【衝撃】名物だという巨大ソフトクリームを注文 →「ここでは箸で食べるのが常識」と言われた話 / 岩手県花巻市『マルカンビル大食堂』

先日、生まれて初めて岩手県を訪れた私(あひるねこ)。「ひょっこりひょうたん島」のモデルとなった無人島をはじめ、いろいろな場所を回ったのだが、途中でソフトクリームが有名だという店にも立ち寄った。今回はその時の話をしたい。

いわゆる “デパートの最上階にあるレストラン” のようなノスタルジックな雰囲気の「マルカンビル大食堂」。そこでは多くの客がソフトクリームを頼むそうだ。私も注文してみたところ……わお! めっちゃデカイ!! これはスプーンが欲しくなるな。しかし、周囲を見渡して驚いた。え? 箸で食べるの……?

・花巻市の有名スポット

岩手県花巻市にある「マルカン百貨店」は、2016年6月に一度閉店している。ところがその後、高校生による署名活動をきっかけに6階の大食堂が復活。現在は8階まである建物のうち、1階と6階だけが営業を続けている状態だ。

一緒に訪れた岩手出身の知人によると、「マルカン百貨店」は岩手県民なら誰でも知っているデパートらしく、特に「マルカンビル大食堂」は花巻市外からも人がやって来る有名スポットなんだとか。

・超レトロな店内

古めかしい建物の中に入ってみると……おお、話には聞いてたけど、マジで1階と6階しかやってないのか。2階から5階までは「閉館中」って書いてあるし、7階は倉庫になってるみたいだぞ。すごい、こんなデパート初めて見た。

ていうか、ホントに客なんているのか? やや不安に思いつつエレベーターに乗った私だったが、6階に上がってビックリ。子供からお年寄りまでものすごい大盛況! そして、あらヤダめっちゃレトロ……!!

ステンドグラス風の照明が、なんとも言えないノスタルジックな雰囲気を醸し出していて最高だ。辺り一面、昭和感がハンパではない。パフェやハンバーグはもちろん、なぜか握り寿司まであるという謎に豊富なラインナップもまた良きかな。

・安いのにデカ盛り

入口横のレジでソフトクリーム(税込180円)を注文。店員さんに食券を渡すと、席まで料理を持ってきてくれるシステムだ。食堂とレストランの中間みたいなこの雰囲気、嫌いじゃない。というか好き。お、いよいよ私のソフトが……って、

デカッ!

そして長ッ! 思わずスマホを取り出して高さを比べてみたところ、iPhoneの軽く1.5倍はあった。これで180円とか安すぎィィィィイイイ!

・まさかの〇〇

このままガブっと食らいついてもいいんだけど、こんなに大きいとスプーンが欲しくなりますな。ところが次の瞬間、知人の口から予想外の言葉が飛び出す。

「いや、ここでは箸で食べるのが常識だから」

は? 箸……だと……? え? ソフトクリームを箸で食うの? ハハハ、何だよその岩手ジョークは。しかし周りの席を見てみると、ガビーン。ホントにみんな箸で食べてますやん! テーブルに割り箸があるので、こうなったら私も試してみるか。

で、この箸立てがまた……。

素晴らしい。

実に味がある。ちょっと欲しくなったぞ。良きかな良きかな、だ。それではさっそくソフトクリームを箸で食べてみよう。

ほうほう……。

普通に食べやすいけど、違和感がヤバイ。周りを観察していると、みんなソフトクリームを上からではなく、下の方から箸でスーッとすくって食べているようだった。こんな風に食べるの生まれて初めてだよ。不思議な文化だなぁ。

・愛されるのも納得

近くにいたハタチくらいの女の子もそうやって食べていたので、親や兄弟から脈々と受け継がれている食べ方なんだろう。この界隈の人は小さい頃からここに通っていたのかな。食堂の穏やかな雰囲気と相まって、ほっこりした気分になってしまった。

フードコートともレストランとも少し違う。もちろんオシャレでもない。しかし、なんだかワクワクしてしまう雰囲気に包まれていた「マルカンビル大食堂」。復活を願う声が多く集まったのも頷ける場所だった。岩手に行ったらまた寄ってみたい。

・今回ご紹介した飲食店の詳細データ

店名 マルカンビル大食堂
住所 岩手県花巻市上町6-2 マルカン百貨店 6F
時間 11:00〜18:30
休日 水曜

Report:あひるねこ
Photo:RocketNews24.

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

あなたの閲覧履歴から
AIがオススメ記事を紹介します

【冷凍食品検証】レンチンだけで1人鍋できる「豚チゲ鍋(300円)」がいいゾ〜、これ!

2018年の立冬は11月7日。暦の上で冬を迎えたわけだが、今年は暖冬と言われていて全国的に季節が逆戻りしているかのような暖かさだ。とはいえ、冬の足音は確実に一歩ずつ近づいてきている。

冬、それすなわち鍋の季節。気がついたら年越しているんだろうなぁと思っていたところ、スーパーで良さげな「豚チゲ鍋」を発見した。名前を聞いただけならどこにでもありそうだが、1人鍋ができる上にレンチンだけで調理完了ときたもんだ。これは買って試してみるしかない!

・レンチンするだけで完成

購入したのは、オーマイの「いまどきごはん ひとり鍋 豚チゲ鍋」なる商品。スーパーだと300円ジャストで買うことができた。開封すると、カチコチに凍った中身を覆うようにラップがかけられていた。

これをレンチンしてラップを外せば出来上がりらしく、水を足す必要もない。さっそくチンして取り出したら、いい感じに湯気が立ち上っていて辛そうな色合いも食欲を刺激する。この時点でだいぶ合格ラインに近づいている。あとは味が気になるところだが、なんと……!

嬉しいことにうどんもインしている

量の方も期待できる!!

・辛すぎずちょうどいい

んで、味の方だが、個人的には辛いものが得意じゃないので辛すぎないところがよかった。おそらく、誰でも美味しく食べられるように計算されているのだろう。じんわり汗をかいていき、食べ終わる頃にはわりとダラダラの辛さと言えば伝わるだろうか。

決して身悶えするほどウマいわけではないが、300円という値段を考えたら満足の味でいいゾ〜これ。野菜多めで うどん も入っているので、330グラムのわりには量が足りないとも感じなかった。どうしても足りない人は、白米を残り汁にドボンするのもいいだろう。

そして意外と嬉しかったのが、容器をそのままポイできるので片付けが楽だったこと。これならまったく料理をしない人でも食べやすい。ちなみにうちの食卓では再登板確実。楽で安いし、そこそこウマい。これはリピありだ。

参考リンク:日本製粉株式会社「豚チゲ鍋」
Report:冷凍食品研究家・レンチン原田
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「冷凍食品検証」

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。

他にはこんな記事もあります。
あわせて読んでみてください。

日本人の舌に合う料理とはこのこと! 高級中華料理店の監修した「五目あんかけ焼きそば」が冷凍食品と思えないくらいウマくて昇天した

参った! 心の底から参った! 監修と名のつく冷凍食品は外さないとは思っていたが、家でここまでレベルの高い料理が食べられるとは……。

監修となればお店の看板もかかっているから中途半端ものは出せないし、妥協もしていないのも当然。それでもこれはスゴい! 高級中華店「広東名菜 赤坂璃宮」が監修したマルハニチロの「五目あんかけ焼きそば」はマジでウマかった。そりゃ発売から20周年を迎えるくらい支持を得られる訳だ。

・オーナーシェフが監修

ウマかったのをダラダラとウマいと説明するのもなんだから、ザックリ書いていきたい。もうね、パッケージからウマそうな気配はしていた。それもそのはず、監修しているのは……

オーナーシェフの譚彦彬(たん ひこあき)さん……!!

知る人ぞ知るシェフでプロ中のプロである。もし同店の料理を現地で食べようものなら結構なお値段がするものだが、冷凍食品だと279円(スーパーで購入)で食べられるからヤバい&スゴい。

・日本人の好みにドンピシャ

で、味の方を少し掘り下げよう。個人的な話で恐縮だが、私は中国に留学していたことがある。その際、日本に帰国して食べた中華料理を思い出した。どういうことかというと、現地と日本の中華は異なる。つまり、日本の中華料理店は日本人の好みに合わせた料理を作っているのだ。

そして今回の「五目あんかけ焼きそば」だが、優しい味はまさにそれ。「日本人に合う料理」を意識していることを舌が感じ取って感動した。中国で食べる中華料理もウマいはウマいが、外す時は大きく外す。そのことを理解していないと出せない味がした。ましてやそれを冷凍食品で可能にしているなんてアッパレ! また、当然ながら作り方も超簡単!!

袋から取り出してレンチンしたら……

ほい、できた!

とろみのある “あん” といい、コシのある麺、具材もタップリ入っているから非の打ちどころがない。間違いなくこれはウマい。一口食べたら思わず上を向いて昇天してしまったほどだ。いやぁ、参った参った……。

・麺を焼いたらもっとウマいらしい

唯一、食後にやってしまったと思ったのが、フライパンを使わずに食べたこと。パッケージには「レンジで加熱した麺をフライパンで焼くとさらにおいしく」と書いてあったのだ。レンチンだけでここまでウマいならやるべきだった。人気商品だけに食べたことある人も多いだろうが、未体験の人は一度味わってみることをオススメする。

参照元:マルハニチロ赤坂離宮
Report:冷凍食品研究家・レンチン原田
Photo:RocketNews24.
★こちらもどうぞ → シリーズ「冷凍食品検証」

ロケットニュース24は、あまり新しくないニュースを早く伝えたいという気持ちだけは負けていないサイトです。海外のニュースや、変なニュース、おもしろいニュースやネットでの出来事などを、8割くらいの力でお届けします。