【緊急】マクドナルドの「ポテト150円」、終わったと見せかけ実は今日までだった! ナゲット390円も変わらず継続中!! つまり…!?

皆さんお気付きだろうか? 今日から9月である。そう、驚くべきことに7月と8月が過ぎ去り、ついに9月が始まってしまったのだ。早すぎんだろ! だが安心してほしい。俺たちの夏はまだ終わっちゃいない。

マクドナルドが8月19日から「ポテト150円キャンペーン」という、コロナも泣いて消滅する神セールを期間限定で実施していたことは当然ご存じかと思う。最高だったよなぁ。でも実はあれ……今日までやってます。昨日で終わったと思った? 残念、今日までやってるんデス! デスデス!!

・終わってない

SでもMでもLでも、ポテト全サイズ150円というマックの定番激熱キャンペーンにより、フル稼働するフライヤーのような熱気に包まれていた日本列島。連日のようにポテトを貪っていたポテラーも大勢いるのではないか? しかし、8月が終わったことでキャンペーンも終了……

は、まだしていない!

よく見ろ!

本日9月1日までやってるぞーー!!

・今日までだった

なんとなく8月いっぱいで終わったっぽいイメージだが、ギリ今日までの実施なので油断は禁物だ。試合終了の1秒前まで諦めてはいけないのである。さらに7月22日から始まった「ナゲット15ピース390円キャンペーン」も変わらず開催中。しかも9月8日まで。いやどんだけやんだよ! だがこれにより、今日一日のみ可能……。

ポテトLとナゲット15ピースを合わせても……

税込540円!!!

・まだいける

これは前回の記事で当編集部の中澤が指摘したように、ナゲット15ピースの通常価格(580円)よりもまだ40円安い計算だ。そう、彼によればもはや、ポテトは存在しなかったも同然なのである。よってポテトは……

「カロリーゼロ」

「ゼロ」

諸君、朗報である。本日9月1日に限っては、ポテトがまだ全サイズ150円な上に、ナゲット15ピースと一緒に購入すればカロリーもゼロになるらしい。こんな奇跡があるだろうか? いや、ない。泣いても笑って今日がラストチャンスなので、くれぐれも見逃さないでくれ!

参照元:マクドナルド
執筆:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

クリスマスが待ち遠しくなる、ダンデライオンチョコレート「クリスマスケーキ」

今回ご紹介するのは、ダンデライオン・チョコレート・ジャパンとしては初となるオリジナルクリスマスアイテムです。全4商品をもれなく紹介します。

予約必須!クリスマスチョコレートケーキ


一見シンプルなチョコレートケーキ。実はこの形には様々なこだわりが施されています。チョコレートにはドミニカ産のカカオを使用。このカカオが持つ柑橘系の酸味を引き立たせるために、水を使用した「H2Oチョコレート」を独自開発し、フルーツを使うことなく、オレンジのような味わいを表現しています。

上にはザクザク食感が楽しいチョコレートクランチが乗せられ、艶のあるチョコレートムースで包み込みこまれた、贅沢な一品です。こだわりが詰まったチョコレートケーキをぜひご堪能ください!

カカオ豆の産地:ソルサル・コミュニタリオ,ドミニカ共和国
サイズ    :12cm
価格     :4,500円(税別)
ご予約期間  :2019年11月1日(金)~12月14日(土)まで
        *ご予約はオンラインストアのみ
お引渡し期間 :2019年12月21日(土)~12月25日(水)
        *お引渡しは、店舗のみ
         ご予約時にお受取り日及び店舗をご指定ください。
お渡し店舗  :ファクトリー&カフェ蔵前、伊勢外宮前店、鎌倉店、
        京都東山一念坂店、Bean to Bar Lounge 表参道
        *POP UP SHOPのぞく
        *数量限定

クリスマスの準備に。シュトーレン


ドイツ発祥の伝統菓子で、クリスマスの時期に食べられる「シュトーレン」。ダンデライオンならではのチョコレート仕様にアレンジを加え、クリスマスまでの準備期間をより楽しく過ごしてもらいたいという思いが詰まった一品です。

ドミニカ産のカカオをはじめ、オレンジピールやレーズン、ドライフィグ、くるみ、カカオニブが練りこまれた生地を丁寧に焼き上げています。シュトーレン独特の風味と、奥行きのある味わいは、クリスマスをより楽しみにしてくれるような、そんなお菓子になっています。

カカオ豆の産地  :ソルサル・コミュニタリオ,ドミニカ共和国
サイズ      :約17cm
価格       :3,500円(税別)
オンライン予約期間:2019年11月1日(金)~12月14日(土)まで
          *ご予約はオンラインストアのみ
          *発送開始は、2019年11月27日(水)以降
店舗販売期間   :2019年11月27日(水)~12月25日(水)
          *数量限定
販売店舗     :ファクトリー&カフェ蔵前、伊勢外宮前店、鎌倉店、
          京都東山一念坂店、Bean to Bar Lounge 表参道、
          オンラインストア

          

クリスマスが待ち遠しい!2019 Bean to Bar Chocolate アドベントカレンダー


2015年にサンフランシスコで発売開始されたアドベントカレンダーが、今回日本初登場!総勢19ものメーカーが集まり、各々の個性が詰まった日本独自のアイテムとなっています。クリスマスの準備が一層楽しくなりますね。

価格    :10,000円(税別)
販売店舗  :オンラインストア
予約期間  :2019年11月1日(金)~
お届け日  :2019年11月26日(火)~30日(土)
       *数量限定販売(100個限定)

     

どっちにする?チョコレートスプレッド&ニブミルクジャム


チョコレートスプレッドは、タンザニア産カカオから作られたチョコレートを使用したキャラメルベース。ニブミルクジャムは、ドミニカ産カカオのニブとミルクを煮詰めてできた一品。前述のシュトーレンに塗っていただくのも良いですし、そのほかトーストやフルーツ、アイスクリームなどと一緒に楽しむのも良いかもしれませんね。

[チョコレートスプレッド]
カカオ豆の産地:ココア・カミリ,タンザニア
原材料    :生クリーム、チョコレート、コンデンスミルク、きび砂糖、
        コーンシロップ
内容量    :150g

[ニブミルクジャム]
カカオ豆の産地:ソルサル・コミュニタリオ,ドミニカ共和国
原材料    :牛乳、生クリーム、きび砂糖、カカオニブ
内容量    :140g
価格     :各1,600円(税別)
販売店舗   :ファクトリー&カフェ蔵前、伊勢外宮前店、鎌倉店、
        京都東山一念坂店、Bean to Bar Lounge 表参道、
        オンラインストア

・ファクトリー&カフェ蔵前

・伊勢外宮前店

・鎌倉店

・京都東山一念坂店

・Bean to Bar Lounge 表参道

ダンデライオン・チョコレート・ジャパン
URL   : https://dandelionchocolate.jp/

@Press

~人生に旅心を~

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

食品通販・EC市場は2020年度に4兆円突破の予測、2019年度は3.8兆円

矢野経済研究所が実施した国内食品通販市場調査によると、2019年度の国内食品通販市場規模は、小売金額ベースで前年度比3.2%増の3兆8086億円と見込んだ。

2020年度は4兆円を超える見通し。食品通販市場は、飲料水や米、酒類、健康食品など常備性・習慣性が高い、あるいは商品重量があるカテゴリーにおいて、潜在的ニーズが高い傾向にある。

矢野経済研究所が実施した国内食品通販市場調査によると、2019年度の国内食品通販市場規模は、小売金額ベースで前年度比3.2%増の3兆8086億円
国内食品通販市場規模の推移と予測

2019年度は、冷夏の影響で飲料水の需要が前年より落ち込んだこと、消費税増税に伴う支出抑制など、食品通販市場にとって厳しい市場環境だったとした。一方、自然災害の多発による備蓄意識が高まり、飲料水や保存性の高い食品の需要が増加、通販でまとめ買いするニーズが顕在化したものの、2019年度の食品通販市場は前年度並みの伸長率を見込んだ。

2019年度における食品通販市場のチャネル別比率は「ショッピングサイト」が39.4%、「生協」が38.4%、「自然波食品宅配」が2.2%、「ネットスーパー」が3.8%、「食品メーカーダイレクト販売(直販)」が16.1%。

矢野経済研究所が実施した国内食品通販市場調査によると、2019年度の国内食品通販市場規模は、小売金額ベースで前年度比3.2%増の3兆8086億円【チャネル別】
2019年度食品通販市場規模のチャネル別内訳

2020年度通販市場の見通し

2020年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、食品通販市場は拡大する見通し。日常使いの食料品に対する需要増加のほか、お取り寄せグルメ・スイーツに対する需要も拡大。通販で食品を取り寄せて、自宅で普段より高級な食事を楽しむという需要も増えた。

例年5月はゴールデンウィークで在宅率が低下するため、食品通販の需要は減退するが、2020年は緊急事態宣言下で在宅率が高かったことも、食品通販の需要を押し上げたとみられる。

6月以降、緊急事態宣言の解除に伴って食品特需は緩和したものの、食品通販に対する需要は引き続き高いと推測。コロナ禍をきっかけに、食品通販サービスを使用した人が、利便性、商品・サービスの品質の高さを実感して、一部定着する可能性もある。

なお、ECサイトやネットスーパー、食品メーカーダイレクト販売(直販)のように、スポットでの購入利用が中心の業態(チャネル)について、緊急事態宣言下の需要急増は一時的な影響にとどまると予測している。

調査概要

  • 調査期間:2020年4~7月
  • 調査対象:通信販売事業者、食品関連企業、生協、食品小売事業者、食品卸など
  • 調査方法: 専門研究員によるアンケート調査、電話取材、文献調査併用
石居 岳