「銀だこ」の一部店舗が銘菓『横濱ハーバー』を限定販売 → おまけで貰えるウーロン茶が罠すぎる

表面はカリッ、中はとろっとしたたこ焼きでおなじみの『築地 銀だこ』。そんな銀だこが、横浜銘菓「横濱ハーバー」とコラボした「銀だこハーバー」を数量限定で販売開始した。

「銀だこハーバー」は何も中にタコが入っているわけではなく、中身は通常の「横濱ハーバー」。しかし、可愛い限定パッケージに入っている上、購入すると1本「銀だこウーロン茶」がもらえるのだ。しかし、これが美味しい罠だった……!

・たこ焼き不可避

「銀だこハーバー(5個入り・税込891円)」は2020年8月27日から数量限定で、首都圏を中心とした『築地 銀だこ』(一部店舗除く)にて販売開始された。売り上げの一部は「横濱ハーバー基金」を通じて医療従事者などの活動支援に充てられるようだ。

「横濱ハーバー」は販売元『ありあけ』の神奈川にある直営店やオンラインショップなどで購入することが出来るが、銀だこの店舗で気軽に購入できるのは嬉しい。さっそく「銀だこハーバー」を購入しようと列へ並ぶが、並んでいる間中たこ焼きの香りが誘惑してくる……!

たこ焼きに誘惑されながらも、なんとか「銀だこハーバー」を無事購入できた。コラボ限定パッケージには、「横濱ハーバー」でおなじみの出港する船のイラストにタコさんたちが描き加えられていた。可愛い。しかも、おまけでもらった「銀だこウーロン茶」のパッケージも可愛い。

「銀だこハーバー」の中身はというと、通常の「横濱ハーバー ダブルマロン」と同様のものだ。パッケージが限定仕様になって「銀だこウーロン茶」が1本付いてくるにもかかわらず、お値段は据え置きでお得。

「銀だこハーバー」こと「横濱ハーバー ダブルマロン」のお味はというと、甘くしっとりとした柔らかい生地になめらかな栗が練り込まれており、時折混ざっている小さな栗の甘露煮がアクセントになっていて美味しい。ダブルマロンの名は伊達じゃなかった。

甘い「銀だこハーバー」をいただきながら飲む、爽快な香りとすっきりとした味わいが楽しめる「銀だこウーロン茶」も最高。だけど、そんなウーロン茶を飲んでいると、カリッふわっとしたしょっぱくて少々脂っこいものが恋しくなってくる……

恋しくなってくるんだよ……

そう、たこ焼きが!!

注文待ちの間からたこ焼きの良い香りに誘惑され、さらに脂ものに抜群に合いそうなウーロン茶を貰って、たこ焼きを食べずに我慢できる者がいるのだろうか? 銀だこの巧妙な罠に引っかかってしまった気がする。

しっとりと甘くて栗を堪能できる「銀だこハーバー」、香りと味わいで口の中をすっきりさせてくれる「銀だこウーロン茶」、そしてカリカリふわふわとろとろのたこ焼きで食欲を存分に満たされた。

罠にかかってたこ焼きも食べてしまうこと間違いなしだが、罠にかかっても美味しく満足出来るのなら本望かもしれない。

参照元:ヨコハマ経済新聞
Report:伊達彩香
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

お土産にも最適!人気の食パンがご当地ものに。地元の特色を生かした「ご当地食パン」3選

日立市の味噌蔵が手がける「味噌食パン」

醸す生食パン工房うち山

茨城県のご当地食パン専門店「醸す生食パン工房うち山」。茨城県日立市水木町で明治5年に創業した、由緒ある味噌蔵「みずきの庄」が運営しています。この味噌蔵が創業以来受け継いできた発酵技術を活かし、食パンを作りあげました。同店では食パンに合う「醸す麹ジャム」も販売。砂糖を50%カットし、素材本来の味を引き出して体に優しいジャムに仕上がっているそうです。

こだわりの素材と製造方法

醸す生食パン工房うち山

同店の食パンは、「蔵付きの麹種酵母」と阿武隈山系の湧水「仕込み水」を使い、工房で毎日手作りされているそうですよ。食パンの為だけに開発されたオリジナルの麹を使用することで、甘酒のような甘みを引き出しているそう。こだわりの硬水がパン生地を引き締めて、密度の濃いふわもち食感に。

[税込価格]
・醸す生食パン うちやま: 880円
・毎日の食パン いずみ: 770円
・おやつ食パン あずき: 410円
・醸す麹ジャム(いちご/ブルーベリー): 各680円
【醸す生食パン工房うち山】
住所: 〒316-0024 茨城県日立市水木町1-12-16
TEL: 0294-32-5211
公式サイト: https://kamosu-uchiyama.com/

参照: https://www.atpress.ne.jp/news/200167

鎌倉食パン「大仏さま福のみみ」

食パン専門店「大仏さまの福みみ」

鎌倉にある観光名所、高徳院の大仏様をモチーフとした食パン専門店がオープン。柔らかくてもっちりした食感の食パン「鎌倉・大仏さまの福みみ」は、鎌倉らしくて縁起がいい名物を作りたいという思いで開発されました。カットすると大仏様の福みみに見えるような形に焼き上げられた、ドーナツ型の食パンです。

食べ歩き用のスイーツも

食パン専門店「大仏さまの福みみ」

食べ歩きにぴったりなのが、「自家製フレンチトースト」。バニラ、きび砂糖、卵を合わせた特製ソースに漬け込んだパンを、注文されてから焼き上げる温かなフレンチトーストです。表面はカリッと、内側はふわふわとした2つの食感と同時に、トッピングのソフトクリームと焼きたてフレンチトーストで熱々とひんやりの食感も併せて楽しめますよ。

[税込価格]
・大仏さまの福みみ食パン: 864円
・かまくらさん: 756円
・鎌倉ノアレザン: 1,296円
・鎌倉フレンチトースト: 500円
【食パン専門店「大仏さまの福みみ」】
住所: 神奈川県鎌倉市雪ノ下一丁目9番22号
公式サイト: https://daibutsu-shokupan.com/
公式Instagram
公式Facebook
公式Twitter

参照: https://www.atpress.ne.jp/news/192358

新潟産米を使用した「お米パン」

おこめパンのお店 ちいさなほし

米どころ新潟県で誕生したのは、新潟県産米と天然酵母で作り上げる「お米パン」。お米の粉とピューレで生地を作り、天然酵母で発酵させることで、しっとりモチモチ、フワフワな仕上がりに。

より多くの人に食べてほしい。お米の特色を生かしたパン

お米の低アレルゲンという価値を新潟から発信するべく、卵や乳製品、小麦、ナッツ類製品の使用を避けて作ることで、食事制限のある方でも食べられるよう、より多くの方が味わえるよう製造されています。

[税込価格]
・おこめぱん: 600円
・カラフルおこめパン: 500円
・カレーライスパン: 230円
・バナナブレッド: 1,200円
・ふわふわシフォンケーキ: 1,500円
【おこめパンのお店 ちいさなほし】
住所: 〒950-0121 新潟県新潟市江南区亀田向陽1丁目6-18-3
TEL: 025-288-7023
公式サイト: https://chisanahoshi.thebase.in/

参照: https://www.value-press.com/pressrelease/226440

まだまだ全国展開をしていない、地元密着の食パン専門店。旅のお土産にいかがですか?

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

家飲みでも最高の一杯を味わう“ビール飯”。料理が苦手な人でも作れるレシピ

 新型コロナウイルスの感染拡大で外食の機会が減り、自宅で料理をすることが増えている。  そうした世情にも後押しされてか、一般男性「とっくん」のビールにあう料理動画がインターネットで注目を集めた。7月には「手っ取り早くウマ […]