餃子に合うカレーだと…! 道産子が激推しする「ぎょうざの宝永」の特製カレーを餃子にぶっかけて食べてみた

カレーライスをはじめ、カレーパンにカレーうどん、さらには納豆といろんなものにカレーは適応してしまう。基本的には外すことがない食べものではあるが、何やら餃子にだって合うらしい。

まぁ具材がカレー味のものは普通にあるし……と思ってしまうところだが、まさかまさかのそのまさか! フタを開けてみたら餃子にカレーをぶっかけていくスタイルのものだったのだ!! しょ、正気か!?

・道産子が激推しする宝永

餃子に合うカレーを販売しているのは、道産子が激推しする『ぎょうざの宝永』だ。北海道で知らない人はいないという宝永。餃子にチーズをぶち込んでも昇華させてしまう宝永。そんな宝永が餃子に合うカレーを出しているとなれば答えは1つ。食べてみるしかあるまい!

ということで、北海道の商品を取り扱う「北海道フーディスト」で宝永特製キーマカレー(税抜400円)、そして音更餃子(税抜1000円)を購入。実際に作ってみることにした。

・安定の味

餃子自体は冷凍らしくサササッと作れる。

手順通りに進めていけば、ほい完成。

出来上がりは皮厚めでこれぞ宝永といった感じで食べてみても安定の味と言おうか、的を外さないところは相変わらずだ。そりゃ道産子も推すわな〜と思うところだが、今回はカレーをぶっかけるということを忘れてはいけない。

・餃子+カレー=?

ここであらかじめ湯煎しておいたカレーを餃子にぶっかけていく。カレーのパッケージには「挽肉と香辛料を炒め、無加水調理で野菜の旨みを閉じ込めた本格業務使用のカレーです」とあるが、はたしてその実力は。白米も用意したい気持ちをグッとこらえ、ここはあえて餃子とカレーのみで食べていこう。

恐る恐るカレーをぶっかけてみると……

こ、これホントにウマいのか……?

正直ウマそうじゃない出来栄えだけに不安が募る。ただ、人を見た目で判断しちゃいけないように、料理もまた見た目じゃ分からない。腹をくくって思い切りガブリといってみたら……

これは……

ウマい!!!!

正直なところ、餃子+カレーは禁断の味というかマイナスに振り切ることさえ予想していた。しかし、宝永が自信を持って「合う」と言っているだけあって確かな味と言おうか。餃子の中からジュワリと出てくる肉汁とニンニクの旨味をそっとキーマカレーが包み込む……カレーが見事に餃子の味を引き立てていた。

それはまるで「人」の文字のごとく、バランスを保つことに成功していると言っていい。カレーのウマさは当然として宝永の餃子だからこそできた芸当かもしれないが、それにしてもお見事!

・餃子好きに食べてもらった

しかしながら、私1人の判断でウマいと断定するにはちと早い。そこで、過去に餃子100日生活をしたこともある編集長のGO羽鳥に食べてもらった。

「ええぇ〜何コレ! こんなのあるの??」と見た目に不安を隠せていない羽鳥だが、口に入れてみると……

羽鳥「……ウマい! 合ってるよ合ってる。ぜんぜん違和感ないよ。めちゃんこ違和感ないね。めちゃめちゃいいじゃん、コレ。他にご飯が欲しいとも思わないし。これは星5つでしょ、厳しめに言ったとしても4.5だね。

特にマイナス点が見当たらない。まずカレーが美味しいし、カレーパンに入っているような味でホントに美味しいよ。それにしても、餃子に合うカレーなんてあったのか(笑)いやぁ、ごちそうさまでした!」

──とスルスル褒めの言葉が出てくるくらいご満悦でペロリと完食。また、他のメンバーにも食べてもらうも同じく好評だったため、かなりクオリティーが高いと思われる。ちなみに宝永のHPによると、北海道ではカレーに餃子をトッピングするらしい。どうやら米と合わせてもイケるみたいなので気になる人はお試しあれ〜!

参考リンク:ぎょうざの宝永
Report:原田たかし
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

「日本の酪農の陰の立役者」広島・庄原の受賞だらけのチーズ工房を現地ルポ【広島県】

なぜ庄原が酪農の陰の立役者なのか?

チーズ工房 乳ぃーずの物語。(ちぃーずのものがたり)

酪農というと、北海道のイメージが強いかと思います。その北海道の酪農の発展をアシストしたのが庄原です。

明治33年、庄原の七塚原に日本初の国立種牛牧場がつくられました。そこではヨーロッパから牛を輸入し、品種改良したうえで北海道に送るという試験研究が行われていたんです。いまも県立畜産技術センターという形で、最先端の研究を続けています。

そんな役割を果たしていた土地があっただなんて今回初めて知りましたが、その事実に感銘を受けた地元の青年が北海道の有名チーズ工房で修業のあと庄原らしいチーズ作りに勤しんでいるのが「乳ぃ~ずの物語。(ちぃーずのものがたり)」です。無農薬・減農薬の野菜・米・果物づくりに取り組む株式会社敷信村農吉が運営しています。

七塚原にある「乳ぃ~ずの物語。」

チーズ工房 乳ぃーずの物語。(ちぃーずのものがたり)

店内に入ると、壁には表彰状がずらり!

チーズ工房 乳ぃーずの物語。(ちぃーずのものがたり)

このまるで飲み物のようなパッケージに入ったモッツァレラは、「Japan Cheese Award 2014(ジャパンチーズアワード2014)」で金賞、さらに「国際チーズコンクール2015」でも金賞を受賞し、「Japan Cheese Award 2018(ジャパンチーズアワード2018)」は銀賞という賞を獲りまくっている実力者です。

チーズ工房 乳ぃーずの物語。(ちぃーずのものがたり)

ハード系含む各種チーズが並ぶなか、「All Japan(オールジャパン) ナチュラルチーズコンテスト2017」で金賞を受賞した、薔薇の香りのデザートチーズ「薔薇のフロマージュ」が目を引きます。

今回は、一番人気であり、「Japan Cheese Award 2018(ジャパンチーズアワード2018)」で金賞を獲った「カチョカヴァロ プレーン」(1188円・税込)を購入。醤油漬けとも悩みましたが、七塚原高原のミルクを感じたくオーソドックスな方にしました。

カチョカヴァロ実食

チーズ工房 乳ぃーずの物語。(ちぃーずのものがたり)

カチョカヴァロは、その個性的な形が『馬の鞍』に例えられる、イタリア生まれのチーズです。こちらのチーズ工房では、紐をつけて吊るし、3週間以上熟成させています。

チーズ工房 乳ぃーずの物語。(ちぃーずのものがたり)

食べ方のおすすめカードをいただいたので、その通りに、厚めにカットして、オリーブオイルで焦げ目がつくまで焼きました。筆者の場合ひっくり返すのが上手でなかったので形は崩れたのですが、溶け出た部分がふつふつとなり、余計に食欲をそそります!

カットするときは、おもちを切っているみたいでしたが、焼くと中はモチモチに!そして表面はカリカリザクザク。ミルキーな香りが口いっぱいに広がり、至福のときでした。クセもないですし、万人受けする美味しさ。

オンラインショップもやっていますから、全国どこからでも手に入れることができます。

チーズ工房 乳ぃーずの物語。(ちぃーずのものがたり)
所在地:広島県庄原市一木町533-4
電話番号:0824-72-2062(土・日・祝のみ)/0824-72-7634(平日)
営業時間:11:00~17:00(土・日・祝のみ) ※年末年始、GW等除く
HP:https://www.nokitishop.jp/

[All photos by Shio Narumi]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

パクチーたっぷり「エスニックなサンドイッチ」感動レシピ

 実は、お家で作れます。  ベトナムの屋台料理として日本でも人気が広がっているサンドイッチ「バインミー」。皆さんはもう召し上がりましたか? 少しずつ専門店が増えているようですが、食べられる機会がまだまだ少なくて、思いが募 […]