サイゼリヤ、ガスト、デニーズのハンバーグを食べ比べてみた結果 → サイゼのコスパがヤバすぎた

マクドナルドのレギュラーセットが700円近くする時代。そう考えると、ファミレスのハンバーグは安い。明らかにマクドナルドのパティよりデカくてウマイのに500円前後だったりする

そんな安めのファミレスハンバーグに違いはあるのだろうか? サイゼリヤ、ガスト、デニーズの最安ハンバーグを食べ比べてみた結果……サイゼのコスパがヤバイ

・テイクアウトの最安ハンバーグ

まず、同時に食べ比べるため今回はテイクアウトで購入する。比較的手頃な価格帯のファミレスとして知られるこの3社。それぞれテイクアウトでの最安ハンバーグを購入したところ以下の3つが出そろった。

サイゼリヤ「デミグラスソースのハンバーグ(税込490円)」
ガスト「ハンバーグ(税込485円)」
デニーズ「和風ハンバーグ(税込740円)」

──激安王サイゼリヤよりもガストが5円安い。それもそのはず、サイゼリヤのテイクアウトメニューにはグランドメニューで最安の「ハンバーグステーキ(税込400円)」が入っていないのである。テイクアウトハンバーグに置いては最安の地位をガストに明け渡した形だ

逆に、頭1つ抜けて高いのはデニーズ。それだけに味に期待が高まるが、そんな期待を超えてくるほどの “何か” がないと、巻き返しは厳しそうな価格差である。

・縦長のスタート

というわけで、買った段階で端をきって先頭に立ったのはガスト。それにピタリとつけて追走するサイゼリヤ、最後方から直線一気を狙うデニーズという展開。はたして、デニーズは末脚を発揮することができるのか? それとも、ガストやサイゼリヤが逃げきるのか?

それぞれのフタを開けてみると、サイゼリヤとガストがさらに逃げる。デニーズより安いにもかかわらず、ハンバーグはガッツリしており、コーンやポテトなどのオードブルもしっかり添えられているのだ。

しかも、サイゼに至っては半熟卵まで付属されているではないか。この中盤戦はサイゼリヤが制したと言っても過言ではないだろう。5円どころではないほど内容の充実度に差があった。サイゼ、ガスト、ちょっと離れてデニーズ。ハイペースな展開でいよいよ直線へ。そう、実食だ

・直線の攻防

先頭から順番にひと通り食べてみたところ、まず、最もウマかったのは……

デニーズ

ゴロゴロした食感に肉の旨みが染み出す。また、厚みもあって、頬張ると非常に肉を食べている満足感が高い。ハッキリ言ってハンバーグの味的には飛び抜けていると言えるだろう。その末脚はまさに後方一気! ガンガンまくってきている。

・サイゼリヤが競る

だが、サイゼリヤも黙ってはいない。肉感はデニーズに劣るにしても安っぽさのない味だ。

個人的には、この鍵を握っているのはソースだと思う。デミグラスソースでも甘ったるくなくて奥行の深い味がする。これはワインがきいているからだろうか? ソースに和えられたマッシュルームも良い仕事をしている

さらに、半熟卵などの総合力でデニーズに食らいついていく。キレのデニーズと持続力のサイゼだ

一方、直線で少し動きが鈍ったのがガスト。サイゼと食べ比べると、肉、ソース共に少し安っぽさを感じるのである。

しかし、485円でこの味は分かる。裏を返すと、これはおそらくサイゼリヤが凄いのだろう。食べ比べたら、考えるまでもなく分かるほど、サイゼリヤのハンバーグは味のバランスが良く高コスパだ。

・実力を出し切ったからこそ

デニーズとガストが価格通りの実力を見せてくれたからこそ分かったサイゼリヤのハンバーグの凄さ。ってか、490円でこの味ってコスパヤバイだろ。この勝負、明らかにサイゼリヤの勝ちである。

馬券舞い散るファミレスの空に名勝負の華が咲く。王者サイゼリヤはハンバーグにおいても強かった。これからも庶民に寄り添い、ちょっとしたリッチさを与えてくれるその味を応援している。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

東洋水産のワナ?「赤いきつね」と「緑のたぬき」と「赤いたぬき」を食べ比べたら、何がなんだかわからなくなった……

「赤いきつね」「緑のたぬき」、このふたつは本来、相容れないものである。それは例えるなら、天と地、火と水、太陽と月。対極的なものであるからこそ、お互いが存在していると言っていいだろう。すなわち、赤いきつねがあるからこそ、緑のたぬきがあり、また緑のたぬきがあればこそ、赤いきつねがある。ふたつでひとつなのだ。

その原則を打ち破る商品が誕生してしまった……。「赤いたぬき」である。一度この商品名を口に出して言ってみて欲しい。とても気持ち悪い感じがするのは、私(佐藤)だけではないはずだ。一体どんな味がするのか、赤いきつね・緑のたぬき、そして赤いたぬきの3商品を食べ比べてみた。

・パッケージがややこしい

この商品を購入しようという人は気を付けて欲しい。パッと見は完全に赤いきつねにしか見えないからだ。緑のたぬきの隣に並んでいると、なおのことややこしい。

手にとったら、商品名を今一度たしかめた方がいい。それは赤いきつねなのか? 緑のたぬきなのか? それとも赤いたぬきなのか? 幸い私は、3つの商品をそれぞれ1つずつ買うことに成功した。

・うどんなのか、そばなのか

改めてパッケージをよく見てみよう。この商品は、2018年に行われた赤いきつね緑のたぬきの人気投票に赤いきつねが勝利したことを記念し、期間限定で発売したものである。緑のたぬきといえば天ぷらそばなのだが、赤いたぬきは天ぷらうどんらしい。「たぬき」の文字からそこはかとなく漂う “そば感” は否定できないものの、これはうどんだ。

緑のたぬきと並べてみたら、どっちがうどんでどっちがそばなのかさえも分からなくなる。これは東洋水産のワナではないのか……。

中には何が入っているのか? フタを開けると、大きな天ぷらが見える。その下には乾麺のうどん。そして、黄色いたまごと小さなお揚げの姿も確認できた。

味には大きな違いがあるのだろうか? それぞれ麺の上に粉末スープをあけ、お湯を注いで5分待つ……。

・食べ比べ

5分たってフタを開けてみると……

赤いきつね緑のたぬきを、「龍と虎」とするならば、赤いたぬきは……なんだ? この中途半端な感じは、何なんだ? 両者のおいしいところを取ったはずが、どっちつかずの代物になっていないか?

とにかく順番に食べてみよう。まずは赤いきつね

大きなお揚げと甘めの出汁。ツルリとした麺の食感に、安心感を覚える。これこれ、馴染みの味。

次いで緑のたぬき

出汁を含んでふやけた天ぷらに、 “ワシワシ” とした感触のそば。赤いきつねと比べると、ややポップさには欠けるものの、思い出したように食べたくなる味だ。

・きつねとの違いは?

そして最後に赤いたぬき

すべてにおいて未知数のこの商品。食べてみると、出汁の主張は赤いきつねよりもやや控えめ。麺の食感は、赤いきつねとそれほど違わない気がする。詰まるところ……赤いきつね赤いたぬきは、お揚げか天ぷらかの違いと言ってもいいだろう。

もしかしたら、赤いきつね赤いたぬきを買い間違えても、気づかない人もいるかもしれない。見つけたら一度試して欲しいが……赤いきつねと同化しているので、見つけられない可能性もゼロではないかも?

参考リンク:東洋水産
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

家飲みでも最高の一杯を味わう“ビール飯”。料理が苦手な人でも作れるレシピ

 新型コロナウイルスの感染拡大で外食の機会が減り、自宅で料理をすることが増えている。  そうした世情にも後押しされてか、一般男性「とっくん」のビールにあう料理動画がインターネットで注目を集めた。7月には「手っ取り早くウマ […]