キハチの栗スイーツ登場、新作パフェやパイ、和栗のせモンブラン

 サザビーリーグが運営するキハチ 青山本店、キハチ カフェ、パティスリー キハチの各店舗で、それぞれ店舗で異なる“栗スイーツ”を9月1日から順次発売する。新作パフェや、出来たてサクサク食感のパイ、和栗を丸ごとのせたモンブランなどが彩る。

【キハチ カフェ】4種類の“栗スイーツ”が、マンスリーメニューとして順次登場!

 全国のキハチ カフェは、フランス産の栗のペーストで作るマロンクリームとサクッと口どけのよいマカロンを合わせた新作の「マロンクリームパフェ」に、9月限定「渋皮栗のショートケーキ」、10月限定「渋皮栗とかぼちゃのタルト」、11月限定「渋皮栗のロールケーキ」の4種が順次登場する。

【キハチ 青山本店】サクサクのパイ生地に、栗の渋皮煮と2種類のクリームを重ねて

 キハチ 青山本店では、栗をサクサク食感のパイとともに楽しむ数量限定の「KIHACHIのマロンパイ」が今年も登場。いちばん美味しい旬の素材をレストランならではの“出来立て”で提供する<KIHACHIのパイシリーズ>の中でも、「KIHACHIのマロンパイ」はごろっと入った渋皮栗とマロンクリームのコクと風味がサクサク食感のパイと相性抜群で、苺を使用した冬限定のナポレオンパイに次いで人気のメニューとなっている。

 パティスリー キハチの各店舗(一部を除く)では、毎年この時期だけの「マロンティラミスロール」を販売。また、国産の蒸し栗をペーストにした栗の風味豊かなモンブランクリームをたっぷり絞り、渋皮栗の甘露煮を丸ごとのせた「和栗のモンブラン」も定番人気スイーツとして用意している。

キハチ カフェ 商品概要 

NEW
■商品名:マロンクリームパフェ
■価格:1,210円(税込)
■販売期間:9月1日(火)~ 11月30日(月)
■商品説明:フランス産の栗のペーストを使用した程良い甘さのマロンクリームに、コーヒーゼリー、バニラアイス、さくさくマカロンを合わせたパフェ。

マロンクリームパフェ

9月限定
■商品名:渋皮栗のショートケーキ
■価格:1カット 1,100円(税込)
■販売期間:9月1日(火)~ 9月30日(水)
■商品説明:しっとり焼き上げたスポンジに異なるマロンペーストをカスタードと生クリームそれぞれに合わせ、渋皮栗を
サンドしました。秋ならではの贅沢な味わいです。

渋皮栗のショートケーキ

10月限定
■商品名:渋皮栗とかぼちゃのタルト
■価格:990円(税込)
■販売期間:10月1日(木)~ 10月31日(土)
■商品説明:ゴロゴロの渋皮栗を入れて焼き上げたタルト生地に、甘さ控えめのクレーム・シャンティと、しっとり滑らかな
かぼちゃクリームを合わせた、秋ならではのタルト。

渋皮栗とかぼちゃのタルト

11月限定
■商品名:渋皮栗のロールケーキ
■価格:1,100円(税込)
■販売期間:11月1日(日)~ 11月30日(月)
■商品説明:栗ペーストと生クリームを合わせたマロンクリームと渋皮栗をしっとりふんわりとした生地でロールケーキに。

渋皮栗のロールケーキ

<販売店舗>
キハチ カフェ 日比谷シャンテ、キハチ カフェ アトレ浦和、キハチ カフェ ペリエ千葉、キハチ カフェ 東急百貨店たまプラーザ店、キハチ カフェ 福岡三越、キハチ カフェ 小倉駅前アイム、キハチ カフェ 福屋八丁堀本店、キハチ カフェ 名鉄百貨店本店

※店舗により取扱商品が異なります。また、販売期間は変更となる可能性がございます。
※天候・仕入れの状況により、食材やメニューが変更になる場合がございます。

キハチ 青山本店 商品概要 

数量限定!
■商品名:KIHACHIのマロンパイ
■価格:1カット 1,540円(税込)
■販売期間:9月1日(火)~ 11月15日(日)
■商品説明:ごろっと入った栗の渋皮煮とトッピングのマロンクリームのコクと風味が、サクサクのパイ生地と相性抜群の一品。
パイ生地のサクサク感を味わっていただくため、
作り置きをしない数量限定のスイーツです。

KIHACHIのマロンパイ

<販売店舗>
キハチ 青山本店 (9/29~ キハチ 名古屋JRセントラルタワーズ、キハチ 髙島屋横浜店、キハチ イタリアン 伊勢丹立川店)

※店舗により取扱商品が異なります。また、販売期間は変更となる可能性がございます。
※天候・仕入れの状況により、食材やメニューが変更になる場合がございます。
※各店舗により、販売期間・提供時間が異なります。

パティスリー キハチ 商品概要

期間限定!
■商品名:マロンティラミスロール
■価格:カット562円、約14cm 2,160円(税込)
■販売期間:9月16日(水)~ 10月31日(土)
■商品説明:栗とティラミスをあわせた秋限定のロールケーキ。
食感が楽しめる大きさに刻んだ渋皮栗とコクのあるマスカルポーネクリームを、コーヒーの香り豊かなしっとりとしたコーヒーシフォン生地で巻き上げました。栗を感じるマロンクリーム、ココアパウダーで仕上げています。

マロンティラミスロール

定番人気!
■商品名:和栗のモンブラン
■価格:616円(税込)
■販売期間:通年
■商品説明:パティスリー キハチの定番人気スイーツ。さっくりとしたアーモンドタルト台に、国産の蒸し栗をペーストにした栗の風味豊かなモンブランクリームをたっぷり絞りました。上には渋皮栗の甘露煮を丸ごとごろっとのせました。

和栗のモンブラン

<販売店舗>
パティスリー キハチ 東京ギフトパレット(2020年8月オープン)、パティスリー キハチ アトレ恵比寿、
パティスリー キハチ 西武渋谷店、パティスリー キハチ 東大島

※店舗により取扱商品が異なります。また、販売期間は変更となる可能性がございます。
※天候・仕入れの状況により、食材やメニューが変更になる場合がございます。

音楽&エンタメニュースサイト

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

タピオカ、チーズドッグの次はコレが来る!? 「進化系ベビーカステラ」には天下を取れるだけのポテンシャルがある

世の中、何が流行るか分からない。タピオカやらチーズドッグやらが大流行するなんて、少し前には予想できなかったことだ。そして次に来るのはコレかも知れない──。

そう思えるスイーツと出会ったので、ちょっと話を聞いてくださいな。

そのスイーツとはベビーカステラ。スイーツというよりは、お菓子と呼んだほうが良いかもしれない。いずれにせよ、あの縁日とかで売っているベビーカステラの「進化系」ともいえる商品を発見したのだ。

・お馴染みのお菓子

店頭で焼かれているのを見ると、ついつい買ってしまうベビーカステラ。筆者も大好きだ。しかし食べ続けていると、どこかのタイミングで「もうええかな……」と思ってしまわないだろうか。

あれは何なのか。たぶん食感が原因だと思う。ベビーカステラのフワフワとした食感は最大の魅力だが、それが時間の経過と共に少しずつ「モソモソ」に感じ始めてしまうのだ。

今回紹介するのは、そんなベビーカステラの弱点ともいえる面を補った商品である。

・新感覚!

やって来たのは大阪・心斎橋にある IKKI KASUTEIRA というお店。若者が集うアメリカ村に店を構えているだけあって、外観からしてオシャレな感じだ。

そしてこちらのお店では、生クリームや生チョコにフォンデュして食べるベビーカステラが販売されているのだ! これを食べに来た。

クリームかチョコかで迷った挙句、今回は生クリームフォンデュ(500円)をチョイス。粉砂糖で薄く化粧をしたベビーカステラと、たっぷりのホイップクリーム。盛り付けも良い感じではないか。

フォークでカステラを刺し、クリームにディップする。まあこれは不味くなりようがないだろう。そして実際に食べてみると、やっぱり美味い!

ただ美味しいだけではない。最初に言っていたことを思い出していただけるだろうか。食べ続けるとモサモサしてくる……そんなベビーカステラの抱えるジレンマを見事に解消している。

口当たりの良いクリームをまとわせることで、シットリ感が加わり全く飽きが来ない。このあと他にもグルメ系の取材が控えていたので自重したが、あと2つくらい注文しても余裕で食べられそうだ。

ちなみに三角公園で食事をしていると鳩が寄ってくるのだが、筆者は一欠片たりとも鳩にはあげなかった。こんな美味いもん鳩にやれるか、コラ!

いわばベビーカステラとしての殻を突き破った感のあるテイストに、見た目もポップときた。これは次世代の流行フードとしての資質を備えているといっても過言ではないだろう。

調べてみたところ、こういうスタイルのベビーカステラを販売している店は他にもあるようだ。インスタ女子の皆さん、次に来るのはコレかもしれませんよ!

・今回紹介したお店の情報

店名 IKKI KASUTEIRA 心斎橋店
住所 大阪市中央区西心斎橋1-7-8
時間 11時~21時
休日 無休

参考リンク:IKKI KASUTEIRA
Report:グレート室町
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

長澤まさみが絶賛「コオロギラーメン」って美味しいの?食べてみた

 7月27日放送の『痛快TV スカッとジャパン』にて、長澤まさみさんが好物として「コオロギラーメン」を挙げ、視聴者を驚かせました。なんと、1杯につき100匹以上のコオロギが使われているのだそう。  昆虫食を扱うレストラン […]