『アマビエ焼き』を作ってみた

今まさに『アマビエ』は “時の人” ならぬ “時の妖怪” である。疫病退散にご利益があるとの言い伝えから、コロナ禍の守り神的ポジションに突如抜擢されたのだ。私を含むほとんどの国民は、今年初めてその存在を知ったのではないだろうか。

アマビエについて正式に定義するのは難しいが、よく描かれる姿は “魚寄りの半魚人” といった感じ。ちょうど往年のヒット曲『およげ! たいやきくん』の “たいやきくん” のようだ。そういえば横向きに描かれることの多いアマビエ、たい焼きに少し似ているなァ。

最近ではあらゆるシーンでアマビエグッズを目にするが、どうやら調べた限り『アマビエ風たい焼き』はまだ登場していないっぽい。これは……うまくすれば大ヒットの予感……!

・たい焼き下準備

さっそく購入したのは『おやつdeっse(でっせ)』というたい焼き器。一体ナゼたい焼き器にその名を付けたのか? 詳細は不明だが、通販サイトで多くの高評価を持つスグレモノらしい。購入時の価格は3288円(税込)。疫病退散と商売繁盛のためなら安いものである。

さて計画は至ってシンプル。たい焼き生地を食紅で着色し、お絵かきの要領でアマビエ風に仕上げるのだ。

食紅は混ぜたり濃度を調整すれば無限に色を作り出すことができる。アマビエといえばカラフルなウロコやロングヘアーが魅力であるから、10色ほど生地を用意しておくことにしよう。

生地レシピは『おやつdeっse』のパッケージに記されているのだが、今回は俗に言う “白いたい焼き” にチャレンジしようと思う。なんとなくその方がキレイに発色しそうな気がするから。白いたい焼きのレシピはネット検索すればいくつもヒットするので各自探してみてほしい。『タピオカ粉』や『牛乳』を使用するのが主流のようだ。

白い生地を小分けに着色して下準備完了! スッゴク簡単!

・脳内シュミレーション

私の作戦はこうだ。たい焼き器を加熱したら、まず最も表面側に配置したい色の生地を乗せる。焼き固まった部分は他の生地と混ざらないはずだから、そういった具合に少しずつ加熱しながら異なる色の生地を重ねていく……という段取りなのである。

目や尾ヒレといった、イラスト用語で言うところの「主線」から黒色で描く。うん、なかなかイイ感じだ。フッ素加工のたい焼き器は水分をはじく特性があるようで、想像みたいに “サラサラ” とはいかないけれど……時間をかけ、ゆっくり、ゆっくり描(えが)いてゆく……そして……

狙いどおりに熱で固まった主線は…………

私の鼻息で跡形もなく吹き飛んだのだった…………!

・灼熱と絶望

実際のところ、焼いた生地は予想外に軽く “パリパリ” としており、固まったそばから剥がれ落ちてしまうのである。おまけに液状の生地はユルユルとしてまるでシチュー。細かい作業は絶望的に難しそうな雰囲気だ。

ここまで来といて簡単に諦めるわけにもいかず、灼熱の鉄板に向かってチャレンジを続けること1時間。しだいに暑さと焦りで視界がぼやけてきたぞ。「ボツ記事」という言葉が脳裏をグルグルと回り始めたころ……

私は作戦変更を決めた。予定よりデザインを簡略化したのだ。まずは土台となる髪の毛を中央に配置。これが生地の流れをせき止める “土手” の役割を果たす。

そこから色を変えて髪の毛を増やし……

ウロコも描き込んだら……

ものすごい芸術作品みたいになった。

・意外にも

加熱と冷却を繰り返した生地は、気づけば端がめくれ始めてる。これはこれでキレイな気もするが、今のところアマビエじゃないことだけは確かだろう。

……とか考えていても仕方がない。「ままよ」とばかりにアンコを乗せ、隙間に生地を流し入れる。あとはフタをして神に祈るのみだ。

焦がさないよう慎重に両面を焼く。

恐る恐る鉄板を開いてみたら…………

おっ!? アマビエ……ではないかもしれないが、思ったより悪くないかも!?

・デザインはシンプルに

考えてもみればアマビエに限らず、私は “色の混ざったたい焼き” を見たことがない。要するに生地の性質上、色付きたい焼きは工程に手間がかかりすぎるのではないだろうか。

しかし今回作成した『アマビエ焼き』、アマビエかどうかはともかく、我ながらけっこうカワイくできたんじゃないかと思う。キャラクターにこだわらず「カラフルたい焼き」というつもりで挑めばよかったのかもしれない。

ちなみに『スライム焼き』『コイキング焼き』などは、けっこうそれっぽく仕上げることができた。

キャラクターたい焼きを作る際は、なるべく簡単なデザインのキャラをチョイスするといいだろう。

無念にも今回『アマビエ焼き』の商品化には至らなかったわけだが、改良を重ねればスゴイのが作れそうな予感だけはヒシヒシと感じた。それに自分で作ったたい焼きは非常にカワイイものだ。無病息災の祈りを込めて、家庭でお好みのキャラ焼きにチャレンジしてみたら……お子さんとか、大喜びする気がするな〜多分!

Report:亀沢郁奈
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

手でコネコネ「原始クッキー」作りが超楽しい。道具いらずの簡単レシピ

“手作り”に、あこがれて。  手作りクッキーを焼いてみたい。そんな憧れを持っている人はいませんか? でもいざ作ろうとして、「オーブンがない、生地をのばすためのめん棒がない、かわいい型抜きがない……」といった問題にぶち当た […]

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

キハチの栗スイーツ登場、新作パフェやパイ、和栗のせモンブラン

 サザビーリーグが運営するキハチ 青山本店、キハチ カフェ、パティスリー キハチの各店舗で、それぞれ店舗で異なる“栗スイーツ”を9月1日から順次発売する。新作パフェや、出来たてサクサク食感のパイ、和栗を丸ごとのせたモンブランなどが彩る。

【キハチ カフェ】4種類の“栗スイーツ”が、マンスリーメニューとして順次登場!

 全国のキハチ カフェは、フランス産の栗のペーストで作るマロンクリームとサクッと口どけのよいマカロンを合わせた新作の「マロンクリームパフェ」に、9月限定「渋皮栗のショートケーキ」、10月限定「渋皮栗とかぼちゃのタルト」、11月限定「渋皮栗のロールケーキ」の4種が順次登場する。

【キハチ 青山本店】サクサクのパイ生地に、栗の渋皮煮と2種類のクリームを重ねて

 キハチ 青山本店では、栗をサクサク食感のパイとともに楽しむ数量限定の「KIHACHIのマロンパイ」が今年も登場。いちばん美味しい旬の素材をレストランならではの“出来立て”で提供する<KIHACHIのパイシリーズ>の中でも、「KIHACHIのマロンパイ」はごろっと入った渋皮栗とマロンクリームのコクと風味がサクサク食感のパイと相性抜群で、苺を使用した冬限定のナポレオンパイに次いで人気のメニューとなっている。

 パティスリー キハチの各店舗(一部を除く)では、毎年この時期だけの「マロンティラミスロール」を販売。また、国産の蒸し栗をペーストにした栗の風味豊かなモンブランクリームをたっぷり絞り、渋皮栗の甘露煮を丸ごとのせた「和栗のモンブラン」も定番人気スイーツとして用意している。

キハチ カフェ 商品概要 

NEW
■商品名:マロンクリームパフェ
■価格:1,210円(税込)
■販売期間:9月1日(火)~ 11月30日(月)
■商品説明:フランス産の栗のペーストを使用した程良い甘さのマロンクリームに、コーヒーゼリー、バニラアイス、さくさくマカロンを合わせたパフェ。

マロンクリームパフェ

9月限定
■商品名:渋皮栗のショートケーキ
■価格:1カット 1,100円(税込)
■販売期間:9月1日(火)~ 9月30日(水)
■商品説明:しっとり焼き上げたスポンジに異なるマロンペーストをカスタードと生クリームそれぞれに合わせ、渋皮栗を
サンドしました。秋ならではの贅沢な味わいです。

渋皮栗のショートケーキ

10月限定
■商品名:渋皮栗とかぼちゃのタルト
■価格:990円(税込)
■販売期間:10月1日(木)~ 10月31日(土)
■商品説明:ゴロゴロの渋皮栗を入れて焼き上げたタルト生地に、甘さ控えめのクレーム・シャンティと、しっとり滑らかな
かぼちゃクリームを合わせた、秋ならではのタルト。

渋皮栗とかぼちゃのタルト

11月限定
■商品名:渋皮栗のロールケーキ
■価格:1,100円(税込)
■販売期間:11月1日(日)~ 11月30日(月)
■商品説明:栗ペーストと生クリームを合わせたマロンクリームと渋皮栗をしっとりふんわりとした生地でロールケーキに。

渋皮栗のロールケーキ

<販売店舗>
キハチ カフェ 日比谷シャンテ、キハチ カフェ アトレ浦和、キハチ カフェ ペリエ千葉、キハチ カフェ 東急百貨店たまプラーザ店、キハチ カフェ 福岡三越、キハチ カフェ 小倉駅前アイム、キハチ カフェ 福屋八丁堀本店、キハチ カフェ 名鉄百貨店本店

※店舗により取扱商品が異なります。また、販売期間は変更となる可能性がございます。
※天候・仕入れの状況により、食材やメニューが変更になる場合がございます。

キハチ 青山本店 商品概要 

数量限定!
■商品名:KIHACHIのマロンパイ
■価格:1カット 1,540円(税込)
■販売期間:9月1日(火)~ 11月15日(日)
■商品説明:ごろっと入った栗の渋皮煮とトッピングのマロンクリームのコクと風味が、サクサクのパイ生地と相性抜群の一品。
パイ生地のサクサク感を味わっていただくため、
作り置きをしない数量限定のスイーツです。

KIHACHIのマロンパイ

<販売店舗>
キハチ 青山本店 (9/29~ キハチ 名古屋JRセントラルタワーズ、キハチ 髙島屋横浜店、キハチ イタリアン 伊勢丹立川店)

※店舗により取扱商品が異なります。また、販売期間は変更となる可能性がございます。
※天候・仕入れの状況により、食材やメニューが変更になる場合がございます。
※各店舗により、販売期間・提供時間が異なります。

パティスリー キハチ 商品概要

期間限定!
■商品名:マロンティラミスロール
■価格:カット562円、約14cm 2,160円(税込)
■販売期間:9月16日(水)~ 10月31日(土)
■商品説明:栗とティラミスをあわせた秋限定のロールケーキ。
食感が楽しめる大きさに刻んだ渋皮栗とコクのあるマスカルポーネクリームを、コーヒーの香り豊かなしっとりとしたコーヒーシフォン生地で巻き上げました。栗を感じるマロンクリーム、ココアパウダーで仕上げています。

マロンティラミスロール

定番人気!
■商品名:和栗のモンブラン
■価格:616円(税込)
■販売期間:通年
■商品説明:パティスリー キハチの定番人気スイーツ。さっくりとしたアーモンドタルト台に、国産の蒸し栗をペーストにした栗の風味豊かなモンブランクリームをたっぷり絞りました。上には渋皮栗の甘露煮を丸ごとごろっとのせました。

和栗のモンブラン

<販売店舗>
パティスリー キハチ 東京ギフトパレット(2020年8月オープン)、パティスリー キハチ アトレ恵比寿、
パティスリー キハチ 西武渋谷店、パティスリー キハチ 東大島

※店舗により取扱商品が異なります。また、販売期間は変更となる可能性がございます。
※天候・仕入れの状況により、食材やメニューが変更になる場合がございます。

音楽&エンタメニュースサイト