【世界ひとり飯27】ベトナム・フエの夜歩きで甘いもの&禁断のヌードル!?

一人旅の夜歩きは大丈夫なのだろうか!?

チェーヘン

一人旅で困るのは、中華料理のような大皿料理を食べるときや、荷物を置いてトイレに行くときなどですが、日が暮れてから散歩に出るのもちょっと気を付けないといけませんよね。ベトナムのフエは、夕ご飯から10時くらいまでは女の子も一人やグループで歩いているし、お店も開いているので安心。日中よりも人出が多いのは、暖かい国だからだと思います。

食事を終えてから、地図で見つけたベトナムのスイーツ「チェー」のお店「Chè Hẻm(チェーヘム)」を目指してぶらぶらと。近くまで行ってみたら赤い文字で看板が出ていましたが、なんだかかなり細い路地。「危険な香りはしないかな」とちょっと注意して雰囲気を確認してみましたが、女の子同士で立ち話していたり、子どもの声が聞こえてきたり。大丈夫です。

オープンエアのチェー専門店

チェーヘム

30mくらい入ると右手に、小さなテーブルと小さな椅子が並んでますが、すっかりここはオープンエア。人のうちの軒先といった雰囲気です。

チェーヘム

しっかり奥まで見てみれば、たくさんの人たちが小さな椅子に座って、小さなテーブルに肩を寄せ合ってチェーを楽しんでます。これは、食べなければ!

チェーヘム

ベトナム語ができなくっても大丈夫。奥のカウンターにチェーの具が並んでいるので、指差しでオーダーできます。

チェーは、軟らかく煮た豆、タピオカ、果物とシロップにコンデンスミルクを入れた上の写真のようなグラスに、かき氷を入れながら楽しむベトナムならではの清涼系、そしてヘルシー系のスイーツです。

チェー

濃い茶色の金時豆と白い花豆とえんどう豆かな、それに白玉とタピオカ入りのチェーを指さして、しっかりオーダー完了。豆の優しい甘さとその香り、そこにすっきりとしたシロップ。コンデンスミルクが氷を溶かして、おいしい!それに、グラスの中のあっちこっちを食べて違った味を楽しんで、最後には全体を一体化させます。

それにしても、このサイズがいい!多すぎて、焦って食べるということもないし、身体が冷えすぎることもないし。これで1万ドン(約50円)しません(どれでも同じ値段でした)。

言葉はわかりませんが、みんな静かに楽しんでて、こういうのイイなぁと思うのでした。

もっと食べたい!カラフルなチェーが気になった

チェー

次の日もまた、チェーヘムに出かけてしまいました。なぜなら一日目にとってもおいしそうなカラフルなフルーツのチェーを見てしまったから。どうしても食べたい。

すいかにパパイヤ、ドラゴンフルーツなんかも入ってて色どりがいい。昨日はほっこりお豆系でしたが、今日はスカッとさわやかにフルーツで。

ほかにもいろいろあるので、昼間にも来ればよかったなと思うのでした。

Chè Hẻm
住所:1 kiệt, 29 Hùng Vương, Phú Hội, Thành phố Huế, Thừa Thiên Huế, ベトナム
営業時間:10:00~22:00(無休)

〆のブン・ボー・フエはやっぱり禁断の味かも

フエ

週末ということもあってか、フエで一番の夜の街「Phố đi bộ Huế – Hue Night Walking Street」は若者で盛り上がってました。

おなかもいっぱいだし、賑やかな雰囲気を楽しみながら歩きます。確かに、おなかはいっぱいだったはずなのですが、歩き回っていると1軒の気になる屋台が歩道に出ていました。

ブンボーフエ

「ブン・ボー・フエ」のお店です。ブンは断面が丸くちょっとプリッとした食感のコメの麺。ボーは牛肉で、フエはこの街の名前。そうです、フエは海に近いので、海鮮出汁でコクのあるスープがおいしい牛肉のボーが名物の一つなんです。これは、食べないと。

スープはオレンジ色(エビ色)。そこに牛肉をのせて、ねぎ、パクチー、ディルをトッピング。別皿のもやしやレタスは、途中で入れていきます。

いやぁ、この出汁感は最高でした。麺がちゅるちゅるっと気持ちよくおなかに入っていきます。油分が少ないので、かなりすっきり。食べてもまったく胃にもたれるということもなさそうで、夜中に食べたのに、翌朝に影響は全くないのでした。3万5,000ドン(約160円)。大満足で、ごちそうさまでした。

場所は下の地図の幼稚園の表の歩道です。

でも夜の散歩は気を付けて!

いくら安全・安心な街といっても、いろんな人がいます。身の回りには気を付けて、暗い通りや怪しい通りには近づかないようにしましょうね。

さて、週末のフエの盛り上がりの動画はこちらです。

[All photos by Atsushi Ishiguro]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

セコマの『大盛りホルモンラーメン』はご飯との相性が良すぎてヤバい

「セコマ」といえば、北海道を中心に絶大な人気を誇るローカルコンビニだ。そんな「セコマ」の商品でここ最近、ジワジワと話題になっているチルド麺がある。

その名は『大盛りホルモンラーメン』だ。文字通り、ホルモンが乗ったラーメンなのだが、まろやかな味噌スープにホルモンの旨みがたっぷりと溶け出てマジ絶品。おにぎりのお供にも最適な罪深い一品となっていたのでご紹介したい。

・北海道限定での取り扱い

『大盛りホルモンラーメン 』の価格は税込498円だ。セイコーマートに問い合わせたところ、北海道限定での取り扱いとなっており、今後も継続して販売する予定とのこと。なお、カロリーは569kcalで化学調味料は不使用だ。

同商品とぜひ一緒に購入していただきたいのが「おにぎり」である。そして箸と一緒にスプーンも貰っておいて欲しい。その理由は後でお伝えするとして、まずはラーメンの美味しさを先に記していこう。

加熱方法はレンジ(500Wで5分30秒)で温めたらフィルムとフタをとり、麺とスープの間に挟めてあるシートをスルッと取れば、食べる準備はOKだ。

何とも北海道らしい黄色くて縮れた麺の上には、もやし、にら等の炒め野菜と豚のホルモンが乗っている。ちなみに普通のラーメンよりスープは少なめとなっている。

スープをひとくち味わえば……

甘くまろやかな味噌ベースのスープにホルモンのコク深い味わいが溶け込んでいて絶品! 意外にも脂っぽく無いところがまたナイス。後からわずかに唐辛子の辛味が効いてくるところもポイントである。

さらに麺をズズズッとすすったら……

さほどコシは無いものの、ツルッと滑らかな舌触りと心地良い喉越しが感じられてとても良い。モリモリ食べるのにピッタリの仕上がりである。

そしてホルモンをいただくと……

ソフトな歯応えでとっても食べやすいうえに、旨みをしっかり感じさせながらもクセや臭みは無し。ホルモンが苦手な人でも抵抗なく食べられそうな味わいが特徴だ。

・ご飯との相性抜群

そして、ぜひ一緒に味わって欲しいのが、先述した「おにぎり」である。麺もウマいが、味噌スープやホルモンがご飯と相性抜群なのは、もはや言うまでもないだろう。

最後は残ったスープにおにぎりをINして、

スプーンで崩して雑炊風にすると……

文句無しのウマさ! 一緒に買っておいてよかったと思うこと請け合いである。炭水化物多めの罪深い組み合わせにはなってしまうが、1度は糖質やカロリーのことを忘れて味わってみて欲しい。

・SNSでは商品を称賛する声

同商品の感想をチェックしてみたところSNSでは「また買う」「めちゃくちゃ美味い」「幸せ」といった称賛の声がみられた。今後、セコマに欠かせないチルド麺となる可能性は大だ。北海道のセコマを訪れる機会のある方は、ぜひ『大盛りホルモンラーメン』を味わってみてはいかがだろうか。

Report:K.ナガハシ
Photo:Rocketnews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

家飲みでも最高の一杯を味わう“ビール飯”。料理が苦手な人でも作れるレシピ

 新型コロナウイルスの感染拡大で外食の機会が減り、自宅で料理をすることが増えている。  そうした世情にも後押しされてか、一般男性「とっくん」のビールにあう料理動画がインターネットで注目を集めた。7月には「手っ取り早くウマ […]