツァレラチーズの生地で作った、つるんとした巾着のような袋の中に、モッツァレラとクリームを混ぜたものが詰められています。ナイフで切るとこの中身があふれ出てきて、食欲をさらにそそります。

“Burrata”は、イタリア語で“バターの様な”という意味だそうです。一度食べてみればその意味がわかりますよ!クリーミーでミルキーで、思い出している今もよだれが出てきそうです。

わたしがイタリア人にオススメされた食べ方は、常温に戻してオリーブオイルやお塩をかけて、そのまま食べること。トマトやルッコラと一緒に食べても美味しいです。もちろんピザやパスタに乗せるのも手ですが、最初はそのミルキーさを味わうためにも、そのまま食べてみては?

スカモルツァ

スカモルツァもブッラータと同じく、主に南イタリアで作られているチーズです。わたしがよく食べるものは「ひょうたん」のような形をしていますが、単純にボールのような形のこともあるようです。

photo by shutterstock
モッツァレラの仲間ですが、モッツァレラが脱水された状態とでも言えばよいのでしょうか。クリーミーさのない、ドライなモッツァレラを想像していただければと思います。モチモチとした弾力はそれでも保たれています。

photo by Shutterstock
プレーンタイプのものと、燻製されているものがありますが、わたしのオススメは燻製タイプです。そのまま食べても美味しいですが、焼いて一手間を加えることで燻製の風味が倍増。とろっととろけて、焼く前とでは食感もまるで別物になります。

フライパンやホットプレートでももちろん良いのですが、バーベキューなどで焼いてみてはいかがでしょうか?焼くとお餅のように伸びるので、見た目のインパクトも抜群。話題を作ること間違いなしです。

トリュフ入りチーズ

世界三大珍味のひとつに数えられるトリュフ。普段の生活で食べることはなかなかないかもしれませんが、実はチーズとの相性ばっちりなんです。

photo by Shutterstock
輸入食品ショップでは、さまざまな種類のトリュフ入りチーズを発見できるのではないでしょうか。トリュフ入りチーズの中で一番よく見られるのは、「ブリーチーズ」という白かびチーズの間に、トリュフが挟まれたもの。

それも美味しいのですが、今回わたしがオススメするのは、チェダーチーズの中にトリュフが入ったものです。チェダーチーズのホロホロとした食感と相まってトリュフの風味が感じられ、これが美味しいんです。

スライスしてクラッカーに乗せればオードブルの完成。お酒を飲まれる方いわく、ワインとの相性も抜群のようですよ。わたしはクリーム系のパスタの上に、おろし金などでシュレッドしてかける食べ方が大好きです。

新食感のハルミチーズ!

photo by Ayaka Kudo
昨今オーストラリアで人気急上昇中なのが、焼いても溶けないという不思議食感の「ハルミチーズ」。その原産はギリシャ・キプロスだとのことです。

塩漬けのチーズなので、味付けを何もしなくても、初めから塩っ気が強いのも特徴のひとつです。初めて食べるという時には、味付けをしすぎないようにお気をつけください。

そのまま食べると、ボソボソとした食感や塩辛さで、何が何だかわからないかもしれません。ハルミチーズの魅力は、焼かないとわからないと言っても過言ではないです。

photo by Ayaka Kudo
加熱によって中身はやわらかくなるのですが、なぜか溶けることはありません。また焼くことで、表面はカリカリに。噛むと、やわらかいながらも「キュッキュッ」という不思議な食感がして、これまたやみつきになります。

「こんなチーズがあるんだ」と、イタリア人も大絶賛していました。非常に美味しいのですがカロリーも塩分も高いようなので、食べ過ぎには注意です。

塩辛さが苦手な方は、焼く前に湯通ししたり、茹でたりしているようです。お好みによって、調理方法を変えてみてくださいね。

手に入らない場合は通販も

photo by Shutterstock
いかがでしたでしょうか?今回は、イタリア人もおすすめの、そして日本でも手に入るさまざまなチーズをご紹介しました。

お近くの輸入食品ショップで見かけなかった場合は、通販を使うのも手です。皆さまのお気に入りのチーズが見つかりますように!

旅をテーマにした総合WEBメディアとして、TABIPPO.NETがフルリニューアル。これからの時代の、多様な旅を若者に提案します。「旅で世界を、もっと素敵に」をビジョンに掲げる株式会社TABIPPOが運営しています。