行くなら午前中!「青山フロマージュ」の魅惑のチーズソフトクリーム【大丸東京店】

魅惑の3種のチーズソフトクリーム

大丸東京店地下1階ほっぺタウンにオープンしたチーズスイーツ専門店「青山フロマージュ」。目を惹くジュエリーのような輝きを放った佇まいをしています。

青山フロマージュ大丸東京店 フロマージュ・ソフトクリームディスプレイ
こちらでチーズ好きを魅了するのが「フロマージュ・ソフトクリーム」です。「ミモレット」「ラスパドゥーラ」「フロマージュブラン」の3種類(各540円・税込)。その違いをお店の方が丁寧に教えてくださいました。

青山フロマージュ大丸東京店 メニュー
塩気も強く、からすみのような「ミモレット」。削りたてのオレンジ色の細切りミモレットがふんだんにのせてあります。ほんのり塩気があり、1番人気の「ラスパドゥ−ラ」も削りたてで、真っ白なラスパドゥーラがふんわりとのって見た目も華やか。クリームチーズを添えて、ハチミツをかけた「フロマージュブラン」は、3種の中でも甘みがあってクセなく、食べやすい一品。・・・どれもこれも魅力的です。

お店のディスプレイともマッチする美しい「ラスパドゥーラ」

今回いただいたのは「ラスパドゥーラ」。サブレのコーンもかわいらしく、フリルのドレスを着たお姫様のようなその姿に思わずウットリします・・・。お店の外観が宝石箱をのぞきこんでいるようなディスプレイなので、そこを背景に写真を撮るのも楽しくなります。

青山フロマージュ ラスパドゥーラのソフトクリーム
中をのぞくと、白いチーズソフトクリーム。その周りをラスパドゥーラが隙間なく囲っています。

お店の方によると、ミモレットとラスパドゥーラは、チーズの塊を午前中に削っているそうで、チーズのおいしさを楽しむには午前中が1番おすすめ、とのこと。しかも、特にふんわりしているラスパドゥーラの削りたては、ソフトクリームとコーンの間に挿すのにも大変注意を払っているようです。それだけ削りたては本当に繊細。

青山フロマージュ大丸東京店 ラスパドゥーラのソフトクリーム
チーズソフトクリームは、一口食べただけですぐにチーズの良い香りが漂ってきます。濃厚なのにさっぱりタイプで、くどくない甘さが良い塩梅です。

ラスパドゥーラを1枚食べてみると、塩気と酸味と旨味が口の中いっぱいに広がって、チーズの香りがふわっと鼻から抜けていきます。ほどよい塩気に、もう1枚もう1枚とクセになる味わい。

青山フロマージュ大丸東京店 ラスパドゥーラのソフトクリーム
チーズソフトの甘味あるチーズ感に寄り道したり、ラスパドゥーラにチーズソフトをのせて甘じょっぱさを一緒に楽しんだり。ほんのり甘い香ばしいサブレのコーンに、じわりじわりとチーズソフトが染み込み、ケーキのように変化して、最初とはひと味違うチーズスイーツで幕を閉じました。

チーズそのものとチーズソフトが互いの魅力を引き立てあう贅沢な逸品に、チーズ好きの探求心がくすぐられるはずです。公式インスタグラムにはチーズを削る様子がアップされているので、ぜひチェックしてみてください!

ほかにもまだある奥深いチーズスイーツの世界

青山フロマージュ大丸東京店 フロマージュ・シェイク
ほかにも、今回のフロマージュ・ソフトクリームをシェイクにした「フロマージュ・シェイク(フロマージュ・ミモレット・ラスパドゥーラ)」や、

青山フロマージュ大丸東京店 タルトフロマージュ
3度焼きしたパイ生地と濃厚チーズのタルト、濃厚カップチーズケーキ、

青山フロマージュ大丸東京店 ル・フロマージュ
冷やしても温めてもおいしいパイ包みチーズケーキ、

青山フロマージュ大丸東京店 クレームフロマージュ
新感覚の飲むチーズケーキ、チーズクッキーなどの焼き菓子も。

青山フロマージュ大丸東京店 フロマージュ・ソフトクリームディスプレイ
自分へのご褒美に、チーズが好きな方へのプレゼントに、日持ちしないからこそ楽しんでいただきたい大人の嗜好スイーツが充実しています。お酒を嗜みたくなる華やかなフロマージュ・ソフトクリームを味わって、奥深いチーズの世界へ連れ去られてみてはいかがでしょう。

青山フロマージュ大丸東京店
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1大丸東京店B1F
営業時間:10:00~20:00
定休日:施設に準ずる
交通:「東京駅」八重洲北口改札から徒歩約5分
HP:http://aoyama-fromage.com/
Instagram:@aoyamafromage?

[all photos by kurisencho]

~人生に旅心を~

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

台湾・宜蘭礁溪ローカル旅(5)|ト肉(ボーロウ)って何!?宜蘭名物グルメを実食ルポ

宜蘭名物グルメ「ト肉」ってどんな食べ物?

ト肉

台湾の観光地・宜蘭県にはこの土地ならではのグルメがたくさんあり、卜肉(ボーロウ)と呼ばれるグルメも名物グルメの一つです。名前を見て、おそらく肉なのであろうということは想像がつきますが、いったいどんな食べ物なんだろう?と謎ですよね。

卜肉とは、簡単に訳すと豚肉の天ぷらです。カットした豚肉に衣をつけ、ふわっと揚げられています。糕渣という揚げ物グルメと共に、宜蘭県の名物グルメとして知られています。

揚げたてト肉を味わえる人気店「小春」礁溪店

小春 礁溪店

卜肉はレストランでも味わうことができますが、屋台やテイクアウト店で揚げたてをいただくスタイルが気軽でおすすめ。羅東夜市に本店を構える「小春」は卜肉や糕渣、照焼皮蛋の人気店で、たくさんのお客さんで賑わっています。こちらは日曜日夜の礁溪店の様子です。

小春 礁溪店

ト肉や糕渣だけでなく、豚肉や牛肉の串焼きなども並んでいます。

イートインスペース有り

礁溪店には小さいながらもイートインスペースがあり、席が空いていれば座って食事をすることも可能です。

名物グルメの解説イラストがわかりやすい

名物グルメをイラストで紹介

店頭では、お店の三大メニューである照焼皮蛋・糕渣・ト肉がそれぞれどんなグルメなのか、イラスト付きで紹介されています。イラストを見ればそれぞれどんなグルメなのか、なんとなく読み取れるでしょう。

ト肉は大か小でサイズを選べるのがうれしい

ト肉は大か小を選べる

卜肉や糕渣は、大か小の2種類のサイズで提供されています。少しだけ食べたい時でも購入しやすいですよ。筆者は今回、卜肉の小サイズを注文しました。価格は60元(約216円)です。

揚げたてト肉

できあがると、お店の人が声をかけてくれます。では、さっそくいただいてみます。

揚げたてト肉のお味は?

鮮やかなピンクがかわいい箱

こちらが小サイズの卜肉です。鮮やかなピンク色の箱がかわいいです。

小サイズでも、箱の中にはたくさんのト肉が入っています。ふわっとした見た目がおいしそう!

ふわっとした衣にお肉が

一口いただいてみると、サクっふわっとした衣の中からお肉が顔を出します。何かに似ている味だなぁと考えながら食べていたのですが、ホットドックの皮に肉が混ざったような味わいだと感じました。揚げたては熱々、ふわふわの衣とジューシーなお肉の組み合わせがおいしいです。

テイクアウトで気軽にト肉を味わえる「小春」の礁溪店は、賑やかな礁溪駅近くにあり、観光の合間に寄りやすいですよ。ぜひ、揚げたての名物グルメ・卜肉を味わってみてくださいね。

小春 礁溪店
住所:宜蘭縣礁溪鄉礁溪路五段と德陽路の交差点横

[All photos by Yui Imai]
Do not use images without permission.

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

夏バテを吹き飛ばす羽根付き餃子がうまい。餃子の聖地・蒲田で発見

 美しいフォルムと香ばしい焼き上がりで人気の羽根付き餃子。その発祥は大田区の蒲田とされている。東京の餃子の聖地とも言われる蒲田で、餃子の名店を訪ね、夏バテを吹っ飛ばしてきた。 聖地・蒲田に集う餃子の有名店をゆく。夏バテを […]