【超難解】サイゼリヤのレジ横にある「大人の間違い探し」がムズすぎる件! まさかの左右反転で三半規管を狂わせる鬼仕様

サイゼリヤがキッズメニューに忍ばさせた罪深き罠、間違い探し。その鬼畜なまでの難しさから、あれを “大人向け” と表現する者は多いように思うが、実はサイゼには真の「大人の間違い探し」が存在することをご存じだろうか?

と言っても、それはテーブルのメニュー立てには挟まっていない。レジ横で無謀な勇者の挑戦をただ一人、静かに待っているのである。その有無を言わせぬ迫力はさながらドラクエの裏ボス。さあ大人たちよ、覚悟するがいい。ここからが本当の間違い探しだ……!

・大人の間違い探し

サイゼのキッズメニューに掲載されている間違い探しと言えば、その可愛らしいイラストからは想像もつかないほどの超絶難易度で有名だ。メニューの表裏で間違いは10カ所。が、最後の1個まで特定するのは至難の業である。まさに悪魔的。

そんなディアボラ間違い探しには、実は「大人の間違い探し」と呼ばれる亜種が存在する。場所はレジ横のチラシ等が置かれたスペース(店舗によるかもしれない)。一見するとテイクアウト広告のようだが、裏返してみると……

明らかにヤバイ気配が。

「超難解! 大人の間違い探し」と書かれたこのフリーペーパーには、右と左で間違いが5カ所あるという。なんだいつもの半分じゃないか。大したことないな。と思う人もいるかもしれないが、よ~くイラストを見て欲しい。お馴染みのタッチながら、何やら普段と様子が異なることに気付くはず。

そう……

まさかの左右反転である……!

・鬼仕様

ただでさえ白黒絵で視覚的に分かりづらいのに、さらに左右の向きが真逆になってしまっているのだ。なんたるストレス……! いつものようにイラストを交互に見比べながら、同時にそれを脳内で反転させないといけないため負荷がハンパではない。途中から何がなんだか分からなくなってくるぞ。

にもかかわらず、間違いの難易度自体は通常営業なので次第に三半規管が狂ってくる。テーブルにのった大量の食材に殺意が沸いてくるのは私(あひるねこ)だけではあるまい。「野菜たっぷりのせちゃお」じゃねーよ! 目がチカチカすんだよ!!

・大人はつらいよ

個人的にはキッズメニューの間違い探しよりも心が折れるというか、脳が疲弊してやる気が右肩下がりに落ちていくのを強く実感した。これは「大人の世界は甘くない」という、サイゼ側からのメッセージなんだろうか? チャレンジする際はどうか自身の精神状態を考慮した上でお願いしたい。負けるな、大人。

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

現地ライターが伝授!10分で完成する「フレンチスタイルのモンブラン」の超簡単レシピを公開


(C)sweetsholic

モンブラン豆知識


(C)Shutterstock.com

フランスとイタリアの国境にそびえる、ヨーロッパアルプスの最高峰モンブラン。どちらの言語でも「白い山」と訳されるように、山頂が真っ白な雪に覆われたアルプスです。この美しい山にインスピレーションを受けて誕生したのが、世界的に有名なデザート「モンブラン」です。


(C)EQRoy / Shutterstock.com

マロンクリーム、生クリーム、サクサクの焼きメレンゲを主体とする現在のモンブランを定着させたのは、フランスのサロン・ド・テ「Angelina(アンジェリーナ)」。1903年の誕生から現在まで、伝統の味を守り続けています。エスプレッソが欲しくなる、濃厚な甘さが特徴的。

ビストロスタイルのモンブラン


(C)Shutterstock.com

パティスリーやサロン・ド・テのモンブランは上品な印象ですが、当地のビストロ(※カジュアルなレストラン)のデザートとして一般的なモンブランはとてもシンプルです。

深めのグラス(クープ)に、マロンクリーム、ホイップクリーム、焼きメレンゲをたっぷり盛り付けた、パフェのようなもの。当地では「Coupe Mont-Blanc(クープ・モンブラン)」と呼ばれています。

初めて食べたときには、そのボリュームに驚きました。それと同時に、モンブランは気軽に楽しめるものだということも発見!

クープ・モンブランの簡単レシピ

材料を盛り付けるだけのお手軽モンブラン
(C)sweetsholic

【材料】(2人分)
マロンクリーム ・・・大さじ4
甘栗・・・8粒
ホイップクリーム・・・好きなだけ!
焼きメレンゲまたはコーンフレーク・・・1カップ

【作り方】
1. 甘栗はトッピング用の2粒を取り分け、残りを粗く刻む。
2. 深めの器に、マロンクリーム 、刻んだ甘栗、焼きメレンゲまたはコーンフレーク、ホイップクリームの順にのせて、甘栗をトッピング。

※お酒が好きな方は、マロンクリームにラム酒やブランデーを少量加えても。こちらも美味!

おすすめのマロンクリーム

仏メーカー「クレマン・フォジエ」のマロンクリーム
(C)sweetsholic

栗をペースト状にしたマロンクリームは、製菓材料専門店「TOMIZ」やデパ地下、通販サイトなどで手に入ります。色々なメーカーのものがありますが、「クレマン・フォジエ(Clément Faugier)」や「ボンヌママン(Bonne Maman)」などが使いやすいかと思います。

個人的には、クレマン・フォジエのものが好きです。トーストに塗ったり、アイスに添えたり、そのままスプーンですくって食べても!

甘いものが食べたいけれど、寒くて外出する気にならない・・・。そんなときには、コーヒーや紅茶と一緒に、ビストロスタイルのモンブランを味わってみてはいかがでしょう?

[marieclaire.fr]
[regal.fr]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

【とまらない】ファミマで全米No.1ソーセージ「ジョンソンヴィル 」が販売開始 / 最強のおかず兼酒のつまみ爆誕

最高。結論から言うと、そういう感じ。全米No.1ソーセージとして圧倒的ウマさを誇るジョンソンヴィル。様々な食料品店で売られているが、それらは複数本のパックのみ。量が多かったり、値段がそれなりにお高めということで、知っていたが買ったことは無い……的な人もいるだろう。

が、それらの問題が一気に解決される事態が発生。2020年8月25日から、全国のファミリーマートにてジョンソンヴィルのバラ売りが始まったのだ……! これはもう緊急事態である。さっそく食べてみたところ……ソーセージと酒が止まらねぇ!!

・バラ売り最高

今回ファミマで販売が始まったのは「ジョンソンヴィル オリジナルスモーク」で、値段は税込み158円。1本ごとに真空パックされているため、食べたい時に食べたい本数だけ開封することが可能。しかもファミマなので、北海道でもない限り、そこまで遠くないところに店舗はあるだろう。

これまでのジョンソンヴィルは6本パックが主で、種類によっては4本パック、12本パックなど。いずれにせよ1度開けてしまうと再び封をすることが困難なタイプの包装だった。別にタッパーなりジップロックを用意すればいいのだが、そういう細かい手間が微妙に面倒だったのは筆者だけではあるまい。

そして、どこで買っても6本パックで約1000円という値段も、二の足を踏ませる。美味さからすれば全く高くはない。しかし、庶民にとって約1000円という金額は安いとも言い難く、時にはそこはかとない罪悪感も。しかし1本158円から買えるようになった今、1度の出費は何本買うか次第。

ファミマで今回1本158円で買えるようになったのも、6本買ったら948円なので1本毎の値段としては変わらない。感じ方の問題で、本質的にはこれまでと同じだが、感じ方というのは時に何よりも強く行動に影響しうるもの。ご存じでしょう。

・そのままでも加熱しても

パッケージの裏面によると、そのまま食べても、加熱して食べてもOKなもよう。これはありがたい。酒のつまみにする場合など、加熱するのが面倒な時もなくはない。ベリッとひん剥いてそのまま食べられるのは嬉しい。

加熱する場合は、電子レンジであれば開封口を少し開けてチンするもよう。そしてボイルの場合は、開封せずにそのまま鍋に放り込み、約3分茹でればいいようだ。

筆者もまずは1本だけそのまま食べてみたが、安定のジョンソンヴィルクオリティでとても美味い。が、オススメはボイルだ。そのままでも美味いが、ボイルにするとプリプリ感とジューシー感が圧倒的に増す

・あふれ出る美味い汁

ボイルした場合気を付けて欲しいのが、アツアツの汁である。ボイル後に勢いよく開けると、ソーセージから滲み出たと思しき激熱な肉汁的なものが飛び出してくる。気を付けてゆっくり開封することをオススメする。

まあぶっちゃけ、勢いよく開けた結果アツアツな汁が飛び散ってやや熱い思いをするのは割とどうでもいい。飛び散らせた場合、その汁を失ってしまうことこそ真の悲劇なのだ。どういうことか? 開封時にこの汁に気づいたとき、その……下品なんですが……この汁……吸ってしまいましてね。とても美味いんですよ。ずっと吸っていたい。

茹でたジョンソンヴィルを噛むと、この美味い汁が中からも溢れてくる。最高だ。パッケージ裏では言及されていないが、軽く焼いても間違いなく美味いだろう。手間をかけずにそのまま食べても良し。加熱してもよし。

普通におかずにするのもよし、酒のつまみにするもよし。特に酒のつまみとしてのポテンシャルは非常に高く、全面的に隙の無いパーフェクトな存在だと思う。弱点をあげるとすれば、個包装で保存がきくからとまとめて買うも、手軽さとウマさから一気に食べてしまいかねない点か。酒の量も普段より増えてしまいかねない。心を強く持たねばならないだろう。

参照元:ファミリーマートジョンソンヴィル、Twitter @famima_now
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。