【意外】ハンバーグの缶詰「CANBURG」の中身が、思った以上に本気のハンバーグでビックリした!

「ハンバーグ」と聞いて悪い気がする人はあまりいないと思う。なぜなら多くの人が大好きな洋食のひとつだから。ただ、そのハンバーグがもしも缶詰に入っていたらどう思うだろうか?

え? 缶詰のハンバーグだって!? レトルトならわかるけど、アレを缶に入れるのか? 一体どんな味がするのか? 岩手県のブランド肉専門店「格之進」が缶詰ハンバーグを販売していたので買って開けてみたところ……。思った以上に本気の本気でハンバーグじゃないか、コレ!!

・ハンバーグのオイル漬けだって!?

ハンバーグの保存食といったら、やっぱりレトルトが定番でしょ。昔に比べて保存技術が進化していて、レトルトや冷食でも美味しいものが増えている。さらに保存期間を長くするため缶詰に入れるのは理解できるが、この商品をグランスタ東京の「格之進 ハンバーグ&バル」で発見した私(佐藤)は目が釘付けになった。

テイクアウトカウンターのショーケースを見ると「ハンバーグのオイル漬け」とある。中は一体どうなってるんだ? ハンバーグはこの缶詰の中でどうなっちゃっているんだよ!? 中が見たい! そう思い1缶(税込864円)を購入して帰った。

・缶の中に閉じ込められたハンバーグ

缶には大きな文字で「CANBURG」と書いてある。ハンバーグが缶に入っているからカンバーグか……。悪くないネーミングだ。

缶の側面を見ると、こう書かれている。

「厳選したお肉で美味しさを最優先に作ったハンバーグをジューシーに焼き上げ、旨味も一緒に缶の中に閉じこめました

なるほど、この中にはすでに完成形のハンバーグが閉じ込められている訳か。開けたらすぐに食えるらしい。ちなみに賞味期限は2023年4月7日になっている。その気になれば、3年後までこのハンバーグを食えるようだ。

・本気だ、本気のハンバーグだ!

早速ハンバーグを救出しよう! 缶の中で油漬けになっているハンバーグを早く外に出してやらないと! 待ってろ、ハンバーグ!! 今、そこから出してやるからな! 缶の上にあるプルタブに指をかけて……。

軽く引き上げるとパカッ! とフタが開いた。

そして中を見てみると……。

ハンバーーーーーーーーーグッ!!!!!!!

これはハンバーグだ! 完全なるハンバーグだ!! もうちょっと保存食らしく、慎ましい感じのハンバーグの姿をイメージしていたけど、本気のハンバーグだった。あえていうなら “イケメン” の部類に入るハンバーグじゃないか。

・味はかなりイイ

保存用の油にしっかり漬かっているけど、もしかして油っぽいかな?

半割りにしてみると、肉がギュッと詰まっているのがわかる。それにしても、ハンバーグの形が整っていて、缶から出しただけなのにたった今調理が終わったかのようだ。キレイで焼き色も美しい。

常温のまま食べてみると……。こ、これは!? ウマい! 肉感はあるのに、味は結構あっさり目だ。中まで油はまわっていないので、くどさもなく肉の旨味が口の中に広がる。これが保存食とは驚きだ。加熱してキレイな器に盛りつければ、そのままレストランで出せる味ではないだろうか。1500円で提供されても文句のないクオリティである

さすが格之進、岩手を代表するブランドだけある。缶詰でも、そのブランドの味は損なわれていなかった。オンラインストアでも3缶セット(税込2592円)で販売しているので、気になる方はチェックして欲しい。これをキャンプとかに持って行けば、野外で飲食店の味を堪能できるぞ!

参考リンク:格之進オンラインストア
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

野生のイルカに会いにいく!「道の駅 天草市イルカセンター」が誕生【熊本・天草】

天草情報てんこもり、にぎやか二江市場の1階フロア

天草市イルカセンター観光情報
入口すぐに観光情報コーナー、その先にイルカウォッチング受付カウンターと休憩スペース。イルカウォッチングを楽しむポイントや、豊かな海を守る保全活動、天草観光について豊富に紹介してあります。

天草市イルカセンターレンタサイクル
自転車レンタルで、近くの通詞島(つうじしま)や二江周辺巡りも(2時間500円)。

天草市イルカセンター二江市場
奥にある「二江市場」には地元の野菜、鮮魚、お弁当、お惣菜、パン、お土産など特産物が並び、「これは天草の名物よ~」と、軽快トークのスタッフさん。懐かしいおいしさにホッコリ。

海の幸!デジタルアクティブ!2階フロア

天草市イルカセンター階段
2階への階段の壁にはイルカや魚のイラストに、大漁旗とガラスのライトがキラキラと、まるで竜宮城。

天草市イルカセンター漁協レストラン
券売機式の「漁協レストラン」の、天草の海の幸で腹ごしらえ。

天草市イルカセンター展望デッキ
広々展望デッキでパノラマの海を眺めたら「ドルフィンスクエア」へ進みましょう。

天草市イルカセンターVRウォークマン
「VRイルカウォッチング」で海にもぐって、

天草市イルカセンターVR体験中
大人も子供もファンタジーな体験!

天草市イルカセンターデジタルスクエア
人の動きにあわせてイルカが反応「ドルフィン・グリーティング(奥)」でトレーナー気分になったり、二江で獲れる魚・イルカ・漁法について学べる「デジタル図鑑」、海の生きものを好きな色で描きテーブルで泳がせる「デジタル水族館」と、雨の日でも楽しいオリジナルの海物語を。

天草市イルカセンター望遠鏡
「イルカがいるかも?!」双眼鏡で海の向こうをのぞいてみよう!

人気!天草に住むイルカをウォッチング!

天草市イルカセンターオブジェ
天草を回遊するイルカには珍しく定住するミナミハンドウイルカ。天草・通詞島と長崎・島原半島の間にある早崎瀬戸に約200頭が住む理由は、複雑な海底地形に餌が豊富にあるからとのこと。

天草市イルカセンターイルカウォッチング
船に乗り地元の漁師さんが案内してくれる約1時間のイルカウォッチングは、1便目が10:00~の全5便で出航です。自然相手の観光なので、天候に左右されるところはご理解いただきたいところです。台風接近中のこの日は午後から欠航でしたが、ドルフィンスクエアで想像以上に満喫でした。

体にしみわたる天草スイーツ「IRU CAFE AMAKUSA(イルカフェ アマクサ)」

天草市イルカセンターソフトクリーム
二江市場の一角にスイーツの行列を発見。「あまくさ海しおミルクソフトクリーム(350円・税込)」は、天草産牛乳のミルキーソフトと天日古代塩のマイルドなバランスがちょうどよく、ソフトの上にはイルカの形をしたカステラが青空にジャンプ!「発酵バターパイ生地の海しおソフトクリーム(500円・税込)」のゴージャス版も。

天草市イルカセンターイルカステラ
そのほか、天草かき氷(350円・税込)、べビーイルカステラ(15個入500円・税込、35個入1000円・税込)、タピオカミルク・タピオカソーダ(各500円・税込)。

天草市イルカセンターイルカフェ
青いハーブからできた合成着色料不使用の「オーシャンブルータピオカドリンク」は美しい天草海色。

夢の船旅、イルカと共に生きる藍の海

天草市イルカセンター展示
船から見える美しい藍の海にはイルカの群れ。船と同じ進路へジャンプし泳ぐ姿に、いつか一緒に泳ぐ!という憧れを抱き、願う共存の未来。自由で軽やかで愛らしいイルカに癒され、心弾む天草の旅となるでしょう。二江の漁民がイルカと共存し、守り続けてきた豊かな海。これからも地域一体となり未来へつなげるため、天草の人々は今日も海と向き合い生きています。

道の駅 天草市イルカセンター
〒863-2421熊本県天草市五和町二江4689-20
TEL:0969-33-1500
営業時間:9:00~18:00
入館料:無料
閉館日:12/31~1/1
アクセス:バス・車/熊本から約 2 時間 30 分~3時間
HP:https://www.amakusa-dolphin.jp/
天草宝島観光協会
https://www.t-island.jp/

[All photos by kurisencho]

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

長澤まさみが絶賛「コオロギラーメン」って美味しいの?食べてみた

 7月27日放送の『痛快TV スカッとジャパン』にて、長澤まさみさんが好物として「コオロギラーメン」を挙げ、視聴者を驚かせました。なんと、1杯につき100匹以上のコオロギが使われているのだそう。  昆虫食を扱うレストラン […]