【コストコの達人】激レア野菜「シーアスパラガス(サリコルニア)」はこうやって食べよう

ご存じの通り、コストコはアメリカ発祥の会員制スーパーである。日本で流通しているアイテムは当然として、コストコ以外ではほとんど見かけない珍しい商品に巡り合えることも、コストコの大きな魅力であろう。コストコには「初めて見た」が詰まっている。

つい先日、そのコストコの野菜売り場で発見したのが『シーアスパラガス』だ。私、P.K.サンジュン自身は初めて見たし、おそらくこの記事でその名を知った人も少なくないハズ。というわけで、日本では激レア野菜に分類されるであろう『シーアスパラガス』を調理してみたのでご紹介したい。

・シーアスパラガスとは?

コストコの生鮮食品コーナー、もっと言うとカートで突っ込んでいく巨大冷蔵庫コーナーで発見したシーアスパラガス。原産国はイスラエルで価格は税込798円、1パックに300グラムのシーアスパラガスが入っている。

聞き慣れない『シーアスパラガス』とはどんな野菜なのか? 名前だけ見るとアスパラの仲間っぽいが実際のところはどうなのか? まずはパッケージに記載されていた『シーアスパラガス』の説明をそのままご紹介しよう。

「シーアスパラガス(別名:サリコルニア)は栄養価が高く海水で自生する野菜です。海岸沿いの浅瀬など塩分の多い土壌で成長します。シャキッとした食感で、素材そのものに塩味がするので生のままでも召し上がれます。

タンパク質が多く含まれ、ビタミンA、カルシウム、鉄分などの栄養素が豊富です。生のままサラダで、また蒸したり炒めたり、様々な料理にお使いいただけます。シーアスパラガス自体に塩味があるため、調味料の量は控えめの使用をお勧めします」

……なるほど。どうやらシーアスパラガスの “シー” はSEA(海)を表しており、アスパラガスはアスパラっぽい見た目からその名が付いたようだ。ただし、形は確かにアスパラ風ではあるが、大きさは全く違う。1本のシーアスパラガスは手のひらに収まるサイズである。

・そのまま食べると…

注目は海水で自生するため素材そのものに塩味が付いていること。生でも食べられるらしいので、まずはそのまま食べてみると……おお。かなり塩分が強い。シャキシャキ食感と後から来るほろ苦さも印象的だが、やはり塩分のインパクトが最も強烈だ。シャキシャキした塩、そう言ってもいいだろう。

調理方法は色々とあるとのことだが、今回はシーアスパラガスを炒めてみることにした。注意点は2つ、シーアスパラガスそのものの塩分が強いため塩を使わないこと、そしてシーアスパラガスのシャキシャキ食感を活かすために、サッと炒めることである。

・炒めてみた

今回は我が家の冷凍庫に必ず入っているコストコの「シーフードミックス」と、冷蔵庫にあった野菜を適当に炒めてから……

1つかみ分のシーアスパラガスを投入。

あとは本当にササッと火を通せば「シーアスパラガスの炒め物」の完成だ。

・炒めると超ウマい

さっそく食べてみると、あらま……これはイケる! 生で食べると1本でもキツかった塩分が中和され、シャッキシャキした食感が実に心地よい。また、火を通すと後味の苦みはほぼ感じなくなった。どうやらシーアスパラガスは、油と相性の良い野菜のようだ。

とはいえ、やはりシーアスパラガスに含まれる塩分はそれなりにあるので、個人的にはシーアスパラガス単体での調理はオススメしない。他の食材6、シーアスパラガス4くらいの割合いで調理するのがイイのではないだろうか。

その他、サラダにちょっと混ぜてみたり、オードブルのトッピングなどにも使えそうなシーアスパラガス。シャキシャキ食感はかなり美味なので、興味がある方はぜひ1度お試しいただきたい。調理の際は一切の塩を使わない、コレをお忘れなく。

オススメ度(☆5中): ☆☆☆(炒めるとかなり美味)
また買う度(☆5中): ☆☆☆(毎月じゃなくても2カ月に1回なら買ってもイイ)
オススメシチュエーション: 結構日持ちはするけど、1週間以内くらいで食べ切れるなら。

参考リンク:コストコ公式サイト
Report:P.K.サンジュン
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

春水堂の秋の新作!ほうじ茶+マロンで和風タピオカドリンクを楽しもう

ほうじ茶香る!和風タピオカミルクティー

春水堂 秋の新作

2019年9月9日(月)より登場する秋冬限定ドリンクは、「タピオカほうじ茶マロン」と、「柚子ジャスミンティー」の2種類です。

2013年に日本上陸して以来、本格的な中国茶で淹れるタピオカティードリンクで多くの人々を魅了してきた春水堂。今や、タピオカドリンクのパイオニアとも言える存在ですが、今回は日本のほうじ茶を使用。秋の味覚であるマロンと合わせて、和テイストのタピオカティーに仕上げています。

日本茶葉と台湾発祥のタピオカティーという飲み方が融合した一品はこれまでにも、「タピオカ抹茶ミルク」や「タピオカほうじ茶ミルク」などを開発し、発売以来ドリンクランキングでベスト5にランクインするなど、高い人気を誇っています。

熟練の茶師によって生み出される茶葉

最近ではデザートやドリンクとしても人気のほうじ茶をベースにしたミルクティーに、秋が旬の栗をたっぷりと使用したペーストを加えています。モチモチのタピオカと一緒にいただけば、甘さと香ばしさがお口いっぱいに広がります。

タピオカほうじ茶マロン

「タピオカほうじ茶マロン」 650円(税別)

茶葉にこだわる春水堂ならではのこだわりも健在で、ほうじ茶の茶葉は厳選された国産を使用。熟練の茶師が遠赤外線焙煎機を使い、丁寧に火入れを行なっています。

タピオカほうじ茶マロンアイス

茶葉の芯まで火を入れることで、微粉末まで粉砕加工しても、本来持つ芳ばしい香りを失うことがないんですよ。

ホッと体も温まる柚子ジャスミンティー

鮮やかな色合いの「柚子ジャスミンティー」は、甘酸っぱい柚子ピューレがさわやかな味わい。ゆずには、たくさんのビタミンCが含まれているので、女性の肌荒れや冷え性に効果的で、秋冬にぴったりのドリンクですね。

柚子ジャスミンティー

「柚子ジャスミンティー」500円(税抜)

旨味エキスが詰まったぜいたく汁麺

2019年9月9日(月)より登場する秋冬限定の新作フードは、ぜいたくな汁麺たち。

ホンビノス貝が4個も入った見た目もゴージャスな秋のご褒美麺は、「柚子塩大貝湯麺」です。鶏白湯ベースのスープは、大貝や貝柱の凝縮エキスがたっぷりと染み渡り、うま味が詰まったコクのあるお味に。爽やかな柚子のアクセントが効いています。

柚子塩大貝湯麺

「柚子塩大貝湯麺」 950円(税抜)

春水堂初の醤油ベースとなる汁そば「海老ときのこの台湾湯麺」は、小エビと4種のキノコがたっぷりなピリ辛麺。日本人に馴染みのある醤油ベースなのに、スパイスが合わさることで、台湾の屋台でいただくような本格派台湾湯麺に仕上がっています。

海老ときのこの台湾湯麺

「海老ときのこの台湾湯麺」900 円(税抜)

春水堂とは

1983年に台湾で誕生した台湾カフェです。タピオカミルクティー発祥の店として、台湾で50店舗を展開し、本場のお茶好きから絶大な人気を得ています。2013年には、日本初の代官山店をオープンし、タピオカミルクティーのパイオニアとも言える存在です。

タピオカティーなんてどこのお店で飲んでも大差ないでしょう?と思うかもしれません。でも、「春水堂」のタピオカティーは上品な味わいで秀逸。それもそのはず、社内の厳しいトレーニングを受け茶葉に対する専門知識を習得した有資格者のみが、ドリンクを作ることを許されているからなんです。毎日の気候に合わせて計算されたその味は、飲む者に安らぎと幸せを与えます。

春水堂
公式HP:https://www.chunshuitang.jp/
販売店舗:全店舗(フードはルミネエスト新宿店以外)

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

夏バテを吹き飛ばす羽根付き餃子がうまい。餃子の聖地・蒲田で発見

 美しいフォルムと香ばしい焼き上がりで人気の羽根付き餃子。その発祥は大田区の蒲田とされている。東京の餃子の聖地とも言われる蒲田で、餃子の名店を訪ね、夏バテを吹っ飛ばしてきた。 聖地・蒲田に集う餃子の有名店をゆく。夏バテを […]