サイゼリヤ、ガスト、デニーズのハンバーグを食べ比べてみた結果 → サイゼのコスパがヤバすぎた

マクドナルドのレギュラーセットが700円近くする時代。そう考えると、ファミレスのハンバーグは安い。明らかにマクドナルドのパティよりデカくてウマイのに500円前後だったりする

そんな安めのファミレスハンバーグに違いはあるのだろうか? サイゼリヤ、ガスト、デニーズの最安ハンバーグを食べ比べてみた結果……サイゼのコスパがヤバイ

・テイクアウトの最安ハンバーグ

まず、同時に食べ比べるため今回はテイクアウトで購入する。比較的手頃な価格帯のファミレスとして知られるこの3社。それぞれテイクアウトでの最安ハンバーグを購入したところ以下の3つが出そろった。

サイゼリヤ「デミグラスソースのハンバーグ(税込490円)」
ガスト「ハンバーグ(税込485円)」
デニーズ「和風ハンバーグ(税込740円)」

──激安王サイゼリヤよりもガストが5円安い。それもそのはず、サイゼリヤのテイクアウトメニューにはグランドメニューで最安の「ハンバーグステーキ(税込400円)」が入っていないのである。テイクアウトハンバーグに置いては最安の地位をガストに明け渡した形だ

逆に、頭1つ抜けて高いのはデニーズ。それだけに味に期待が高まるが、そんな期待を超えてくるほどの “何か” がないと、巻き返しは厳しそうな価格差である。

・縦長のスタート

というわけで、買った段階で端をきって先頭に立ったのはガスト。それにピタリとつけて追走するサイゼリヤ、最後方から直線一気を狙うデニーズという展開。はたして、デニーズは末脚を発揮することができるのか? それとも、ガストやサイゼリヤが逃げきるのか?

それぞれのフタを開けてみると、サイゼリヤとガストがさらに逃げる。デニーズより安いにもかかわらず、ハンバーグはガッツリしており、コーンやポテトなどのオードブルもしっかり添えられているのだ。

しかも、サイゼに至っては半熟卵まで付属されているではないか。この中盤戦はサイゼリヤが制したと言っても過言ではないだろう。5円どころではないほど内容の充実度に差があった。サイゼ、ガスト、ちょっと離れてデニーズ。ハイペースな展開でいよいよ直線へ。そう、実食だ

・直線の攻防

先頭から順番にひと通り食べてみたところ、まず、最もウマかったのは……

デニーズ

ゴロゴロした食感に肉の旨みが染み出す。また、厚みもあって、頬張ると非常に肉を食べている満足感が高い。ハッキリ言ってハンバーグの味的には飛び抜けていると言えるだろう。その末脚はまさに後方一気! ガンガンまくってきている。

・サイゼリヤが競る

だが、サイゼリヤも黙ってはいない。肉感はデニーズに劣るにしても安っぽさのない味だ。

個人的には、この鍵を握っているのはソースだと思う。デミグラスソースでも甘ったるくなくて奥行の深い味がする。これはワインがきいているからだろうか? ソースに和えられたマッシュルームも良い仕事をしている

さらに、半熟卵などの総合力でデニーズに食らいついていく。キレのデニーズと持続力のサイゼだ

一方、直線で少し動きが鈍ったのがガスト。サイゼと食べ比べると、肉、ソース共に少し安っぽさを感じるのである。

しかし、485円でこの味は分かる。裏を返すと、これはおそらくサイゼリヤが凄いのだろう。食べ比べたら、考えるまでもなく分かるほど、サイゼリヤのハンバーグは味のバランスが良く高コスパだ。

・実力を出し切ったからこそ

デニーズとガストが価格通りの実力を見せてくれたからこそ分かったサイゼリヤのハンバーグの凄さ。ってか、490円でこの味ってコスパヤバイだろ。この勝負、明らかにサイゼリヤの勝ちである。

馬券舞い散るファミレスの空に名勝負の華が咲く。王者サイゼリヤはハンバーグにおいても強かった。これからも庶民に寄り添い、ちょっとしたリッチさを与えてくれるその味を応援している。

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

フランスで『冷凍ハンバーガー』を食べた結果 → なぜ日本で普及しないかサッパリ分からなかったので、プロの見解をきいてみた

フランスの冷凍食品売り場の規模はスゴイ。いや、フランス人に言わせてみれば逆に「日本がショボい」のかもしれません。値段は手頃だし、見たことのない料理も多数。日本の食卓に冷凍食品が並ぶと若干 “手ぬき” のイメージを持つけれど、ものは考えようなのかもなァ。

……とはいえカナッペやキッシュなどといった、なじみのない冷凍食品にはなかなか手を出しづらいもの。結局は平凡な冷凍ピザばかり食べていたパリ旅行中のことだ。ある “非常になじみのある料理” の冷凍食品を見つけ、私は思わず二度見した。

そう、ハンバーガーである。

・冷凍バーガー

ハンバーガー自体は日本でも全く珍しくない。しかし『冷凍食品のハンバーガー』となると、見たことがない気がするぞ……言われてみれば。

そもそも日本では “冷凍のパン” を滅多に見かけない。買ってきたパンを冷凍することはあるが、パンをレンジで加熱する場合の所要時間は非常に短いのだ。具材との加熱時間に大きくズレが生じるハズだが、その問題はどうなっているのだろう?

・とりあえず買うた

冷凍ハンバーガー(正確にはチーズバーガー)は2コ入りで5.29ユーロ(約644円)。1コあたり約322円とすると、正直それほどお得感はない。

だが日本の標準的なサイズより1回り大きいことや、ヨーロッパのファストフードが日本より少し高めという体感に照らすと、お店で食べるより若干安めかも? といった価格設定である。

密封された袋に入れたままレンジにかけるシステムだ。

あえて1つは袋から出し分解してみた。凍りすぎて霜が付いてしまっているパティに比べ、チーズとソースはレア状態。驚くべきことにソースの中には、通常だと生で食べる “ピクルス” も混ぜ込んである。そしてバンズはドライ状態だ。

それぞれ状態の異なる具材を同じ時間・同じ温度で加熱して、しつこいようだが本当に大丈夫なの……?

・3分加熱

ともかく表示どおり850ワットで2分50秒加熱。バーガーを包むナイロンの袋はペチャペチャにしぼみつつも、破れずに真空状態をキープしていた。

袋を破れば……トロットロチーズとフカフカバンズのいい香りが一瞬で部屋に充満したぞ! お味のほうは……

想像の10倍ウマァイ!!!!

・専門家の見解を聞いてみた

冷凍ハンバーガーのウマさは決して「過去最高」とかではない。しかし、よくあるチェーン店のハンバーガーと比べて同等、もしくは若干勝るくらいの実力は有しているのである。

自宅にいながらチェーン店と同等のハンバーガーが食べられ、なおかつ価格帯も同じとくれば……コレは完全に冷凍ハンバーガーの勝利といっていいハズだ。

ではこんなに素晴らしいものを、一体なぜ日本では見かけないのだろうか?

考えてみたが1ミリも分からないので、当サイト所属の冷凍食品研究家・レンチン原田に見解を伺ってみることにした。冷凍食品のプロならおそらく、そのへんの事情にも精通しているに違いない!

レンチン原田「そうですねぇ。冷凍食品のハンバーガーを日本であまり見かけないのは、食文化の違いがあるからだと思います。日本といえば米。冷凍庫にハンバーガーをストックするよりは、チャーハンなど米系の食品もしくはハンバーグそのものを買おうという流れになるような気がするかな〜?

それと、ファストフード店の充実も関係するかも? 日本ではある程度栄えているところであれば、近所で美味しいハンバーガーを食べることは難しくない。そういった環境があるから、わざわざハンバーガーを冷凍しなくてもいい……なんて流れもありそうカモ☆」

・推測の域を出なかった

冷凍食品のプロにすら明確な答えが出せなかった『冷凍ハンバーガー日本で普及していない問題』。これ以上の考察は無意味とあきらめ、私は無心でハンバーガーを味わうことにした。

冷凍ハンバーガーのパティは、これまでに食べたどのパティよりワイルドで肉肉しい。そして吐息がチーズ臭くなるほど濃厚なチーズ。小さなピクルスも存在感を発揮している。

好みの違いはあろうが、冷凍ハンバーガーは「これぞハンバーガー!」と叫びたくなるほど、全身全霊でハンバーガーしているハンバーガーだった。この味を自宅で味わえたなら……! 文化の違いを乗り越えて日本でブレイクする日を待ちたい

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

家飲みでも最高の一杯を味わう“ビール飯”。料理が苦手な人でも作れるレシピ

 新型コロナウイルスの感染拡大で外食の機会が減り、自宅で料理をすることが増えている。  そうした世情にも後押しされてか、一般男性「とっくん」のビールにあう料理動画がインターネットで注目を集めた。7月には「手っ取り早くウマ […]