1位の味を手軽に!食パン専門店「髙匠」がau PAYマーケット店をオープン

食パン専門店「髙匠(たかしょう)」とは

食パン専門店「髙匠」02
2016年、大阪・阿波座(大阪市西区)への初出店を皮切りに、関西・関東・北陸エリアにて展開。食の阪神と言われる「阪神百貨店」内、“パンワールド”のセレクト商品としても販売中。2020年内には、新たに11店舗展開予定です。

ひとつひとつ丁寧に仕上げた、こだわりの食パン

食パン専門店「髙匠」03
「髙匠」の食パンは、小麦粉を熱湯で捏ねて、低温で熟成させる「湯種製法」で作られています。この製法を用いることにより、もちもちとした食感と、凝縮した旨うま味、小麦粉本来の自然な甘みなど、厳選された素材が調和した食パンに焼き上がります。「au PAYマーケット店」では、焼き上げ当日に常温便で発送するので、ふんわり柔らかいまま自宅に届きます。生で食べればもっちり、焼いて食べるとパリふわといった食感の違いも楽しむことができます。

【食パンの商品ラインナップ】
・まずはお試し!
◇2斤サイズ1本 【送料無料】
価格:1,650円(税込)
https://wowma.jp/item/461182111
・1番人気
◇2斤サイズ2本 【送料無料】
価格:2,300円(税込) 
https://wowma.jp/item/461182077
・たくさん買うならこちらがお得!
◇2斤サイズ1本 【送料別】
価格:800円(税込)
https://wowma.jp/item/454735956
・届いてすぐに「髙匠」の湯種食パンが思う存分楽しめる
◇6点入りギフトセット 【送料無料】
価格:4,000円(税込)
https://wowma.jp/item/458831234

湯種食パンで作ったラスクも!

あじろ籠BOX
「耳までふわふわの食パンで作ったラスクは、おいしいに違いない。」そんな想いから生まれたキューブ型ラスク「ル・キューブらすく」も好評販売中。つまみやすいのもポイントです。

◇あじろ籠BOX
スイート系とスパイス系の両方が楽しめるアソートを、あじろ籠に入れています。9個入り、12個入りにはweb限定の「とりゅふ」味が入ったプレミアムな詰め合わせです。ご進物やお祝いにもオススメ!
価格:6個入り¥2,980(税込)/9個入り¥3,980(税込)/12個入り¥4,700(税込)
※送料無料
https://wowma.jp/user/56634730/shopcategory/1000150199

ご自宅用セット

◇ご自宅用セット
お友達に配ってもよし、少しづつお皿に盛り付けてお茶うけやおつまみに。気軽に楽しめる「大人買い」セットです。
価格:5個入り【スイート/スパイス】¥2,300(税込)/8個入り【ミックス】¥4,000(税込)
https://wowma.jp/user/56634730/shopcategory/1000150197

<店舗概要>
食パン専門店「髙匠」
◆公式オンラインショップ https://lecube-takasho.com/
◆楽天市場店 https://www.rakuten.ne.jp/gold/lecubetakasho/
◆YAHOO!ショッピング店 https://shopping.geocities.jp/takasho-y/
◆au PAYマーケット店 https://plus.wowma.jp/user/56634730/plus/

[PR TIMES]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

消費税0%のケーキと消費税20%のビスケット。その違いって何?【イギリス】

イギリスの消費税(VAT)システムとは?


(C) Pcess609’s / Shutterstock.com Concept of VAT

イギリスにもVAT(Value Added Tax)という消費税にあたるものがあります。税率は現在20%ですが、実は日本よりもっと細かく軽減税率(5%)のもの、非課税(0%)のものと分かれています。すべて税込み価格で表示されているため、購入する際に実際の消費税分を把握するのは難しく、感覚として「消費税高いな・・・」と思うことはほとんどありません。

非課税(0%):生鮮食品などの生活必需品と子供用品、交通費。
減税(5%):ガスや電気などの公共料金。
標準税(20%):アルコール、外食、娯楽、チョコレートなど。

生活必需品は0%で、ぜいたく品は20%というのがおおまかな目安です。
イギリスではスーパーマーケットでの食材は安いのに外食には消費税20%、さらにチップが加算され割高に感じるというのも納得ですよね。

チョコレートケーキは消費税0%、チョコレートビスケットは消費税20%!?


(C) Lesya Dolyuk / Shutterstock.com チョコレートケーキ

紅茶の国イギリスでは、お茶うけとして生活の一部に根付いているケーキ、ビスケットはともに「生活必需品」と認められており基本的に非課税。一方「チョコレート」はぜいたく品となっており、標準税率の20%。ここで、紛らわしいのが「チョコレートケーキ」は非課税の0%なのに対して、チョコレートでコーティングされたチョコレートビスケットはなんと標準税の20%!

ジャファケーキ(Jaffa cakes)これってケーキ?それともビスケット?

ジャファケーキ
(C) Ai Fletcher

イギリスでとてもポピュラーなオレンジ風味のチョコレート菓子ジャファケーキ(Jaffa Cakes)。うすいスポンジケーキの上にマーマレードのようなジャムとチョコレートでコーティングされた紅茶にとてもよく合うお菓子です。実際に食べてみるとケーキと呼ぶには薄すぎるし、ビスケットと呼ぶには軟らかい・・・というのが正直なところ。さて、みなさんにはチョコレートケーキに見えますか?それとも、チョコレートビスケットに見えますか?

このお菓子を巡って1991年に、発売元のマクビティがイギリス政府を相手取って裁判を起こしました。

政府側は名前はケーキだがどう見てもビスケット。スーパーなどでもビスケットの棚で売られている。また、ケーキとしてではなく、ビスケットとして食べられているので、ジャファケーキはビスケット、つまり税率20%課税と主張しました。

実際にスーパーマーケットでは、完全にビスケットの棚に陳列されています。
スーパーのビスケット売り場
(C) Ai Fletcher

しかしマクビティは、ビスケットは日が経つとしけって柔らかくなるのに対して、ケーキは、日が経つと固くなっていくという特性を主張。巨大ジャファケーキを作って日ごとに固くなっていくことを証拠として提出。なんと、これが決め手となってジャファケーキはビスケットではなくケーキと認められ現在も、消費税0%で売られています。


(C) HandmadePictures / Shutterstock.com Jaffa cakes

イギリスのスーパーマーケットでは、どの店舗でもほぼ確実に取り扱われている超人気商品のジャッファケーキ。12個入りが1ポンド前後(もちろん、消費税0%)で購入できます。イギリスを訪れたらぜひこちらを購入して実際に食べて、ケーキかビスケットかジャッジしてみませんか?

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

家飲みでも最高の一杯を味わう“ビール飯”。料理が苦手な人でも作れるレシピ

 新型コロナウイルスの感染拡大で外食の機会が減り、自宅で料理をすることが増えている。  そうした世情にも後押しされてか、一般男性「とっくん」のビールにあう料理動画がインターネットで注目を集めた。7月には「手っ取り早くウマ […]