【とても危険】カルディの「シチリアンレモンサワー」が美味すぎてヤバい! レモンサワー界最強の一角

おかしい。なぜこれがもっと話題になっていないのか……。カルディのレモンサワー「シチリアンレモンサワー」である。散歩中に偶然入ったカルディにてなんとなく購入。ちょうど喉も乾いていたので一口飲んだその瞬間、全く予想していなかった圧倒的な美味さに思わず動きを止めた筆者。

えっ、マジか? なんだこの美味さは? もはや事件である。ネットで話題になっていたような覚えもなく、完全にノーマークだった。これはお伝えせねばと思い立ち、急遽カルディに戻って追加購入。この美味さはレモンサワー界のパワーバランス崩壊待ったなしな緊急事態である。

・レモンサワー

日本のレモンサワー界は、美味すぎて出荷停止にもなった檸檬堂や、圧倒的な安さと量で有無を言わせないストロングゼロなどが覇を競い合う混沌の世界。国民の間ではすでに派閥が出来上がってる感もあり、生半可な新参者など一瞬で消されてしまうだろう。

だが、このカルディのレモンサワーは別だ。

飲んだ瞬間に、クオリティの高さが明らかなフレッシュすぎるレモンフレーバーが脳に届く。明らかにレモン由来の好ましいほろ苦さも素晴らしい。まるでレモンの皮を軽くかじった時に感じるようなやつだ。こんなにレモンが生々しく、そして美味いレモンサワーは中々ない。

きっと7%も入っているというレモン果汁が効いているのだろう。オレンジジュースだってオレンジ果汁は1%とかだったりする時代に、レモンサワーで果汁7%なのだからたいしたものだと思う。

一口飲んでわかる圧倒的な強者の風格。ドラゴンボールで例えるなら、ブロリー並みの戦闘力を感じる。味の美味さだけに注目すれば、市販のレモンサワー界でトップの可能性もあるのではなかろうか。

・値段と度数

もちろん弱点はある。一つ目は値段だ。こちら、筆者が買った時はセールで税込み151円だったが、通常は税込み165円だそうだ。ストゼロ等の高コスパ系と比べると少し高い。そして二つ目はアルコール度数。5%しかないのだ。人によっては物足りなさを感じることだろう。

度数9%なストロング系のように、圧倒的パワーで理性を消し飛ばすような戦い方は期待できない。しかし「シチリアンレモンサワー」特有のレモンの美味さは、その弱点を補って余りあるものだと思う。アルコール量が足りないなら多く飲めばいい話だが、レモン風味のクオリティはそう簡単に解決できるものではない。

・一緒に

最後に、レモンサワーを買いにカルディに行ったなら、併せて買うべきものを一つ紹介して終わろうと思う。このレモンサワーは、言うまでも無く味の濃い揚げ物とよく合う。しかし揚げ物とあわせると、せっかくのレモン風味が揚げ物の味や油によって抑制されてしまう。

そこでお勧めしたいのが、やはりカルディで売っている「シチリアンレモネードベース(税込み398円)」だ。

これを「シチリアンレモンサワー」に入れると、元から美味いレモンフレーバーを、全く違和感なく濃厚にすることができる。そして揚げ物とレモンサワーの摂取速度が果てしなく加速してしまい、気が付くと意識は無限の彼方へ。とても危険で素晴らしいものだ。

参照元:カルディ
Report:江川資具
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

はなまるうどんがぶっ壊れた!? うどんの上に「麻婆丼」をのせる暴挙に出てしまう……

時代は国民総健康志向。トクホ(特定保健用食品)や機能性表示食品がコンビニで売られているだけでなく、24時間営業のスポーツジムも増えた。さらに禁煙の機運が高まり、酒を飲む若者だって少なくなった。

健康第一! 死ぬまで生きる!! そう声高に叫ばれるなかで、大手うどんチェーンの「はなまるうどん」がトンデモねえメニューの提供を開始していた。その名も「麻婆丼うどん」である。うどんの上に麻婆丼だ。どうしたはなまる!? ついにおかしくなっちゃったのか?

・メニュー表にない?

このメニューは、2019年10月1日から一部店舗を除き、全国のはなまるうどんで販売が始まった。そんなの全然知らなかったぞ。実際に店に行ってみたところ……

メニューを見ると、炭水化物に炭水化物をのせた「麻婆丼うどん」の表記はない。

ここは取り扱いのない店舗なのか? と思いながらも、カウンターを見てみると……

\\ 期間限定 四川風麻婆丼うどん /////

販売価格は、小590円・中690円・大790円(いずれも税別、一部店舗は価格が異なる)となっている。これ頼む人いるのかな~。実際に注文したところ、スタッフの皆さんがカウンターの向こうで戸惑っている様子だった。やっぱりあまり注文されないみたいで、盛り付けについて意見交換している姿が見えた。そうだろうなあ、今の時勢でコレを頼む人は少なそうだ……。

・かつやのアレを思い出す

さて、実物と対面だ。トレー上の麻婆丼うどんは、麻婆あんが乗っているだけのようにも見える。

手前に見えているのはたしかに麻婆豆腐。

しかしその向こう側には……

ごはんドーン!!!!

そういえば、以前かつやにも似たようなメニューがあった。あれはたしか、カレーうどんカツ丼とか言ったか? かつやのモノと比較してみると。

もはや、どっちがどっちだか正直よくわからない。しかしひとつだけハッキリしているのは、どちらもヤケクソで話題性を狙っているんじゃないか? ということだ。

・うどん食う、ご飯食う

食べてみるとしよう。まずはうどんを食う。

次にご飯を食う。

またうどんを食う。

さらにご飯を食う。

食べ終わるまでコレを繰り返すだけである。個人的な感想としては、ご飯がうどんの邪魔になるかと思っていたが、意外とそうでもなかった。麻婆丼とうどんを同時に食っている。ただそれだけの商品。そうとしか説明のしようがない。ほかには何もない。『Nothing』であった。

なお、この商品は11月末までの販売とのこと。見かけたら、人生経験上、1度くらいは食べてみても良いかも。

・今回訪問した店舗の情報

店名 はなまるうどん 新宿甲州街道店
住所 東京都新宿区西新宿1丁目18−6
営業時間 7:30~23:00

参照元:はなまるうどん
Report:佐藤英典
Photo:Rocketnews24

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

長澤まさみが絶賛「コオロギラーメン」って美味しいの?食べてみた

 7月27日放送の『痛快TV スカッとジャパン』にて、長澤まさみさんが好物として「コオロギラーメン」を挙げ、視聴者を驚かせました。なんと、1杯につき100匹以上のコオロギが使われているのだそう。  昆虫食を扱うレストラン […]