いながきの駄菓子屋探訪(9)宮城県柴田郡村田町「つり具のヤマダ」

仙台市から25キロのコンパクトな街・村田町

仙台市はさすが大きな街で、元気な問屋さんも複数あり駄菓子屋も多く残っていて、探訪も順調そのもの。夕食後に銭湯へ行き(仙台は昔ながらの銭湯も多く残っているので選び放題です)、上がって座敷でくつろぎながらスマホで駄菓子屋を調べていたところ、更新日の古いブログに行き当たりました。

そのお店は、ブログには「村田町にある駄菓子屋」として書かれているものの、外観も店名も完全に釣具屋。更新日がだいぶ前なので現在も開いているか微妙だったんですが、気になりすぎて翌日訪ねてみることにしました。

村田町は仙台市街から南西に25キロほど行ったところにあり、高速道路のインターチェンジや道の駅、町役場から学校、商店といった暮らしに基づく主要な機能が狭い範囲に凝縮されたコンパクトな街でした。釣具屋さんは街の北側で営業しており、「駄菓子」というノボリが立っていたので、いろんな意味でひと安心です。
宮城県村田町・つり具のヤマダ2

左半分が駄菓子、右半分が釣具売り場

「つり具のヤマダ」の店内に入ると、左半分が駄菓子、右半分が釣具売り場という造りになっていました。駄菓子屋の部分は小上がりの座敷の土間側部分を棚にし、内側に店主が座るという合理的で雰囲気の良い構造になっています。平日の昼間に子連れで、話し言葉も違うからか、「あら?どこからきたの?」と話しかけられました。それをきっかけに話は弾みに弾んで、なんと2時間超!ついには朝食までいただいてしまいました(笑)。
宮城県村田町・つり具のヤマダ3

戦前から続く駄菓子屋

つり具のヤマダは、店主ご夫妻のご主人のお父さんが戦前から営んでいた、菓子やおもちゃの卸売業兼小売店から始まったとのこと。先代の頃は丸メンコを自分で作って販売したりと、製造業のようなこともしていたそうです。引き継いだあとに店舗の半分を釣具屋にしたそうなのですが、これはご主人の趣味から始まったとのことです。

「これから駄菓子屋を始める?全国の駄菓子屋を訪ねて回ってる??うわーそんな酔狂な人がいるんだねえ(笑)。駄菓子屋で食っていくのは本当に大変だよ。うちは元々卸から始まってるから、安く仕入れられるんで、なんとかなってる。普通にやったら駄菓子だけじゃとても無理だよ。こっちのほうは子どもの数も昔の10分の1くらいに減っちゃった。本気でやるなら、いろんなこと考えなくちゃいけないよ」
宮城県村田町・つり具のヤマダ4

話し込む中で、親の代から続く経験と、これからの時代の見通しを絡め、駄菓子屋が生き残っていくにはどうしたら良いかということを学ばせてくれました。長居させてもらっている間も、近所の人や釣り人が絶え間なく来店しては店主ご夫妻と談笑していき、この土地の言葉が飛び交います。柔和な表情で優しい奥さんと、見るからに商人(あきんど)という感じの、キリっとした顔をされているご主人。同じ話題でもご夫婦で切り口が違うからか、誰もが話が膨らんで尽きない様子でした。

つり具のヤマダ
住所:宮城県柴田郡村田町大字村田末広町23
電話:0224-83-2228
営業時間:7:30~18:30
定休日:不定休

[All photos by Atsushi Miyanaga]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

食べるほどに健康になれる食パン?「高級食パン専門店あずき」の人気の秘密を解明



食パンといえば、誰もが真っ白なパンをイメージすると思いますが、「高級食パン専門店あずき」の看板メニューは、その名の通り“あずき”入りの「AZUKI食パン」なのです。それでは、なぜ、あずき入りの食パンにこだわったのでしょうか? 「毎日でも食べたくなる」と巷で話題の食パンの秘密に迫ります。

子どもに食べさせるなら、体に良いものを」。子を思う親心から生まれた絶品食パンとは?

「高級食パン専門店あずき」の外観

食パンブームが加速する今、多種多様な食パンが登場していますが、「高級食パン専門店あずき」の食パンは、地域住民に親しまれているという特性があるんです。昨年7月に衝撃のオープンを果たして以降、連日完売。その人気の秘密を、考案者のひとりである取締役の村田まゆみさんに教えていただきました。

「高級食パン専門店あずき」の取締役の村田まゆみさん

「菓子パンが高級品とされていた子ども時代に食べていたのが、食パンでした。私にとっては思い出深い食品でもあるのですが、日本人が大好きな“あずき”を抱き合わせたら、絶対美味しくて幸せだろうなと(笑)。そんな単純なひらめきから始まりました」と村田さん。

とはいえ、本格的にスタートさせたきっかけは、出産を体験したことにあったといいます。

「それまで美容業界にどっぷり浸かっていたのですが、子どもを産んだ途端、“食”への興味が強くなったんです。やっぱり子どもには、安心できるものを食べさせたいと思うようになりました。それから、子どもは正直なので、美味しくないと食べてくれない(笑)。そんな日常生活のなかから、本格的に美味しい食パンを研究する日々が始まったのです」

2年がかりで完成した「究極の食感」

「高級食パン専門店あずき」の看板メニュー「AZUKI食パン(1本1.5斤、1,200円・税込)」

素材選びへのこだわりはもちろんのこと、美味しさのポイントは、あずき豆のサイズにあると村田さん。「大きすぎると水分を取りすぎてしまってパン自体がパサパサしてしまうし、あずき自体が主役になりすぎてもイメージと違う。あくまでも、食パンを主体とした中のあずきの存在感を、試行錯誤しながら研究し尽くしました」

そうして誕生したのが、この「AZUKI食パン(1本1.5斤、1,200円・税込)」なのです。風味豊かでありながらクセが強くない、その絶妙バランスは、食さずにはいれません!

3つの味を食べ比べ!1枚単位での購入も可能

「AZUKI食パン(1本1.5斤、1,200円・税込)」、「SHIRO食パン(1本1.5斤、850円・税込)」、「MATCHA食パン(1本1.5斤、1,500円・税込)」

現在「AZUKI食パン」に加え、「SHIRO食パン(1本1.5斤、850円・税込)」、「MATCHA食パン(1本1.5斤、1,500円・税込)」の3タイプを展開している同店では、食べ比べを楽しむ方も多いとか。

「1枚切り(AZUKI食パン・250円、SHIRO食パン・200円、MATCHA食パン・350円)」

「うちでは、スライスした『1枚切り(AZUKI食パン・250円、SHIRO食パン・200円、MATCHA食パン・350円)』から購入できるようになっているので、毎日その日の分だけ買いにいらっしゃる常連さんも、いらっしゃいますよ」

食パンをスライスして売るというのは、手間がかかることですが、「毎日いちばん美味しいフレッシュな食パンを食べて欲しいという」村田さんの想いから、お客さまファーストなサービスを心がけているといいます。地域住民に愛される理由はここにあるのかもしれません。

毎日多い日には800本完売!いつでもフレッシュな食パンが並ぶ理由は?

毎日多い日には800本完売する「高級食パン専門店あずき」の食パン

「実は、約24時間、工房は動きっぱなしなんです。いつでもフレッシュな焼きたてを提供できる理由は、ここにあります。もちろん、開店前からお客様が並ばれているケースもありますが、基本いつでも購入いただけるよう配慮しています。それでも売り切れてしまうこともありますので、確実に購入されたい場合には、電話での事前予約をオススメします」

同店では、当日予約に加え、先々の大口予約にも相談に乗ってくれるとか。「紅白の食パンは縁起物でもありますので、年賀のお祝いや結婚式の引き出物など、祝いの席での手土産としても展開していく予定です」

まずは、それぞれの希望を元に相談してみてください。

「高級食パン専門店あずき」の食パンのおいしい食べ方



「やっぱり、生がいちばん!」と村田さん。しっとり柔らかな食感と、互いを引き立てあう素材のハーモニー。ヨーグルトの酸味やマスカルポーネのコク。噛みしめるほどに味わい深いあずきの風味を堪能できる、新感覚の食パンは、リピートしたくなるのも頷けます。

2日目はトーストでいただきたい生で味わいたい「高級食パン専門店あずき」の食パン

2日目以降は、もちろんトーストして味の変化を楽しむのも◎。バターを乗せれば、おやつ代わりにも。常温で約3日、冷凍で約10日、保存が可能というので、オリジナルの食べ方を試してみるのもアリですね!

駅から徒歩2分!スムーズなアクセス方法はこちら

東京急行電鉄・二子玉川駅から徒歩2分の距離にある「高級食パン専門店あずき」

電車で向かう場合、東京急行電鉄・二子玉川駅の東口の改札を出て左折、ケンタッキー フライドチキン前にあるひとつ目の信号を渡り、1本目の角を左折、さらに1本目の角を右折すると、左手に商業施設「ストリーム タマガワ」が登場。細長い廊下をまっすぐ進むと「高級食パン専門店あずき」の看板が現れます!

食べる人への愛情から生まれた「高級食パン専門店あずき」の食パンには、食べるほどに豊かな気持ちにさせてくれる、不思議な魅力があります。主食に迎え入れたい絶品食パンをぜひ、試してみてください。

【店舗詳細】高級食パン専門店あずき
住所:東京都世田谷区玉川3-9-3 ストリーム タマガワ1階B号室
TEL:03-6431-0302
営業時間:10:00~20:00(日曜日は10:00~19:00)
定休日:毎週水曜日
https://www.shokupan-azuki.jp

【アクセス】
東京急行電鉄 二子玉川駅 東口 徒歩2分

[All Photos by Ayano Ishihara]

食パン好きなあなたは、以下の記事も要チェックです!
『【行列の絶えない店】VIRONの食パン専門店にバタートースト評論家と行く』
『【極秘公開】 絶品を超える!もっちりふんわり、極厚バタートーストの作り方』
『【特集】話題の食パン専門店を調査せよ!』

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【とまらない】ファミマで全米No.1ソーセージ「ジョンソンヴィル 」が販売開始 / 最強のおかず兼酒のつまみ爆誕

最高。結論から言うと、そういう感じ。全米No.1ソーセージとして圧倒的ウマさを誇るジョンソンヴィル。様々な食料品店で売られているが、それらは複数本のパックのみ。量が多かったり、値段がそれなりにお高めということで、知っていたが買ったことは無い……的な人もいるだろう。

が、それらの問題が一気に解決される事態が発生。2020年8月25日から、全国のファミリーマートにてジョンソンヴィルのバラ売りが始まったのだ……! これはもう緊急事態である。さっそく食べてみたところ……ソーセージと酒が止まらねぇ!!

・バラ売り最高

今回ファミマで販売が始まったのは「ジョンソンヴィル オリジナルスモーク」で、値段は税込み158円。1本ごとに真空パックされているため、食べたい時に食べたい本数だけ開封することが可能。しかもファミマなので、北海道でもない限り、そこまで遠くないところに店舗はあるだろう。

これまでのジョンソンヴィルは6本パックが主で、種類によっては4本パック、12本パックなど。いずれにせよ1度開けてしまうと再び封をすることが困難なタイプの包装だった。別にタッパーなりジップロックを用意すればいいのだが、そういう細かい手間が微妙に面倒だったのは筆者だけではあるまい。

そして、どこで買っても6本パックで約1000円という値段も、二の足を踏ませる。美味さからすれば全く高くはない。しかし、庶民にとって約1000円という金額は安いとも言い難く、時にはそこはかとない罪悪感も。しかし1本158円から買えるようになった今、1度の出費は何本買うか次第。

ファミマで今回1本158円で買えるようになったのも、6本買ったら948円なので1本毎の値段としては変わらない。感じ方の問題で、本質的にはこれまでと同じだが、感じ方というのは時に何よりも強く行動に影響しうるもの。ご存じでしょう。

・そのままでも加熱しても

パッケージの裏面によると、そのまま食べても、加熱して食べてもOKなもよう。これはありがたい。酒のつまみにする場合など、加熱するのが面倒な時もなくはない。ベリッとひん剥いてそのまま食べられるのは嬉しい。

加熱する場合は、電子レンジであれば開封口を少し開けてチンするもよう。そしてボイルの場合は、開封せずにそのまま鍋に放り込み、約3分茹でればいいようだ。

筆者もまずは1本だけそのまま食べてみたが、安定のジョンソンヴィルクオリティでとても美味い。が、オススメはボイルだ。そのままでも美味いが、ボイルにするとプリプリ感とジューシー感が圧倒的に増す

・あふれ出る美味い汁

ボイルした場合気を付けて欲しいのが、アツアツの汁である。ボイル後に勢いよく開けると、ソーセージから滲み出たと思しき激熱な肉汁的なものが飛び出してくる。気を付けてゆっくり開封することをオススメする。

まあぶっちゃけ、勢いよく開けた結果アツアツな汁が飛び散ってやや熱い思いをするのは割とどうでもいい。飛び散らせた場合、その汁を失ってしまうことこそ真の悲劇なのだ。どういうことか? 開封時にこの汁に気づいたとき、その……下品なんですが……この汁……吸ってしまいましてね。とても美味いんですよ。ずっと吸っていたい。

茹でたジョンソンヴィルを噛むと、この美味い汁が中からも溢れてくる。最高だ。パッケージ裏では言及されていないが、軽く焼いても間違いなく美味いだろう。手間をかけずにそのまま食べても良し。加熱してもよし。

普通におかずにするのもよし、酒のつまみにするもよし。特に酒のつまみとしてのポテンシャルは非常に高く、全面的に隙の無いパーフェクトな存在だと思う。弱点をあげるとすれば、個包装で保存がきくからとまとめて買うも、手軽さとウマさから一気に食べてしまいかねない点か。酒の量も普段より増えてしまいかねない。心を強く持たねばならないだろう。

参照元:ファミリーマートジョンソンヴィル、Twitter @famima_now
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。