【超難解】サイゼリヤのレジ横にある「大人の間違い探し」がムズすぎる件! まさかの左右反転で三半規管を狂わせる鬼仕様

サイゼリヤがキッズメニューに忍ばさせた罪深き罠、間違い探し。その鬼畜なまでの難しさから、あれを “大人向け” と表現する者は多いように思うが、実はサイゼには真の「大人の間違い探し」が存在することをご存じだろうか?

と言っても、それはテーブルのメニュー立てには挟まっていない。レジ横で無謀な勇者の挑戦をただ一人、静かに待っているのである。その有無を言わせぬ迫力はさながらドラクエの裏ボス。さあ大人たちよ、覚悟するがいい。ここからが本当の間違い探しだ……!

・大人の間違い探し

サイゼのキッズメニューに掲載されている間違い探しと言えば、その可愛らしいイラストからは想像もつかないほどの超絶難易度で有名だ。メニューの表裏で間違いは10カ所。が、最後の1個まで特定するのは至難の業である。まさに悪魔的。

そんなディアボラ間違い探しには、実は「大人の間違い探し」と呼ばれる亜種が存在する。場所はレジ横のチラシ等が置かれたスペース(店舗によるかもしれない)。一見するとテイクアウト広告のようだが、裏返してみると……

明らかにヤバイ気配が。

「超難解! 大人の間違い探し」と書かれたこのフリーペーパーには、右と左で間違いが5カ所あるという。なんだいつもの半分じゃないか。大したことないな。と思う人もいるかもしれないが、よ~くイラストを見て欲しい。お馴染みのタッチながら、何やら普段と様子が異なることに気付くはず。

そう……

まさかの左右反転である……!

・鬼仕様

ただでさえ白黒絵で視覚的に分かりづらいのに、さらに左右の向きが真逆になってしまっているのだ。なんたるストレス……! いつものようにイラストを交互に見比べながら、同時にそれを脳内で反転させないといけないため負荷がハンパではない。途中から何がなんだか分からなくなってくるぞ。

にもかかわらず、間違いの難易度自体は通常営業なので次第に三半規管が狂ってくる。テーブルにのった大量の食材に殺意が沸いてくるのは私(あひるねこ)だけではあるまい。「野菜たっぷりのせちゃお」じゃねーよ! 目がチカチカすんだよ!!

・大人はつらいよ

個人的にはキッズメニューの間違い探しよりも心が折れるというか、脳が疲弊してやる気が右肩下がりに落ちていくのを強く実感した。これは「大人の世界は甘くない」という、サイゼ側からのメッセージなんだろうか? チャレンジする際はどうか自身の精神状態を考慮した上でお願いしたい。負けるな、大人。

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

丸亀製麺で「卵かけご飯」を食べようとしたら店員さんに「これを足すともっとウマくなる」と言われて…『究極のTKG』が出来た

みんな大好き、卵かけご飯(TKG)。シンプルな料理でありながら そのアレンジは無限にあり、ちょっとした工夫で味がガラリと変わってしまうことだって珍しくない。

そんなTKGを私はこよなく愛しており、ここ最近「実はTKGの穴場じゃないの?」と感じているのが丸亀製麺。「うどん屋でしょ!」と思うかもしれないが、丸亀製麺では天丼用のご飯や生卵もあるので、TKGが可能なのだ。

さらに様々なトッピングを組み合わせれば、フラワーアレンジメントならぬTKGアレンジメントまで出来る……って知ってた?

もちろんのこと、TKGアレンジメントには無数のパターンがあるのだが、その中でも特に「めんたま丼」が美味しい……という記事を以前に公開した。

簡単に説明すると、めんたま丼とは明太子と卵をのせたTKGアレンジメントの1種で、大根おろしを加える「めんたまおろし丼」はさらにウマいという内容である。

忘れている人や、そもそもその記事を知らない人も多いだろうから、必要なトッピングだけ書き出しておくとこんな感じ。

【めんたま(おろし)丼に必要なもの】

・天丼用ごはん(130円)
・生玉子(70円)
・明太子(70円)
・大根おろし(70円 ※お好みで)
・青ネギ(無料 ※お好みで)
・天かす(無料 ※お好みで)

その「めんたま丼」および「めんたまおろし丼」、味は文句なしにウマいが、正直なところオーダーがちょっと面倒くさいのも事実。なにせ注文するトッピングが多いので、私も店員さんも「え〜と、何が必要だっけ?」となりがちだからだ。

なので、私はいつもスマホで画像を開き、それを自分で見たり店員さんに見せたりして注文することが多い。というか、ここ最近はそうやって「めんたまおろし丼」を食べまくっている。

・店員さんのアドバイス

数日前も、私は同じように注文しようとした。すると……! その場にいた店員さんが私にこう言ったのだ。

「かけ出汁を加えたらもっと美味しいよ」

──なんですと!? かけ出汁? うどんつゆのダシ汁? ……もちろんやってみます! というわけで、言われるがままに『かけ出汁』を追加注文。それを「めんたまおろし丼」に加え……

食べてみたら、出汁の風味がほんのりと口の中に広がっていくではないか……。なんてマイルドさ……! なんというバランスの良さ……!! そしてその瞬間、私は悟ったのだ。「これは究極のTKGやわ」と。

・オーソドックスなTKGとは違うが……

ちなみに、卵と醤油だけのオーソドックスなTKGと「めんたまおろし丼」は、日本映画とインド映画くらい違う。シンプルなオーソドックスTKGと比べて、TKGアレンジメント(めんたまおろし丼)は味の主張が激しいために、そこにダシを加えたところで、味が急にシンプルになるわけではない

つまるところ、どうしてもオーソドックスなスタイルとは違うために、味については色々な意見があるかとは思う。しかし、「めんたま丼」および「めんたまおろし丼」はトータルで300円前後と高いものではないのは事実。おまけにかけ出汁は無料でもらえるから、気になる人は一度試してみてくれ。

Report:和才雄一郎
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【とまらない】ファミマで全米No.1ソーセージ「ジョンソンヴィル 」が販売開始 / 最強のおかず兼酒のつまみ爆誕

最高。結論から言うと、そういう感じ。全米No.1ソーセージとして圧倒的ウマさを誇るジョンソンヴィル。様々な食料品店で売られているが、それらは複数本のパックのみ。量が多かったり、値段がそれなりにお高めということで、知っていたが買ったことは無い……的な人もいるだろう。

が、それらの問題が一気に解決される事態が発生。2020年8月25日から、全国のファミリーマートにてジョンソンヴィルのバラ売りが始まったのだ……! これはもう緊急事態である。さっそく食べてみたところ……ソーセージと酒が止まらねぇ!!

・バラ売り最高

今回ファミマで販売が始まったのは「ジョンソンヴィル オリジナルスモーク」で、値段は税込み158円。1本ごとに真空パックされているため、食べたい時に食べたい本数だけ開封することが可能。しかもファミマなので、北海道でもない限り、そこまで遠くないところに店舗はあるだろう。

これまでのジョンソンヴィルは6本パックが主で、種類によっては4本パック、12本パックなど。いずれにせよ1度開けてしまうと再び封をすることが困難なタイプの包装だった。別にタッパーなりジップロックを用意すればいいのだが、そういう細かい手間が微妙に面倒だったのは筆者だけではあるまい。

そして、どこで買っても6本パックで約1000円という値段も、二の足を踏ませる。美味さからすれば全く高くはない。しかし、庶民にとって約1000円という金額は安いとも言い難く、時にはそこはかとない罪悪感も。しかし1本158円から買えるようになった今、1度の出費は何本買うか次第。

ファミマで今回1本158円で買えるようになったのも、6本買ったら948円なので1本毎の値段としては変わらない。感じ方の問題で、本質的にはこれまでと同じだが、感じ方というのは時に何よりも強く行動に影響しうるもの。ご存じでしょう。

・そのままでも加熱しても

パッケージの裏面によると、そのまま食べても、加熱して食べてもOKなもよう。これはありがたい。酒のつまみにする場合など、加熱するのが面倒な時もなくはない。ベリッとひん剥いてそのまま食べられるのは嬉しい。

加熱する場合は、電子レンジであれば開封口を少し開けてチンするもよう。そしてボイルの場合は、開封せずにそのまま鍋に放り込み、約3分茹でればいいようだ。

筆者もまずは1本だけそのまま食べてみたが、安定のジョンソンヴィルクオリティでとても美味い。が、オススメはボイルだ。そのままでも美味いが、ボイルにするとプリプリ感とジューシー感が圧倒的に増す

・あふれ出る美味い汁

ボイルした場合気を付けて欲しいのが、アツアツの汁である。ボイル後に勢いよく開けると、ソーセージから滲み出たと思しき激熱な肉汁的なものが飛び出してくる。気を付けてゆっくり開封することをオススメする。

まあぶっちゃけ、勢いよく開けた結果アツアツな汁が飛び散ってやや熱い思いをするのは割とどうでもいい。飛び散らせた場合、その汁を失ってしまうことこそ真の悲劇なのだ。どういうことか? 開封時にこの汁に気づいたとき、その……下品なんですが……この汁……吸ってしまいましてね。とても美味いんですよ。ずっと吸っていたい。

茹でたジョンソンヴィルを噛むと、この美味い汁が中からも溢れてくる。最高だ。パッケージ裏では言及されていないが、軽く焼いても間違いなく美味いだろう。手間をかけずにそのまま食べても良し。加熱してもよし。

普通におかずにするのもよし、酒のつまみにするもよし。特に酒のつまみとしてのポテンシャルは非常に高く、全面的に隙の無いパーフェクトな存在だと思う。弱点をあげるとすれば、個包装で保存がきくからとまとめて買うも、手軽さとウマさから一気に食べてしまいかねない点か。酒の量も普段より増えてしまいかねない。心を強く持たねばならないだろう。

参照元:ファミリーマートジョンソンヴィル、Twitter @famima_now
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。